検索 - みる会図書館

全データから 2286件見つかりました。
1. UNIX MAGAZINE 2002年11月号

旧 v4 / 旧 v6 デュアルスタック 図 1 ls コマンドの実行 ls ー 1 / admin : tota1 drwxr— drwxr— 2002 bin lrwxr— lrwxr— drwxr— 2002 dev drwxr— drwxr— drwxr 1536 Sep drwxr— 2002 mcO drwxr— 2002 mcl drwxr— drwxr— drwxr— lrwxr— 512 Sep 55 x x x x x x -x x —x x drwxr ー xr—x drwxr—xr—x drwxrwxrwt drwxrwxrwx 2 2 1 1 3 1 1 5 9 9 2 1 6 2 1 2 2 2 8 8 root root て 00t root て 00t root root root root て 00t root root root root root て 00t wheel wheel wheel wheel wheel wheel wheel wheel whe e 1 whe e 1 wheel whe e 1 wheel wheel wheel wheel wheel wheel whe e1 wheel 16384 jan 16384 512 Mar 21 512 Mar 21 19 Sep 17 Sep 9728 Mar 21 Jan 512 Mar 21 512 Mar 21 512 Mar 21 4 Sep 512 Mar 21 1024 Mar 21 4 Sep 512 Mar 21 0 Jan 512 Mar 21 512 Mar 21 9 9 1 1 9 9 1 2002 19 : 02 19 : 02 9 20 : 06 2002 19 : 02 2002 2002 19 : 02 2002 1970 9 20 : 06 2002 2002 bsd ー > /primaryMC/bsd. 0200 config ー > /primaryMC/config 1980 dumpO 1980 dumpl et c mnt primaryMC ー > /mcO て 00t Sbin secondaryMC ー > /mcl shlib st andby tmp usr var 図 2 /var/log/message への出力 Sep 9 19 : 02 : 56 kernel: Sep 9 19 : 02 : 56 kernel: 383f9ff Kerne1 06040S6B # 22 : Thu Mar 7 10 : 28 : 27 JST 2002 type 0 , features Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep S ep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep Sep S ep 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 9 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 9 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 19 : 02 : 56 cpu = Ce1eron with MMX (about 566 MHz) model 8 , stepping 10 , delay multiplier 5000 real mem = 268435456 ( 256 .00 MB) 167174144 ( 159 .43 MB) kmemsize = kernel : maxdsiz = 268435456 ( 256.00 MB) kernel : maxssiz = 268435456 ( 256.00 MB) avail mem = 250650624 ( 239 . 04 MB) 26664960 ( 25 .43 MB) buffer cache isaO ( て 00t ) pciO at て 00t : configuration mechanism 1 keyboardpcconsO at isaO iobase 0X60 irq 1 : mo Ⅱ 0 , 1 screen pcicO at pciO iobase 0X3e0 irq 10 : TI PC1122X pcicwr : PCIC—PWRCTL sock=O , data=O pcicwr : PCIC—PWRCTL sock=l , data=O comO at isa0 iobase 0X3f8 irq 4 : buffered ( 16550AF ) coml at isaO iobase 0X2f8 irq 3 : buffered ( 16550AF ) com2 at pcmciaO : PCCARD serial port com3 at pcmciaO : PCCARD serial port wdcl at pcmciaO : PCCARD IDE disk controller wdc2 at pcmciaO : PCCARD IDE disk controller npxO at isaO iobase OxfO : math coprocessor saO at pcmciaO csw_probe cswO at pciO irq llcsw driver attach start kernel : kernel : kerne 1 : ke rne 1 : kerne 1 : kerne 1 : kernel : kernel : kernel : kernel : kernel : kernel : kernel : kernel : kernel : kerne 1 : kernel : kernel : kernel : kernel : kernel : kernel : イプの入力方式です。必喫な設定は、すべてコマンドライ UNIX MAGAZINE 2002.11 からのコマンドライン入力で設定する必喫があります。 せん。これを利用するには、コンソール ( シリアルポート ) ウサからの設は、工場出 : 伽の状態では許可されていま ネットワーク経由でのコマンドライン入力と Web プラ ンからの入力でおこなえます。 コンソーノレ 67 Term Pro などの VT100 互換のターミナル・エミュレー っているので、普通のクロスケープルで接続すれば、 Tera ノンパリティ、ストップビット 1 という一 - ・麺勺な設定にな ( オス ) のコネクタが 1 っ付いています。 9 , 600bps 、 8bit 、 コンソールの筐体前面には、 D-Sub 9 ピンの RS232C

2. UNIX MAGAZINE 1996年2月号

図 11 カーネルのコンパイル umpc# cd /sys/compi1e/MONKEY umpc# make depend cc —c ー 0 ¯W ¯Wreturn—type —Wcomment ¯Wredundant—decIs —Wimp1icit—nostdinc —I . —l/usr/include -DGENERIC —D1586—CPU -D1486-CPU —D1386-CPU -DSYSVMSG —DSYSVSEM —DSYSVSHM -DUCONSOLE —DBOUNCE_BUFFERS -DSCSI_DELAY=15 —DCOMPAT_43 -DPROCFS ー DCD9660 -DMSDOSFS —DNFS -DFFS -DINET -DMAT H_EMULATE —DKERNEL ー Di386 -DLOAD_ADDRESS=OxF0100000 -DTIMEZONE=O —DDST=O -DMAXUSERS=IO —UKERNEL / .. /i386/i386/genassym ・ c MKDEP_CPP=cpp ; export MKDEP_CPP ; mkdep —a —DLOCORE —nostdinc —I . -I .. / .. /sys -l/usr/inc lude —DGENERIC -D1586—CPU -D1486-CPU —D1386—CPU -DSYSVMSG -DSYSVSEM —DSYSVSHM —DUCONSOLE —DBOUNCE_ BUFFERS —DSCSI_DELAY=15 —DCOMPAT_43 -DPROCFS ー DCD9660 -DMSDOSFS -DNFS -DFFS —DINET —DMATH_EMULATE . /.. /i386/i386/exception. s . / .. /i386/i386/microtime . s —DKERNEL ー Di386 —DLOAD_ADDRESS=OxF0100000 . / .. /i386/i386/support . s .. / .. /i386/i386/swtch. s . /.. /i386/apm/apm—setup ・ s . / .. / i386 / i386 / 10C0 re . S umpc# make echo gcc2—compi1ed. ' ) >symbols . exclude echo —gnu—compiled—c' ' >>symbols . exclude . /.. / i386 / i386 / symbols . raw ー sed 's/- grep ¯v ' # ' cc ー 0 —W —Wreturn—type —Wcomment —Wredundant—dec1s —Wimp1icit —nostdinc —I . /usr/include -DGENERIC —D1586—CPU -D1486-CPU -D1386-CPU -DSYSVMSG -DSYSVSEM —DSYSVSHM —DUCONSOLE DBOUNCE_BUFFERS -DSCSI_DELAY=15 —DCOMPAT_43 —DPROCFS ー DCD9660 -DMSDOSFS -DNFS -DFFS -DINET -DMATH_ EMULATE —DKERNEL ー Di386 —DLOAD_ADDRESS=OxF0100000 —c vers . c / / ' ー sort ーⅡ > symbols . sort loading kernel rearranging symbols data bss text 716800 45056 60660 umpc# ロ de c 822516 hex c8cf4 オ t 、その下に M efile やヘッダファイルなどが集めら umpc# ls /sys/compi1e/MONKEY Kerne1 build directory is umpc# config MONKEY ()d /sys/i386/conf) れます。 .. /.. /compi1e/MONKEY Makefi1e umpc# i i . h i e . h ibcs2. 五 ahb . h aha. h imp ・ h conf . C ipacct . h psm. h pt ・ h pty ・ h rc . h sb . h sbmidi . h zp ・ h config か終ったら竹喋ディレクトリ ( ここでは / sys / compi1e/MONKEY) に移り、、、 make depend" を実行し てヘッダファイルなどの依存関係をチェックし、さらに make を実行します ( 図 11 ) 。とくにソースファイルをい しったりしていなけれは、エラーは起こらないはすです。 所要時間は CPU やマシンの構成によって変わりますが、 速いマシンで 4 ~ 5 分、遅いマシンだと 20 分以 . ーヒかかる 場合もあります。 38 新たなカーネルのインストールとリプート コンパイルに成功すると、作業ディレクトリに kernel というファイルかできます。同しディレクトリで、、 make ⅲ sta Ⅱ " を実行すると、いままでのカーネル (/kernel) が /kernel. old に変更され、新たなカーネルがルート ディレクトリにコピーされます。 umpc# make install chflags noschg /kernel mv /kernel /kernel . 01d install —c —m 555 ー 0 root —g wheel -fschg kernel / umpc# ロ ちなみに、 GENERIC カーネルはあらかしめ /kernel . GENERIC という名前で残るようになっています。不要な デバイスを削り取って作ったカーネルとサイズを上交する と、 300KB 近くシェイプアップされています。 umpc# ls ー 1 /kernel /kernel. GENERIC —r—xr—xr—x 1 root wheel 861559 Dec 20 19 : 49 /kerne 1 —rwxr-xr—x 1 root wheel 1139171 Nov 16 19 : 47 /kernel . GENERIC umpc# 目 UNIX MAGAZINE 1996.2

3. UNIX MAGAZINE 2001年12月号

バイナリ・パッケージは、 tar 十 gzip または zip 形式の 日宿ファイルになっているので、インストール先ディレク トリに展開してください。 セットアップと Tomcat の起動 Java SDK と Tomcat 4.0 のバイナリ・ - パッケージの インストールは、ダウンロードして展開するだけです。 次は工竟変数の設定です。 cat を /usr/local/jakarta-tomcat-4.0.1 にインストー たとえば、 SDK を /usr/local/jdkl. 3.1ー01 に、 Tom- . 正 ・ CATALINA-HOME : Tomcat のインストール先を ・ JAVA-HOME : SDK のインストール先を設定 UNIX では、次のように設定します ( 誌面の都合長 ルしたとします。 連載 /JavaServer Pages— 図 3 Tomcat 4.0 の起寺のメッセー ー 4.0 $ cd /usr/IocaI/jakarta—tomcat—4.0.1 $ bin/startup. sh Using CLASSPATH : lib/tools . jar Using CATALINA_BASE : Using CATALINA-HOME : Using JAVA-HOME : /usr/10ca1/jakarta-tomcat-4.0. l/bin/bootstrap ・ jar:/usr/local/jdkl .3.1 ー 01 / /usr/local/j akarta—tomcat-4.0.1 /usr/local/j akarta—tomcat—4.0.1 / usr / 10Ca1 / jdkl . 3.1 ー 01 図 4 Tomcat 4.0.1 のトップページ 師」ロい - に一 O 、当 : を当 , 1 当しに : 当 ト口に ーカイル第仮 ) 表示お知ン、りツールヘルプせ 言回ロ 」物郎・蟀 - 0 』奇」素お入り当履産。善朝コ , をリンり朝 " Tomc V ・「引 on 4.0.1 e を可た計 / 0 れ与 0 リ me れね朝 0 な T ・ The Jakarta Project lfyou're seeing 物 page via 3 web browser, it m setup Tomcat successfully. Congratulati AS you rnay' have guessed now. 引 s the default 1 paqe は can be found on 物引 OC 翩 fllesystem $CATALINA HOME/webapps/ ROOT/ inde ー 材ホ e 「 e "$CATALINA HOME"is the 「 00t Ofthe Tomca 朝「 e 獸 0 Ⅳー you' 「 e 5 ing れ 5 page. and you dont ⅲ then 由ⅲ自「 vo 汀「自朝Ⅲ「日リ白ー wh h 月ミ月「 n 月 朝髑みサイーー h t t p : / / い k 3 は ~ p ( h を . 0 ー 9 斤り返しています ) 。 ・ sh 系のシェルを使っている場合 JAVA_HOME=/usr/10ca1/jdk1.3.1 ー 01 e xport JAVA —HOME CATALINA_HOME=/usr/10ca1/j akarta—tomcat export CATAL I NA—HOME ・ csh 系のシェルを使っている場合 setenv JAVA—HOME /usr/local/jdkl . 3.1 ー 01 setenv CATALINA_HOME /usr/local/=> jakarta—tomcat-4.0.1 ・ 1 とりあえす、これだけ設定すれば Tomcat か起動でき るようになります。 Tomcat をインストールしたディレ クトリの下の bin/startup. sh プログラムを実行してくだ さい。図 3 のようなメッセージか表示され、 Tomcat の JSP サーバーか起動します。 Windows 版の Tomcat を実行する場合には、 set コマ ンドで一 .E 記の環境変数を設正し、 bin/startup. bat フログ ラムを実行します。 UNIX MAGAZINE 2001.12 Tomcat か起動したようなら、 Web プラウサから、 ・ http : / / ん os た 8080 / にアクセスしてみましよう (host は、 Tomcat を起動し たホストの名前か IP アドレスです ) 。図 4 の画面か表示 されたら成功です。 Tomcat の以前のバージョンをイン ストールしたことがあるなら、左上に、、 Tomcat Version 4.0.1 " と表示されているか石忍してください。 図 4 の下に、、、 Tomcat Documentation" と書かれ たリンクがあります。ここには、 Tomcat のインストール ガ去、実行ガ去、設定ファイルの言当方法などさまざまな ドキュメントか置かれています。また、 サープレットの API (javax. servlet と javax. servlet. http ノヾッケージ ) ・ JSP の API (javax. servlet. jsp と javax. servlet. jsp. tagext ノ、ツケージ ) などの Javad 。 c 形式のドキュメントも含まれています。 JSP ページの開発時に利用してください。 起動に失敗したら Tomcat のリリースノートによれば、 Linux と SDK の特定の組合せでうまく動かないことがあるようです。と 79

4. UNIX MAGAZINE 2005年1月号

ワークステーションのおと - ー 194 図 3 /etc/grub. conf で石佐忍 # cat /etc/grub. conf # grub. conf generated by anaconda #boot=/dev/sda default=l timeout=5 splashimage= (hd0 , 0 ) /boot/grub/splash ・ xpm ・ gz hiddenmenu title Fedora Core ( 2.6.9—prep) て 00t (hdO,0) kernel /b00t/vmIinuz—2.6.9—prep て 0 root=LABEL=/ rhgb initrd /b00t/initrd—2.6.9—prep ・ img title Fedora Core ( 2.6.9 ー 1 .667smp ) root (hdO,O) kernel /b00t/vm1inuz-2.6.9 ー 1 .667smp て 0 root=LABEL=/ rhgb initrd /b00t/initrd-2.6.9 ー 1 .667smp. img title Fedora Core-up ( 2 . 6.9 ー 1 .667 ) root (hdO,0) kernel /b00t/vm1inuz—2.6.9 ー 1 .667 ro root=LABEL=/ rhgb initrd /boot/initrd—2.6.9 ー 1 .667. img 図 4 /etc/makedev. d/Iinux1394 # Vide01394 devices, from http://買買買.1inuX1394.org/vide01394.php # This file last updated 26 August 2004. c c c c c c $ROOT $ROOT 171 0 1 1 raW1394 171 16 1 4 vide01394/%d # dV1394 devices , from http: //www. 1inuX1394.org/dV1394.php $ROOT $ROOT $ROOT $ROOT 171 32 4 4 ieee1394/dv/host%d/NTSC/in 171 33 4 4 ieee1394/dv/host%d/NTSC/out 171 34 4 4 ieee1394/dv/host%d/PAL/in 171 35 4 4 ieee1394/dv/host%d/PAL/out # amdtp , from http : //www. li Ⅱ uX1394. org/amdtp . php 166 3 http://fedora.redhat.com/docs/udev/ とします。すると、 /etc/udev/devices の下に、、 dv/host # /sbin/MAKEDEV -d /etc/udev/devices ieee1394 これに従って RPM ファイルをインストールし、さらに などのパッケージをインストールする。 これを解決するには、 udev ー 039 ー 10. FC3.1. i386. rpm がうまく動いていない。 naming support" を制御する udev というパッケージ 現在公開されているバージョンでは、、、 dynamic device 次のように書かれていました。 039 ー 10. FC3.1 after installation 」 3 という文書を読むと、 作業が必要です。「 FC3 users please update to udev- FC3 でこれらが作られるようにするには、もうすこし 制御する /dev/raw1394 が作成されません。 トでは後者のデバイスファイルや IEEE1394 デバイスを 1 amdtp 171 48 1 #c $ROOT [0-3]/{NTSC,PAL}/{in,out} ができて、これらが次に 起動したときに /dev の下に作成されます。 /dev/dv1394 という名前でアクセスしたいときは、 # cd /etc/udev/devices # mknod dV1394 c 171 32 # ls ー 1 dV1394 1 て 00t root 171 , 32 ・ dV1394 としておくと、次に起動したときに / dev の下にこのデバ イスファイルカ乍成されます。 raW1394 についても、同じ ように作成しておけばよいでしよう。 FC3 で、どのようなデバイスファイルがあるかを調べ るには、 /etc/makedev. d ディレクトリの下にあるファ イルの内容を見ると役に立ちます。たとえば、 IEEE1394 関連のデバイスファイルについては、 /etc/makedev. d/ 1inuX1394 というファイル ( 図 4 ) に言当杢があります。 UNIX MAGAZINE 2005. 1 ( さかした・しゅう Acutus Software)

5. UNIX MAGAZINE 2000年5月号

環境設定とカーネルの再構築 図 23 デバイスの認 (dmesg の出力から抜粋 ) ・ IDE (PCI-IDE) 周りのデパイスの認識 uhciO: く lntel 82371AB / EB USB Host Contr011er> rev 0X01 int d irq 11 on pciO. 6.2 ・ USB 周りのデパイスの認識 wdc0 : unit 0 (wdO) : く IBM-DARA—218000> , DMA , 32-bit wdcO at 0X1f0 ー 0X1f7 irq 14 flags 0Xa000a0000n isa ide—pciO: く lntel PIIX4 Bus-master IDE controller> rev 0X01 on pciO. 6.1 uhubO: lntel UHCI root hub, class 9 / 0 , rev 1 .00 / 1 .00 , addr 1 uhubO at usbO usbO : く lntel 82371AB / EB USB Host Contr011er> uhubO : 2 ports with 2 removable , self powered カーネルの作成か開始されます。作砌間は、 Pentium Ⅱ 366MHz のモデルで約 8 分です。カーネルができると 次のように表示されます。 loading kernel data bss de c hex filename text 2074813 141456 164952 2381221 2455a5 kernel # 1s —1a kernel —rwxr-xr—x 1 て 00t wheel 1870547 Mar 24 00 : 00 kernel リネームして、再度カーネルソースをインストールしなお ラーになった場合は、 /usr/src を /usr/src. ORG などに 能性か高いのでチェックしましよう。 PAO-ALL でも工 それでエラーが出なけれは、設定ファイルに問題がある可 ALL で config 、 make depend 、 make を実行します。 工ラーが出て終了した場合は、疋ファイルの PAO- カーネルのコンパイルカ院了したら、インストールをお しましよう。 カーネルが /kernel にインストールさオし以前のカーネ ke rne 1 / instaII —c —m 555 ー 0 root —g PATH=$PATH : /sbin : /usr/sbin ; mv /kernel /kernel .01d chflags noschg /kernel # make insta11 こないます。 # cd /usr/src/PA03 # make t001S ()d /usr/src/PA03/usr. sbin ; SYS=/usr/src/sys) = > cnvctl # make insta11—t001s make if [ whe e 1 PAO のアプリケーション ルは /kernel. old にリネームされます。 sysctl -fschg PAO を新規インストールしたりバージョンを更新した 場合は、 PAO のアプリケーションの作成とインストール UNIX MAGAZINE 2000.5 を実行しておきます。 PC カードのデータベース・ファイルなどの設定ファイ ルのインストールや、デバイスファイルの作成もおこない ます。 # make install—etc insta11 —c ー 0 root —g wheel —m 0644 etc/rc. pccard etc/etc . i386/disktab /etc/ # make devices cd /dev & & sh MAKEDEV cardO cardl card2 card3 PAO を使用していない PC に初めてインストールす る場合は、次のエントリを /etc/rc. conf に追加するか、 sysinstall を夫行してメインメニューから、、成正メニュー (Configure)" →、、スタートアップサーピス (Startup)" で pccard を尺します ( 詳しくは前回を参照 ) 。 pccard—enab1e="YES" pccard—beep="2" pccard—mem="DEFAULT" pccard—ether="edO epO s 取 0 feO cnwO" pccardd—flags= ー i 10 ー i 11 " ifconfig—common="DHCP" ifconfig—ed()=$ifconfig-common ifconfig—ep()=$ifconfig—common ifconfig—sn()=$ifconfig-common ifconfig—fe()=$ifconfig—common ifconfig—cnw()=$ifconfig-common 新カーネルで再起動 新しいカーネルのインストールか終ったら、イ年起動しま しよう。さきはどのカーネル設定ファイルを使った場合 93

6. UNIX MAGAZINE 2001年5月号

図 25 S ね就加 9 Up IPv6 ( 幻 図 24 ip-output. c て発生するコン / ヾイルエラー cc —c ー 0 —Wreturn—type —Wcomment —Wredundant—dec1s —Wimp1icit —Wnested—externs —Wstrict—prototyp if es —Wmissing—prototypes —nostdinc enslons —ansl bal . h —D_KERNEL —elf —Wpointer—arith —Win1ine —Wuninitia1ized —Wformat —Wunused —fformat—ext -I .. /.. / .. /include -DKERNEL —DVM_STACK —include opt_glo .. /.. /netinet/ip—output . c .. /.. /netinet/ip—output . c .. /.. /netinet/ip—output . c : .. /.. /netinet/ip—output. c .. /.. /netinet/ip—output. c .. /.. /netinet/ip—output. c: 工Ⅱ function : 1661 : invalid ln function : 1745 : invalid type argument 0f 'unary * ' ip—getmoptions ' type argument 0f : 1593 : invalid type argument of lp—setmoptions ' sys/netinet/ip-output. c 窈彦正 ・ 1 , 593 行目、 1 , 661 行目 イ正彳変 ifp = ip_multicast—if (&mreq. imr_interface, NULL) ; 手多正則 ifp = ip_multicast—if (&mreq—>imr—interface , NULL) ; ・ 1 , 745 行目 修正前 *addr 修正後 addr lmo—>imo_multicast_addr ; imo—>imo_multicast_addr ・ % vi CONFIGFILE ←変史不要なら、そのまま % /usr/sbin/config CONFIGFILE Don't forget to do a "make depend" . / .. /compiIe/CONFIGFI Kerne1 build directory is LE % cd .. / .. /compi1e/CONFIGF 工 LE % make depend & & make c c IS pes ne —c ー 0 —Wreturn—type —Wcomment —Wredundant—dec —WimpIicit —Wnested—externs —Wstrict—prototy —Wmissing¯prototypes —Wpointer—arith —Wuninitia1iz このパッケージを利用すると、 ip-output. c で、 —Win1i 図 24 のようなコンパイルエラーが発生するはすです。 これについては、 ても、 sys/netinet/ip-output. c の 3 カ所 ( 1 , 593 行目と から入手した修正パッチを当てる必要があります。といっ = 1.28 eebsd3/sys/netinet/ip-output. c. diff?rl=l. 27&r2 ・ http://www.kame.net/dev/cvsweb.cgi/kame/fr 完了したら、 KAME カーネルをインストールします。 1 , 661 行目、 1 , 745 行目 ) だけです ( 図 25 ) 。 コンノヾイノレカゞ % su # make install fb3—vm# make install chflags noschg /kernel mv /kernel /kernel .01d PATH=${PATH} : /sbin : /usr/sbin ; 52 [ 'sysctl ーⅡ k ern. bootfile' = /kernel ] then sysctl —w kern . bootfile=/kernel . 01d if [ —f /var/db/kvm—ker neI . db ] then mv —f /var/db/kvm—kernel . db /va r/db /kvm—kernel . 01d. db f i f i kern. bootfile : /kernel ー > /kernel .01d install —c —m 555 ー 0 root —g wheel —fschg kernel UNIX MAGAZINE 2001.5 install —C ー 0 root —g wheel -m 444 key_prot . h / rot . h crypt . h /usr/include/rpcsvc . h nis . h nis—cache . nis—callback. h bootparam_p spray ・ h yppasswd. h yp ・ h ypxfrd. h ypupdate—prot lude/cam; fi if [ —h /usr/include/cam ] ; then rm -f /usr/inc ()d /usr/tmp/kame/freebsd3/incIude ; make insta11 # make install—includes % su rpcgen ¯C —h -DWANT—NFS3 crypt . x ー 0 crypt . h tparam—prot . h rpcgen ¯C —h ¯DWANT—NFS3 bootparam—prot . x ー 0 b00 /usr/tmp/ . /sys/sys/param ・ h; setvar PARAMFILE /usr/tmp/kame/freebsd3/inc1ude/ creating osreldate . h from newvers . sh ()d /usr/tmp/kame/freebsd3/incIude ; make) % make includes % cd /usr/tmp/kame/freebsd3 clude ファイルのコンノヾイルとインストールです。 次は、ユーザーランドのコンパイルです。ますは、ⅲー # exit

7. UNIX MAGAZINE 1997年12月号

連載 /FreeBSD ノ ートーの 図 2 フラク・の変更 ayanami# ls ー 10 /kernel 1109879 Oct 9 00 : 31 /kernel* —r—xr—xr—x 1 て 00t vheel ayanami# ls ー 10 /kernel ayanami# chflags noschg /kernel —r—xr-xr—x 1 root wheel schg 1109879 Oct 9 00 : 31 /kernel* ayanami# rm /kernel ayanami# ls ー 10 /kernel Is : /kernel : NO such file or directory そこで、 4.4BSD-Lite では旧来のものを捨て、マシン のアーキテクチャに依存する部分をきれいに切り分けた Mach のイ課記匱にもとづく方式を採用した。これにより 移植性か格段に向ー E したほか、高速なプロセス間通信や共 有メモリ、セマフォを寒見することができた。 なぜイ反想記慮の言劼くのか、といぶかる読者もいるか もしれない。しかし、現代的な UNIX ではイ瓦想記慮がファ イルシステムと妾な関係をもっている。このあたりの事 情については後する。 ハードティスク ファイルシステムといったときにます思い浮かべるのは ハードディスクである。 FreeBSD の標準ファイルシステ ムは、 4.4BSD-Lite のファイルシステムをそのまま受け 継いでいる。これは、イ充的な BSD のファイルシステム である FFS (Fast FiIe System) に改良を加えたもので、 区別するときは FFFS (Fat Fast File System) と呼ぶ が、たんに FFS と呼ばれることも多いようだ。 FFFS FFS から FFFS への変更点 : のうち、ユーサーにみえる 最大のものは、サイズの管理が 32bit から 64bit になっ たことである。旧来の FFS では 2GB までのファイルや ファイルシステムしカイ乍成できなかったが、現在は事実止 いくらでも大きなファイルやファイルシステムを扱うこと かできる。 また、ファイル壬意の領域にロックをかけられるよう になった。これはデータベース関連のソフトウェアなどで 有用であろう。 フラグ このはか、ファイルに牛朱なフラグの付加ができるよう になった。このフラグには、ファイルの変更を禁止するも UNIX MAGAZINE 1997.12 の、内容の追加だけを可能にするものなど数不頁ある。 たとえば FreeBSD では、カーネルのイメージファイ ル /kernel にシステムの変更禁 - ⅱ : フラグを立てることがで きる。これを石忍するにはコマンド /bin/ls の、、一。 " オプ ションを利用する。 ayanami# 1s ー 10 /kernel —r—xr—xr—x 1 root wheel schg 1109879 Oct 9 00 : 31 /kernel* この ssschg" により、 /kernel にはシステムの変娯止、 フラグか立っていることが分かる。スーパーユーザーがカ ーネルを強制的に削除しようとしても、 ayanami# rm —f /kernel rm: /kernel : Operation not permitted と拒否されてしまう。このままではカーネルの入替えがで きないので、困ったことのある読者もいるかもしれない。 このようなフラグは、コマンド /usr/bin/chflags で変更 できるようになっている。 schg フラグを外すには、図 2 に示すように、、 noschg" を指定して chflags を実行すれば よい。 ただし、システムのセキュリティ・レベルか高い場合は、 たとえスーパーユーサーでも変更できないフラグもある。 セキュリティ・レベル セキュリティ・レベルは、 4.4BSD で導入された概念で ある。もっとも低いレベルー 1 から最高でレベル 2 まであ る。レベル 1 以止では重要なファイル ( たとえば /kernel) は変更できなくなる。もし変更の必喫があるのなら、いっ たんレベル 0 以下にシステムを移行しなければならない。 こオ功ゞできるのはシングルューザー・モード時だけである。 現在のセキュリティ・レベルは、カーネル内窈青報を読 み出すコマンド /usr/sbin/sysctl を使って調べることが できる。 165

8. UNIX MAGAZINE 2001年12月号

連載 /JavaServer Pages—@ 図 6 logs ディレクトリに作成されるログファイル 116 Oct 14 : 23 574 Oct 1078 Oct 14 : 23 $ cd /usr/10ca1/jakarta-tomcat-4 $ ls ー 1 logs total 16 1 1 1 1 1 root root て 00t root root root root root 0 3198 Oct Oct . 0 . 1 18 18 18 18 18 catalina . out 14 : 23 catali Ⅱ a ー 10g.2001 ー 10 ー 18. txt localhost ー access ー 10g.2001 ー 10 ー 18. txt 14 : 23 localhost ー examples ー 10g.2001 ー 10 ー 18. txt localhost ー 10g.2001 ー 10 ー 18 . txt ・ 23 14. 図 7 正常起酢寺の catalina. out $ cat logs/catalina. out Apache Tomcat/4.0.1 サービス Tomcat—Apache を起動します Apache Tomcat/4.0.1 サービス Tomcat-Standa10ne を起動します なお、たまたま別のアプリケーションか 1 司じポートを利 なっています。 おり、 State の欄に示されているように LISTEN 状態に 後の行がローカルホストの 8080 番ポートの状態を表して 図 5 は、 SoIaris でポートの状態を詩ヾた結果です。最 かを調べましよう。 スを受け付けられる状態 (LISTEN 状態 ) になっている Tomcat のロク の両方の状態て市忍してください。 停止しているとき 動作しているとき 用している可能生もあるので、 Tomcat が、 状態です。また、図 7 ~ 10 は、それぞれ Tomcat が正常 図 6 は Tomcat を起動した直後のログディレクトリの クトリの下の、、 1 。 gs " ディレクトリに保存されます。 Tomcat のログファイルは、インストールしたディレ させることもできます。 す。また、自分で作った JSP プログラムからログを出力 測時や動作中の状態を示すメッセージか書き込まれていま セージがほとんど表示されませんが、ログファイルには起 メッセージが重要です。 Tomcat 4.0 では起重丿彳麦にメッ 動 ( 信忍やトラブル・シューティングのためにはログ ・ catalina. out に起動したときの、 UNIX MAGAZINE 2001.12 ・ catalina 」 og. 2001 ー 10 ー 18. txt ・ localhost-examples 」 og. 2001ー10-18. txt ・ localhost 」 og. 2001 ー 10 ー 18. txt というファイルの内容です ( 一一部は抜粋のみ ) 。ログファ イル名の日付は、ログを出力した日付を意味しています。 Tomcat が正しく動いていないようであれば、 図と同様のメッセージがログファイルに記録されてい るか ・ログファイルにエラーメッセージが出力されていないか を石忍してください。 参考までに、図 11 は Java 1.1 を指定して Tomcat 4.0 を起動したときの catalina. out の内容です。ご覧の ように、 Java のエラーメッセージが出力されています。 セットアップ 正常に起動できるようになったら、 ・ポート番号を変更する ・ Web ページのための新しいディレクトリを用意する という設定をしてみましよう。 Tomcat4.0 でも、セット アップは 3. x と同様に、、 conf/server. xml" ファイルでお こないます。 ポート番号は図 12 の Connector タグの port 属性で 指定します。 デフォルトでは 8080 番ポートを使っているので、 port = " 8080 " となっています。 Web の標準的なポートである 80 番に port="80" するには、 81

9. UNIX MAGAZINE 2003年6月号

特集 Linux て RAID 0 defau1t=0 timeout=10 title Red Hat Linux ( 2 . 4 . 18 ー 27 . 8 . 0 ) root (hdO,0) 図 23 grub. conf に /dev/mdl を使ってプートするエントリ (title が Red Hat Linux [mdl]) を追加 # ls ー 1 /boot/initrd—2.4.18 ー 27 . 8.0. img 図 25 RAID に対応した initrd イメージの作成 Kerne1 panic : NO init found. Try passing init= option t0 kernel . Freeing unused kernel memory : 172k freed umount /initrd/proc failed : 2 pivotroot : pivot—root (/sysroot ,/sysroot/initrd) failed: 2 mount : error 22 mounting ext3 Mounting root filesystem Creating root device Creating block devices Mounting /proc filesystem 図 24 こういうエラーか出て panic することがある initrd /b00t/initrd—2.4.18 ー 27.8.0. img kernel /b00t/vm1inuz-2.4.18 ー 27.8.0 ro root=/dev/mdl root (hdO , 0 ) title Red Hat Linux [mdl] initrd /b00t/initrd—2.4.18 ー 27.8 . 0. img kernel /b00t/vmIinuz—2.4. 18 ー 27.8.0 ro root=/dev/hdal 1 root root 131648 Apr 6 06 : 51 / boot / initrd ー 2 . 4.18 ー 27.8.0. img # mkinitrd -f / boot / i Ⅱ itrd ー 2.4.18 ー 27.8.0. img 2 . 4 . 18 ー 27 . 8.0 # ls ー 1 /boot/initrd—2.4.18 ー 27 . 8.0 . img 1 root 139676 Apr 6 06 : 52 /boot/initrd-2.4.18 ー 27.8.0. img たものであれば、システム起重加叔こ RAID のデバイスド ライノヾかイ吏えす、図 24 のように panic を起こしてしまい ます。 initrd-*. img ファイルはカーネルのインストール時に そのシステムの状況に合わせて作成されます。ソースから コンパイルしてインストールするときだけでなく、 RPM パッケージを使ってバイナリ・インストールをしたときに も新たに作成されます 4 。 そこで、 RAID システムを利用している状況を反映し た initrd. img ファイルを作成します。 initrd. img ファイ ルは mkinitrd コマンドを使って作成します。 mkinitrd コマンドを実行する際にシステムが RAID デバイスを使 用していれば、作成される initrd. img ファイルには自動 的に md デバイスドライバか組み込まれます。 mkinitrd コマンドの書式は以下のようになっていま す。 4 バイナリ・パッケージをインストールしたからといって、固定されたⅲ it - rd. img ファイルがシステムにコピーされるわけではありません。 UNIX MAGAZINE 2003.6 mkinitrd [—f] 0 社 t れ 7 ヨ . 〃 9 ん、れ司 - む、 s を 0 れ 0 れ司 . 乞 mg に新しい initrd. img ファイノレか : き 出されます。ん・・れ e な眦 7 、 s れには / lib / rn 。 d ⅲ es 直下の ディレクトリ名を指定します。たとえは、 kernel ー 2.4.18 ー 27.8.0 の RPM . パッケージを使っていれは、カーネルの モジュールは / lib / modules / 2.4.1 & 27.8.0 にインストー ルされています。このとき、ん er 、れ el - 眦 7 、 s れには 2.4.1 & 27.8.0 を指定します ( 図 25 。新たに作成した initrd ・ img ファイルは md 1 にもコピーしておきます ) 。この変更に 合わせて、 /etc/grub. conf の initrd 行のファイル名も修 正する必要があります。 -f オプションは、既存の initrd. img ファイルを上書きするときに指定します。 mdl を使って起動できたら GRUB の起動 OS j 尺の画面で、新しいエントリを 〕尺して起動できたでしようか。 df コマンドや、、 swapon - s " コマンドも実行してみて、表示される使用中のデバ イスが md ? になっているかを確かめてください。まだ 127

10. UNIX MAGAZINE 1999年5月号

連載 /UNIX Communication Notes mail . crit neWS . err リスト 1 syslog. confØfiJ Everyone getS emergency messages , * . emerg * . emerg other than authpriv. @logger ・ aist-nara ・ ac ・ JP ROOt gets messages at warning level or higher , Other than authpriv ・ * . varning; authpriv. none root , suguru The console gets messages at warning 1eveI or higher , and authentication messages at notice Ieve1 or higher , Other than authpriv. On1y news . err and above go tO the console because INN is noisy /dev/console * . warning; auth. notice ; authpriV. none ; news. err # Log a11 kernel messages tO the CO Ⅱ sole. kern . * /dev/console # The authpriv 10g file MUST be restricted access; these messages # shouldn' t go to terminals or publically-readable files. authpriv. * # Subsystems that 10g separately. cron . * daemon . * ftp. * lp て . inf0 mail . neWS . neWS uucp . # If /var/log/secure /var/log/cron /var/log/daemon ・ 10g /var/log/ftp ・ 10g /var/log/lpd—errs /var/log/maillog /dev/console /var/log/news/news . notice /var/log/news/news . crit /var/log/news/news . err /var/log/uucp/errors root is logged in, forward debugging kernel and authentication # messages . auth. debug ; kern. debug auth. debug ; kern. debug # Save kernel and authentication debugging messages て 00t /var/log/messages # The default 10g file gets a11 messages at notice level or higher, except # for authpriv messages or messages that have been specified differently. * . notice ; auth, authpriv , cron, daemon , ftp , kern , 1pr ,mail ,news ,uucp ・ none /var/log/messages c 市 t リ . level 、、 LOG ー " の部分を省いたものが小文字己される。たと である。 c 市切と level には、表 1 ~ 2 に示した値から えは、 LOG-EMERG および LOG-ALERT 、 LOG-CRIT 例でいえば、 facility が LOG-MAIL で、 level として level は、表 2 で上にあるものほど上位になる。上の 上のメッセージを表す。 は、 facility が LOG-MAIL 、 level が LOG-CRIT 以 mail . crit 38 カ甘旨定されているメッセージを表している。 * は、ワイルドカードとして利用できる。たとえば、 mail . * は facility が LOG-MAIL であるすべてのメッセージを 複数のセレクタを言当したい場合には、次のように ( セミコロン ) で区切って列挙する。 mail . infO ;news . infO " ( カンマ ) を用いて、 あるいは、 mail ,news . infO UNIX MAGAZINE 1999.5