さらば、資本主義 (新潮新書)

キーフレーズ

アメリカ 日本 しよう 資本主義 経済学 民主主義 成長 経済成長 世界 市場経済 経済 文明 社会 市場競争 資本 被害者 今日 アベノミクス 成長戦略 経済学者 ピケティ 市場 人間 福沢 朝日 消費者 意味 競争 年代 ヨーロツ しかし 生み出し 問題 構造改革 フランス 主義 ゴジラ 科学 確か 近代主義 グロー 自由 脱原発 朝日新聞 所得格差 日本人 女子高校生 欲望 成長率 格差 自然 日本経済 人口減少 人々 地方 東京 イノベーション 戦後 時代 考え できる 必要 新自由主義 近代 世紀 西洋 戦後日本 イギリス 技術 数学 先進国 専門家 ここに 加害者 アジア 政策 独立 理論 マルクス 消費 ーバル 場合 社会的 生産性 効率性 資産 そして 金融市場 自己実現 生み出す 安倍首相 ふるさと 社会主義 フロンティア

目次ページ

さらば、資本主義◆目次

まえがき 3 第一章今こそ、脱原発の意味を問う ゴジ一フを平和利用する ? / 脱原発は気楽な選択なのか ? / 「近代 , を支える前提とは ? / 「アルキメデスの点」を探す 3 第二章朝日新聞のなかの " 戦後日本〃 朝日新聞からの依頼 / 朝日のあざとさ / 「絶対的被害者」なるもの / 歪んだ戦後認識 5 第三章失われた故郷をもとめて 巨大ショッピングモールの哀しさ / 正しい偏見のもちかた / すでに失われたもの / 奇妙な安らぎの正体 7 第四章ニヒリズムへ落ち込む世界 悪夢の幻世紀 / 奇妙な世界に生きている / 疑わしき「アメリカ近代主義の福音」 /

サヨクもウョクもない社会 / 事態を混乱させる「専門家」 第五章「グローバル競争と成長追求」という虚実 あまりにおかしな総選挙 / 「アベノミクス」成否の真相 / たいへんに危険な道 / 敗北主義の詭弁 / 「成長しなければ幸せになれない」という幻想 第六章福沢諭吉から考える「独立と文明」の思想 明治日本で最高の書物 / 目的は独立維持 / ナショナリティの正体 / 貿易も戦争も国力の発動である / 「かざりじゃないのよ、文明は」 5 3 第七章トマ・ピケティ『幻世紀の資本』を読む 所得格差ではなく資本格差 / 格差拡大の原因 / 金持ちがますます富むメカニズム / 「格差が階級社会を再現させる」衝撃 / 「資本主義はさして経済成長を生み出さない」 〃 5