寝ても覚めても国鉄マン - 妻が語る、夫と転勤家族の20年

キーフレーズ

多恵 国鉄 浩介 仕事 米倉 子ども 昭和 子どもたち 東京 自分 思っ 列車 新幹線 引っ越し 幼稚園 博多 高松 運転 門司 鉄道管理局 職員 聞い 帰っ 行っ 転勤 電話 出かけ 考え 蒸気機関車 車両基地 一緒に 本社 一年 寝ても覚めても 父さん 高田馬場 お父さん 鉄道 家族 輸送 持っ 三人 コンピュ 国鉄職員 章国鉄マン 平成年 年高松編 年後 国鉄時 年博多編 まし 国鉄本社 年大森編 こと 年門司港 年柏編Ⅱ 章際 数年おき 年高田馬場編 鉄道駅 鉄道マンたち 転勤家族 昭和町 仕事関係 章システム開発 昭和絽 昭和浦 昭和貶 転勤生活 仕事ぶ ものか 章宇高連絡船 東京駅 高松機関区長 鉄道旅 蒸気機関車 章役割分担 章南米パラグアイ 高松港 子ども時代 転勤先 ディーゼル機関車 名古屋人 息子たち とき か似た者夫婦 章新幹線博多総合車両基地 職員宿 清見編 里編 石井妙子 昭和年代前半 鉄道管理局

目次ページ

寝ても覚めても国鉄マン 目次

はじめに : 第 1 章宇高連絡船で瀬戸内海を渡る・ 昭和 ( 1967 ) 年高松編 第 2 章システム開発で泣いた ? 昭和 ( 1968 ) 年大森編 第 3 章お盆と正月は休ます働く : 昭和町 ( 19 7 2 ) 年門司・大里編 第 4 章南米パラグアイへ出張 : 昭和絽 ( 1973 ) 年高田馬場編 第 5 章新幹線博多総合車両基地・ 昭和 ( 1976 ) 年博多編 第 6 章走り続けたハイオニア : 昭和 ( 1979 ) 年門司港・清見編

第 7 章役割分担でそれそれが多忙・ 昭和浦 ( 1981 ) 年柏編— 第 8 章国鉄が変わる・ 昭和 ( 1985 ) 年柏編Ⅱ 第 9 章三兄弟が語る、国鉄マンの父とそれを支えた母 優・創・真の記 : 長男・優・ : : : : 次男・創・ : 三男・真 : ・ 第章国鉄マンが語る、あのころの仕事と家庭と 妻の手記に寄せて あとが tJ : 参考資料