いまに生きる古代ギリシア

キーフレーズ

ギリシア ソクラテス 古代ギリシア アテナイ ヘロドトス 岩波文庫 ポリス アリストテレス 日本 アテネ 市民 しよう プラトン デモクラシー オリンピア 民主政 ギリシア文字 トロイア ヒボクラテス ペリクレス 私たち オリンピック ペロポネソス戦争 ゼウス 人々 ベルシア 歴史学 ギリシア悲劇 ギリシア神話 自分 古代オリンピック 現在 世界 存在 対話 松平千秋 ギリシア語 歴史 場合 古代 イリアス 映画 言葉 ヘクトル 述べ 意味 ⅢⅢⅢ日ⅢⅱⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅱⅢⅢⅢーⅢⅢⅢ日Ⅲ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅱⅢ 古代ギリシアて 日ーー 古代オリンピック ーーアテナ 近代オリンビックにおいて 古代ギリシア社会史研究ーーー 古代ギリシア悲劇 回オリンピック ギリシア映画 回ギリシア文字 ギリシア共和国 ギリシア観 FAX03-3358 ー 代ギリシア人 古代劇場 古代オリンビック 代ギリシア史 校正技術 ホーム校正者 校正士 校正講座 エンピフリー校正者 回歴史学 校正記号 校正技能 古典ギリシア語 開催地 近代オリンピック聖火 回演劇 工ーゲ海 近代オリンピック大会 回学間 回映画 回哲学 古代キリシア 日発行 回神話 回ポリス まし 新版世界各国史ギリシア 世界中 再放送 Ⅱ回デモクラシー 発行者 祭典中 首都アテネ オリンピア遺跡 東京大学名誉教授 者ホリス

目次ページ

第 1 回オリンピック・ 神にささげる祭典とギリシア人意識の形成 ・ 2 第 2 回ポリスと市民の実像・ 第 3 回ギリシア文字の考案と英雄叙事詩・ 第 4 回神話と寓話はイメージの宝庫 第 5 回戦前と戦後の日本人のギリシア観・ ・ 8 第 6 回演劇 プロバガンダの提示と事実の相対化 目次 Z カルチャーアワー歴史再発見 いまに生きる古代ギリシア 6 ラジオ第 2 放送 [ 放送日 ] 火曜日 午後 9 : 30 ~ 1 0 : OO [ 再放送 ] 水曜日 午前 1 0 : 40 ~ 1 1 : 1 0 * 放送日時は変更、休止の場合があります ので、番組案内にご注意ください。

第 7 回映画・ アンゲロプロスと現代のギリシア映画 8 第 8 回哲学・ ソクラテス的対話法の今日的意義 : 2 第 9 回学間の誕生・ 第川回デモクラシーについて 第Ⅱ回デモクラシーについて 第肥回政治思想・政治用語 第回歴史学・ * 本文中の引用文については正確を期していますが、読みにくい漢字には適宜読みがなを付加しています。 * 古典ギリシア語の母音の長短は原則として区別していません。ただし、地名、人名については慣例に従った場合もあります。 なお、をカタカナで表記するにあたってはの音で表記しています。 ヘロドトスの復権 111 ロ 7 万 7 イ 8 * 本書は内容が放送と一部異なる場合がありますので、ご了承ください。

第 1 回 オリンヒックーー神にささげる祭典とギリシア人意識の形成 近代と古代のオリンピック 早いもので、来年はオリンピックの年、今回の開催地は中国の北京です。前回、二〇〇四 年の開催地はギリシア共和国の首都アテネでしたが、それは二度目のアテネ・オリンピック でした。近代オリンピックが最初にアテネで開催されたのは一八九六年のことで、それは記 念すべき第一回大会でした。近代オリンピック大会は古代のオリンピックの復興という名目 で始められ、最初の開催地はギリシアの首都アテネとされたのですが、古代のオリンピック は、ペロポネソス半島西部エリス地方にあるオリンピアで四年に一度開催される運動競技会 で、神にささげる祭典の一環として行われました。これにちなみ、現在でもオリンピックの 聖火は大会ごとに、このオリンピアの遺跡にあるヘラ神殿の前で採火され、その地から開催 地までの長い長い距離の聖火リレーが始められるのです。 現在のオリンピックの場合、開催地は複数の国が立候補し、国際オリンピック委員会 (— (0) 委員の投票で決定されていますが、古代オリンピックはいま述べたように、聖地オリ