英文法のコツ

キーフレーズ

the UNIT that you was 例文 have for 目的語 The 動詞 関係節 名詞 不定詞 分詞 will ing 問題 who 過去 with 英語 主語 文型 wish his ジョン 受動態 チャレンジ Lisa had John get しよう 意味 Unit this 場合 hope got which Jane her 部分 現在 関係代名詞 使っ 修飾 are Unit 英語表現 ば英語 文型応用 ケッペキー文型篇 英語教育 英語理解へ 文法項目篇 文法書 chapter 文法説明 まし メカニズム篇 メカニスム篇 ること 関係代名詞文 関係副詞文 文レベル あり 英文法 思考回路篇表現 チカミチ篇 例文 ラブレター マリ 本書 日本語 関係節 ものもの 上達へ 成功へ 付加詞 理解しよう なら 確認問題 三修社 受動態 マスター つほど 本質 練習問題 ンジ問題 わけ 語順 読み t0 不定詞 6BN978-4-384 ー 05543-6 各ユニット冒頭 過去分詞 分詞構文

目次ページ

、一チャレンジ問題 第 2 章 指示に従って、自分のカで次の英文を作ってみましよう。 UNIT 6 ①お目にかかれてよかったです ! ( 挨拶の常套文 ) Ning 動名詞を使って ②ブラウン教授に電話する必要があるでしようか ? t0 不定詞を使って 必要だ necessary 疑問文を使って 0 ションが日本を去ったかどうかは疑わしい。 疑わしい doubtful 去る leave ~ かどうか whether ( 0 「 not) 0 ジル ( 」 ill) が結婚したことはトムを驚かせた。 驚かせる surprise (UNIT 14 参照 ) that 文を使って - ( / 応用問題 0 次の第 5 文型の文を、 it を使ってスマートな形にしてください ( 文型について は UNITI 参昭 ) She found to master English difficult. S V 0 45

チャレンジ問題の答えと解説 ①は was nice meeting you! meeting のかわりに seeing でもかまいません。 このは was nice *. のパターン 46 0 は was not easy for Ken to say good-bye to her. ④は is widely known by many people that John was born in Japan. 3 は is not clear how much this antique doll will cost. ②は isn't fun at 訓 working on Sundays! ①は isn't so hard to master English. 0 { / 応用問題 ホントに「形式」ばった用語ですね ! あった場所ですから、厳密にはこの it は形式主語ではなく、形式目的語となリます。 後の空白は形式的な it で埋め合わせるわけです。この部分はもともと目的語 ( 0 ) が い」のでうしろに移動しているのです。そして、ケッペキな英語の文法では移動した が目的語 ( 0 ) で、 difficult が補語 (C) です。このままでは to master English が「重 元の文は She found to master English difficult. です。第 5 文型 to master EngIish She found it difficult to master English. これについては UNIT14 でくわしく説明してあリます。 したがって it の出番もあリません。 surprise のような動詞を感情動詞というのですが、 とすることもできます。この場合、受動態なので that 文は最初から主語の位置になく、 形式主語を使わないでトムを主語にして Tom was surprised that Jill got married. 0 は surprised Tom that Jill got married. すが、 if の場合は or not は一緒に使えません。 whether の代わりに if を使っては is doubtfulif John Japan. としてもいいので 分離しては is doubtful whether John Japan or not. とすることも可能です。 whether という疑問詞は whether or not にすることもあります。また or not を 0 は is doubtful whether ()r not) John left Japan. となるわけです。 か ? 」と「私」を強調したければ it necessary for me to call professor Brown? を使えばいいのです。たとえば「私がブラウン教授に電話する必要があるでしよう 〔ーでも説明したように、 to 不定詞を使って主語を含めたければ「 for ~ 」 ② it necessary to call professor Brown? きてうれしかったです」のように。 はいろいろな場面で使えます。たとえばは was nice talking with you. なら「お話で

比較級・最上級は 文の前半部分がたいせつ UNlT7 第 2 章 「れだけ覚えれば大丈夫 ! ニつの間で比べる ① Jane is faster than Lisa. ジェーンはリサより速い。 ② Lisa is not as fast as リサはジェーンほど速くない。 0 a. Cycling is as exciting as Joggng ・ サイクリンクはジョギングと同じぐらいエキサイティングた。 as exciting as any Cycling is sport. サイクリングはどんなスポーツにも劣らずエキサイティングた。 三つ以上で比べる 0 Jane is the fastest Of all (the girls). シェーンは女の子の中で一番速い。 0 Jane is faster than any other g 旧 . ジェーンは他の女の子のたれよリも速い。 何倍かを表す 0 Jane is three times as fast as Kate. シェーンはケイトの 3 倍速い。 UNIT 7 Jane. b. 會 Lisa 會 Kate 時速 5 キロ の。〃リ 會 Jane 時速 1 5 キロ 47