検索 - みる会図書館

全データから 222件ヒットしました。

Ultimate Agile Stories Iteration3


UItimate Agile Stories Iteration3 刊 行 に あ た っ て 今 年 も Ultimate AgiIe Stones の 第 3 弾 と な る lteration3 を 無 事 に リ 彳 = ー る こ と が で き ま し た Iteration2 は 、 夏 コ ミ 、 XP 祭 り 、 Agile Tour Osak 012 な ど の ア ジ ャ イ ル 関 連 の イ ベ ン ト や 、 Devlove 関 西 、 JaSST ' 13 Tokyo で 預 布 さ せ て い た だ き ま し た 頒 布 に ご 協 力 し 、 た だ し 、 た 皆 様 に お 礼 を 申 し 上 げ ま す 。 今 回 の Iteration3 も 過 去 2 冊 を 上 回 る 42 人 ( 糸 用 の 執 筆 者 の 方 々 に ご 寄 稿 い た だ き 、 よ り 一 層 、 多 彩 か っ 濃 い 内 容 に な り ま し た ま た 、 今 回 は 初 め て 海 外 か ら James 0 Coplien さ ん に 4 芻 リ に 書 き 下 ろ し の 記 事 を 寄 稿 し て い た だ き ま し た 。 Coplien さ ん の 記 事 は 、 ア ジ ャ イ ル 、 パ タ ン の 源 流 と 日 本 そ し て 日 本 の エ ン ジ ニ ア と の 関 係 に つ い て 書 カ れ て お り 、 非 常 に 深 し 、 内 容 に な っ て い ま す 。 今 回 の ア ジ ャ イ ル 放 談 で 、 ア ジ ャ イ ル は 「 や る こ と ( Do ) 」 で も 「 あ る こ と (Be) 」 で も な く 、 「 な る こ と ( Become ) 」 で あ る と い う 話 が あ り ま し た 。 こ の 本 に 寄 迂 ら れ た 記 事 の 中 に は 、 執 筆 者 そ ネ ぞ れ , が 、 「 ア ジ ャ イ ル に な る 」 た め に 、 何 を 考 え 、 何 を し て き た か 、 そ し て 何 を し よ う と し て い る か が 表 現 さ れ て い ま す 。 こ の 本 が 、 手 に 取 っ て く だ さ っ た 皆 様 の 「 ア ジ ャ イ ル に な る 」 キ ッ カ ケ に な る こ と を 願 っ て い ま す 。 2013 年 8 月 1 1 日 UItimate AgiiIe Stories 編 集 部 細 谷 泰 夫 3

Ultimate Agile Stories Iteration3


213 「 ア ジ ャ イ ル 、 始 め ま し た 」 の こ ぼ れ 話 山 中 美 智 子 、 IT コ ー デ ィ ネ ー タ 、 XPJUG 関 西 213 る 状 況 に あ り ま せ ん で し た か ら 、 「 」 と 聞 い た だ け で 拒 否 反 応 を 示 さ れ る こ と が 多 と も か く 、 当 時 は ま だ ま だ 日 本 で ー ロ ら な い 人 の 方 が 圧 倒 的 に 多 く 、 広 く 理 解 さ れ メ ー ル を 未 読 の ま ま 放 っ た ら か し て い る こ と も 多 か っ た の で 、 ど う カ 弓 ) か り ま せ ん が る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 取 ホ し て い た か ら で は な い で し よ う か 。 マ ネ ー ジ ャ は 私 か ら の れ た 、 と も 言 え ま す 。 逆 に 安 心 し て イ 毛 て も ら え て い た の は 、 の 価 値 の ひ と つ で あ で も 逆 に 言 う と ラ ッ キ ー で し た れ 任 迂 っ き り に さ れ て い る の で 好 き な よ う に を や く て は 成 り 立 た ず 。 ロ ジ ェ ク ト に カ 功 ゝ り つ き り で 帚 っ て こ な い ・ ・ ・ ・ ・ ・ 実 質 私 が リ ー ダ ー で 引 っ 張 っ て い か な 入 社 4 , 5 年 目 で プ ロ ジ ェ ク ト の サ プ リ ー ダ ー 凵 刻 雀 さ れ 、 し か も マ ネ ー ジ ャ は 他 の プ 現 在 同 僚 で は あ り ま せ ん の で 、 遠 慮 な く そ の ま ま を 書 か 迂 て い た だ き ま し た ( 笑 ) と っ て か な り 印 象 深 し 、 プ ロ ジ ェ ク ト だ っ た の で し よ う 。 そ れ に 、 和 ↓ 人 外 の 登 場 人 物 は 話 部 分 は ほ ぼ 一 言 一 旬 そ の ま ま の 言 葉 を 再 現 す る こ と が で き ま し た そ れ ほ ど 、 私 に ン ば か り で 、 当 時 交 わ さ れ た 言 葉 、 そ の 時 の 情 景 が 筆 が 進 む に つ れ ど ん ど ん 蘇 り 、 実 UASI の 原 稿 を 書 い た 時 点 で 7 年 ほ ど イ 咼 し て い た の で す が 、 か な り 記 憶 し て い る シ ー 会 で 事 例 発 表 し た こ と も あ り ま す 。 春 ま で の 出 来 事 を 綴 っ た お 話 で 、 日 本 ュ ー ザ グ ル ー フ 潤 西 ()V 0 関 酌 の 某 う 冴 斗 名 で す が 、 ほ ほ 伺 じ よ う な キ ャ ラ ク タ ー の 方 々 で し た 。 2004 年 の 初 め か ら 2005 年 の 話 で す 。 つ ま り 、 主 人 公 し り 伊 カ 禛 沙 ) 子 は 私 で 、 登 場 人 物 も 当 日 ) 同 僚 弋 纐 客 な ど は 仮 糸 喆 侖 か ら 先 に 言 っ て し ま い ま す と 、 UASI の 「 ア ジ ャ イ ル 、 始 め ま し た 」 は 90 % ほ ど 実 ~ ( っ と 、 司 云 も . ん ・ つ つ 俣 ) ) し 、 な い 方 は 、 電 - 子 書 籍 版 が 出 る そ テ 0 す - の で そ ち ら も 合 わ て 読 ん で み て く だ さ い ね ま し た の で 、 今 回 は 裏 話 や 周 辺 の お 話 を 書 こ う と 思 い ま す 。 UASI ・ 2 を ま だ 読 ま れ て UASI ・ 2 を 読 ま れ た 方 か ら 「 あ れ は 実 話 で づ ー か ? 」 と 反 響 を い た だ く こ と が 多 々 あ り ル を プ ロ ジ ェ ク ト に 適 用 し て み よ う と 試 み た 女 性 SE と 仲 間 た ち の お 話 で す - 。 ジ ャ イ ル 、 続 け ま し た 」 を 書 て い た だ き ま し シ ナ リ オ 風 の 形 式 の 、 ア ジ ャ イ Ultimate Agile Stories 似 下 、 UAS) 1 と 2 で 、 「 ア ジ ャ イ ル 、 始 め ま し た 」 及 び 「 ア

Ultimate Agile Stories Iteration3


236 0 0 (J 一 さ Agile 〇 ) S 叶 0 ュ e い 0 236

Ultimate Agile Stories Iteration3


37 the pattem discipline had bst its way, degrading intO overly technical concems while missing the grander notions Of systems thinking and beauty. This talk would foresee a profound analysis by a great Japanese speaker in a comicalsefting eleven monthslater. The talk concluded with a facet of pattems which sets them apart from the foundations 0f TOYO ね or agile: that 0f geometry. This is an aspect 0f pattems; SO Of agile ー in the broader, sense, Of existence - ー 物 a 目 currently understand on レ viscerally.l cou 旧 on ech0 Alexandeds mysterious groanings on this topic and relate a 毓 0f whatl know about the formal edges 0f this phenomenon from my Doctoral thesis. At this timel still believed that pattems cou に succeed and,if they did, Japan would be the fount oftheir success. Pattems had emerged 作 om the roots 0f Japanese culture and had even been nurtured there in some degree in AIexandets Eishen Gakuen project. However, some Of the roots Of agile's demise had already been planted. As eventually happened in Europe, the concepts had found inroads intO academia and started tO take on more academic than human tone.l had used my glimpses ofthese problems tO try tO rally the Japanese audience tO again take up pattems ifout Of, for no Other reason, the pride 0f living in the culture where they were bom. Maybe t00 many Japanese had moved far enough Westward from that culture t0 no longer be able t0 see the pattem-ness oftheir culturallandscape. lnonetheless sought every oppo n ー could t0 leam more about AIexandeds deep pattem visions and about their Japanese roots.l had long heard stories that one 0f Alexandeds colleagues, working in the Center for EnvironmentaI Stmcture, was from Japan and had started t0 engage the pattem community there. That would provide a double benefit ofclose association b0 物 with Alexandefs ideals and their Japanese roots!lndeed his name Hiroshi Nakano-san, andl had the pleasure 0f meeting him for the first time at the Alexander Fest.lt was in fact partly his fault 物 a 目 had been invited, based on his discovery 0f my early talks in Japan about paftems and Alexandeds WO 水 . He a man whO is more alive than almost everyone ー know, with a loudlaugh and a keen eye for what is happy and good. Yet he 37

Ultimate Agile Stories Iteration3


ー 42 over drinks at a bar. He eamed my respect immediately and he still stands as an に on tO me in the constellation Of Scrum fOIk in Japan. AgiIe: The Product Side This trip to Japan in December 2010 was one ofthe fullest ofthem all! My family came with me. My son Janos, whO was a fussy eater as a child ー he would basically eat on レ pasta and apples ー fellin love with sushi at twelve years 0 け He can devour sushi faster than anyonel know! A video game fanatic, he a 0 bved spending time at Akihabara —just as much as my son Christopher had eleven years prior. One of my greatest life memories ofJapan is a talk that Shintaro Kakutani gave at the Pattem Days conference. Many people approached me before his talk and wamed me thatit was important 物 a 目 attended. Other than my own presentation,l think was the on ね tO given in English at the event. The ね was entitled Pattem Rider Decade, and was one of the most visually and ona 収 entertaining ね 引 had ever attended. The whole talk was kind Of a jOke ー about me. Kakutani-san lamented thatl had destroyed all that he had held sacred, and he likened the corpses of a body-strewn battlefield to the wayl hadleft his impressions ofAOP, Scrum, state machines, the Law Of Demeter, TDD, User Stories, Java, XP, Agile, Design Pattems, and Software Engineering. "Destroy 'em all, connect'em all." One soldier 0f Kakutani-san's army abne survived my onslaught: Ruby. But the more serious message of his talk is that we were leaving the "Pattem Rider Decade" and entering a newdecade of design, heralded by my talks on the DClparadigm. He suggested that his talk marked the first day of a new decade. And indeed his forecast was prescient.l would talk about the DCI architecture there in Japan on that trip. DClis a way to think about programming with a truly agile mindset ー ー one that takes interactions between end users and programs as its foundation ofdesign, ratherthan methodologies and tools. ltis an approach focused more on people and their mental models than on technobgy. 仕 can help us truly understand hOW ou 「 software works with the hO Of delivering bettervalue tO our end users. 42

Ultimate Agile Stories Iteration3


174 ぼ く が た い け ん し た さ い こ う の xp The ultimate XP pr0Ject I met あ ま の り よ —(@beakmark) は じ め に 本 稿 で は 、 ア ジ ャ イ ル 開 発 の 要 素 を 取 り ノ は し て 行 っ た ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 プ ロ ジ ェ ク ト で 、 私 が い ち ば ん 成 功 し た 、 と 感 じ て い る プ ロ ジ ェ ク ト に つ い て 書 い て み よ う と 思 い ま す 。 実 は 、 こ の プ ロ ジ ェ ク ト に つ い て は 、 xp 祭 り 2006 に て 「 S プ ロ ジ ェ ク ト の XP 開 発 記 黎 明 編 ~ 」 と し て 紹 介 し た こ と が あ り ま す [ ☆ 1 ] 。 演 題 に 黎 明 編 と あ る 通 り 、 こ の 発 表 で は そ の 立 ち 上 げ 時 期 (iteration3 く ら い ま で ) の 、 ま さ に こ れ か ら 軏 首 に 乗 っ て 行 く は ず の と こ ろ ま で の 紹 介 で し た か ら 、 そ の 後 こ の プ ロ ジ ェ ク ト が ど う い う 風 に な っ て い っ た の か 、 が ポ イ ン ト で す 。 プ ロ ジ ェ ク ト の 概 要 最 初 に プ ロ ジ ェ ク ト の 背 景 な ど を 説 明 し ま す 。 こ の s プ ロ ジ ェ ク ト 、 動 画 編 集 ェ ン ジ ン 機 能 を 持 っ と あ る ミ ド ル ウ ェ ア の 開 発 を す る も の で し た 。 そ し て s プ ロ ジ ェ ク ト は 既 存 の R プ ロ ジ ェ ク ト の 作 成 す る ミ ド ル ウ ェ ア の 置 き 換 え を 目 指 す プ ロ ジ ェ ク ト と し て 始 ま り ま し た 。 R プ ロ ジ ェ ク ト は 当 日 劼 、 ら す で に 歴 史 の 長 し 、 ミ ド ル ウ ェ ア で 、 そ の よ う な ソ フ ト ウ ェ ア が 抱 え や す い 問 題 、 す な わ ち 度 重 な る バ ー ジ ョ ン ア ッ フ 。 / 機 能 追 加 に よ り 、 設 計 が 必 要 以 上 に 複 雑 イ 匕 し メ ン テ ナ ン ス 性 が 非 常 に 悪 く な っ て い る と い う 課 題 を 抱 え て い ま し た 。 そ こ で モ ダ ン な 設 計 で ス ク ラ ッ チ か ら 作 り 直 し 、 置 き 換 え が 目 さ れ た の で す 。 xp 祭 り で の 発 表 に も あ る 通 り ( 「 誰 と 」 重 要 ! ) 、 R プ ロ ジ ェ ク ト 経 験 者 複 数 名 を 含 む メ ン バ ー 構 成 は 今 で も 最 強 の 布 陣 だ っ た と 思 っ て い ま す 。 こ の 時 の メ ン バ ー と ペ ア プ ロ で き た こ と は 私 の 矜 持 の 一 つ で す 。 174

Ultimate Agile Stories Iteration3


Continuous lntegration Extreme Programming Refactoring 洫 23 Test Driven Development Retro— ー spective Daily Meeting ProJect Facilitation Scrum UItimate AgiIe Stories 編 集 部 1

Ultimate Agile Stories Iteration3


ア ジ ャ イ ル 開 発 で シ ス テ ム テ ス ト を 自 動 { ー る と き に 重 要 な こ と チ ー ム ビ ル デ ィ ン グ 朝 虱 、 ア ジ ャ イ ル 開 発 チ ー ム へ / 関 冫 要 *J フ ィ ー ド バ ッ ク タ イ プ が ア ジ ャ イ ル 開 発 の ス ケ ー ラ ビ リ テ ィ に 与 え る 槲 / 森 修 司 . 一 人 で は じ め る ア ジ ャ イ ル 開 発 / 瀬 宮 新 .. ア ジ ャ イ ル 開 発 に お け る ア ー キ テ ク チ ャ の 性 / 厚 . ぼ く が た い け ん し た さ い こ う の )(P. / ' あ ま の り よ ー ア ジ ャ イ ル ラ ジ オ 誕 生 秘 話 / 土 屋 ひ で み つ . テ ス ト 自 ア ジ ャ イ ル テ ス ト で あ る と い う 幺 を 薙 き 払 う / き ょ ん .. ア ジ ャ イ ル に 眠 し 続 け る た め の 3 つ の カ / 松 浦 洋 介 . ア ジ ャ イ ル に お け る 要 求 の 見 方 ~ 昻 で も 開 発 で も な く 創 発 へ / 勹 月 生 田 栄 一 . ち ょ っ と 大 人 の 「 ふ り か え り 」 ~ 他 音 曙 の 反 省 会 を フ ァ シ リ テ ー ト す る / 僴 島 幸 男 .. ス ク ラ ム と 品 質 の 関 係 / 細 谷 泰 夫 .. マ ネ ジ メ ン ト の 爿 華 : 数 判 ) マ ネ ジ メ ン ト か ら の オ フ シ ョ ア で の ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 の 一 / 長 瀬 嘉 秀 . マ イ ク ロ ソ フ ト の エ バ ン ジ ェ リ ス ト が や っ て き た “ ア ジ ャ イ ル ” / 長 沢 台 . あ と が き .. Uttimate Agile "Caf' Stories/ ( あ ) プ ロ グ ラ ミ ン グ と し て の ア ジ ャ イ ル 開 発 / / 」 琳 修 .. ア ジ ャ イ ル と QA/[email protected] . 発 注 者 よ 、 ア ジ ャ イ ル で き て い ま す か / 新 呆 康 夫 .. 「 ア ジ ャ イ ル 、 始 め ま し た 」 の コ / 山 中 美 智 子 . 154 157 . 163 . 167 171 174 177 . 181 . 185 188 192 195 198 . 2 開 5 . 237 . 236 . 225 . 220 . 216 . 213 . 28

OpenSource For You August. 2017 Volume.05


Open Source and You (Success Stories) Database Day Open Source in IoT Application DeveIopment Day (talks on hybrid app development fo 「 the enterprise use) Container Day Cloud and Big Data Cyber Security Day FREEZE YOUR CALENDER NOW!

Ultimate Agile Stories Iteration3


目 次 U1tinnteAgileStories lteration 3 干 テ に あ た っ て . ア ジ ャ イ . ル / Ü1ti te AgiIe stories 部 lnto the Watercourse Way: agile story. /James 0 coplien. リ フ ァ ク タ リ ン グ や め ま せ ん か と 言 わ ネ し て / 淋 淳 司 . ふ り か え り を マ ン ネ リ 化 さ せ な い た め の 工 夫 / 田 口 昌 宏 .. 冫 師 完 の 牲 に 教 え て も ら っ た イ ン デ イ ケ ー タ ー と い う 考 え 方 .. ・ / 水 越 明 . Windows PowerShe11 で AI 加 with L / 太 田 健 一 郎 . か ら 具 象 , 、 道 / / 不 暗 右 桂 . 「 ア ジ ャ イ ル 開 発 」 と 捕 」 / 国 広 洋 一 .. 押 し カ ナ ア ジ ャ イ ル 硎 第 己 / 西 丈 . ア ジ ャ イ ル 開 発 習 得 ワ ー ク シ ョ ッ プ び メ 頃 「 旬 と / / 鷲 奇 弘 宜 、 駄 . ュ ー ザ ー ス ト ー リ ー マ ッ ピ ン グ に よ る 芋 マ ネ ジ メ ン ト / 市 谷 聡 啓 .. ェ ク ス ト リ ー ム プ ロ グ ラ ミ ン グ の 原 則 を 忍 す る ( 1 ) / 勝 .. TDD の お ぼ え か た / 安 井 カ .. ア ジ ャ イ ル で の シ ス テ ム テ ス ト は テ ス ト 物 あ り き / 井 芹 亨 物 . を 引 き 出 す 言 葉 づ カ 斗 、 (DSL) を 考 え る ~ ア ジ ャ イ ル っ て 単 語 ー 3 い と い て / 川 口 申 . チ ケ ッ ト に お け る の 考 え 方 / 小 川 明 彦 .. 関 西 人 ス ク ラ ム マ ス タ ー が と あ る チ ー ム と 過 ご し た 日 々 / 軒 寸 洋 . 強 い チ ー ム を 作 る た め に 気 を つ け た い こ と が ら 。 び き 。 / よ し う み .. rum び 纖 尊 入 パ タ ー ン / 柴 山 冫 物 だ か ら リ ー ン ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 は 難 し い / 藤 京 大 .. ア ジ ャ イ ル な チ ー ム の つ く り か た / / 舮 倍 智 紀 . ア ジ ャ イ ル の 夢 を す る 一 チ ケ ッ ト 」 開 発 で 考 慮 す べ き 点 知 の フ リ マ の つ く り か た / 野 口 隆 史 . っ 0 t-— ワ ワ 0 c.D 0 ー 行 ー 8 . 94 . 97 . 102 . 18 . 115 . 119 . 123 . 130 . 1 . 137 . 143 . 147 . 152 4