チャタレイ夫人の恋人 : 完訳

キーフレーズ

クリフォード コニー 言っ 自分 ヒルダ 人間 彼女 考え 感じ 夫人 思っ 子供 チャタレイ夫人の恋人 ポルトン 二人 しよう そして ほんとうに 気持ち クリフォ 生活 イングランド ラグビー メラーズ チャタレイ テヴァーシャル 持っ 奥さま 自分自身 見え 思う 好き 思い 静か 言う あいだ 少し 知っ ロレンス ヴェニス 言葉 なかっ 行っ からだ ロンドン ほんとう フリント 炭坑 しかし コンスタンス 思わ 私たち 女性 いっしょ 小さな 車椅子 マイク 戻っ 坐っ 部屋 一つ 立っ 必要 肉体 ーーー セックス あなたに 精神生活 ありません 言い 坑夫 訊い 仕事 ハモンド できる デュークス 生き 問題 言わ すべて 愛し 大きな 一種 結婚 完全

目次ページ

これからというところなのだ。そしてまた、彼が人気についての実に確かな本能をもってい たのは注目すべきことだった。のちに、マイクリスはある戯曲の中で彼を立派な人物にえが きだした。そのためにクリフォ 1 ドは一種著名な英雄扱いされるようになった。とはいえ、 こつけいか 次には反動として彼は滑稽化された自分を見いだすに至る。 クリフォードの「有名」にたいする盲目的な、性急な本能に、コニーは少しびつくりした。 彼は彼自身が理解できない、そして不安さえ感じている、混沌とした世界のなかで有名にな ること、作家として、第一流の現代作家となることを目指していた。立身出世をしおえて年 人 恋とった、気のし ゝい、ほらを吹くことの好きな父のマルカム卿を見ていたので、コニーは、芸 人術家というものは自己宣伝をするもの、自分の商品の値を上げるために骨を折るものである 夫 イ ことを知っていた。ただ彼女の父は、既存の手段、アカデミーの連中が画を売るときに使う レ タ 手段を使っていた。だがクリフォ 1 ドはあらゆる種類の新しい人気とりの手段を発見した。 ャ チ 彼は、自分を低くすることのないように気をつけながら、あらゆる種類の人間をラグビ 1 邸 に招待した。彼は人気という記念碑を早く樹立することを心にきめて、手ごろな物があれば 何でも利用する気だった。 マイクリスは型どおりに運転手と下僕を従えて、すごくきれいな車でやってきた。彼はど だが彼を一見するやいなや田舎者クリフォ こからどこまでボンド・ストリート型だったー : どうもあまり : ・・ : 外から見たところ ードはしりごみを感じた。マイクリスはほんとうは : では、予想したような人間でなかった。クリフォードにとっては、それでもう充分決定的だ

った。しかし彼は客にたいしてはまことにていねいだった。というのも、それはこの男の驚 めすいぬがみ ′」うまん くべき成功にたいしてであった。成功の牝犬神というやつが、なかば謙遜でなかば傲慢なマ かかと イクリスの踵のあとから、うなりながら主人を護るようにつきまとって歩いていた。クリフ オードはそれに向かうとすっかりおじけてしまうのだった。というのは彼だって、もし成功 の牝犬神が望みさえしたら自分の身をその犬に売りたがっていたのだから。 マイクリスは、ロンドン最上の服屋や帽子屋や理髪師や靴屋の手をわずらわせていたにも かかわらず、一見して英国人でないことが明らかだった。しかり、彼はあきらかに英国人で あおじろ 恋はなかった。 , 彼の品の悪い平凡な蒼白い顔と態度、それから品の悪い不満そうな顔。彼がね がいぼう 夫たみと不満をもっていることは、そういうものをまざまざと自分の外貌に現わすことをいさ きっすい ぎよしとしない生粋の英国紳士の眼からすれば、明白に見てとれることだった。マイクリス しつぼ はあまりにさまざまの苦労を嘗めてきたために、哀れにも今なお尻尾を後脚の間に下げて歩 く犬のような様子から抜け切れないのであった。 , 。 彼よ戯曲を携えて、水ぎわだった本能と、 いっそう水ぎわだった厚顔さによって自分の道を切り開き、やがて舞台の、しかもその前面 へ自分を押し出してきた男だった。彼は大衆の心をつかんだ。そしてもう苦しい時期は済ん だものと考えていた。だが悲しいかな、まだ済みはしなかった。 いつまでたっても済む 時はなかったのだ。というのも、彼はある意味で苦労を望んでいたのだ。 , 。 彼よ自分以上の階 級 : : : 英国の上流社会にはいることを望んでいたのに、その連中はどんなに彼をいじめるこ ぞうお とを楽しんだことだったろう ! そういう彼らを彼はどんなに贈悪したことかー くっ けんそん

にもかかわらずこのダブリン生まれの雑種犬は、下僕を従えて、とてもすてきな車に乗っ てやってきた。 彼こま虚勢を張るようなところがなかった。自 コニーはどことなくこの男が好きだった。 , 冫。 分について夢をいだくようなところがなかった。クリフォードが知りたがっていたさまざま なことについて、彼はものわかりのいい、簡明な、実際的な話をしてやった。彼は誇張した り、調子に乗ったりすることがなかった。彼は自分が利用されるためにラグビー邸に呼ばれ たことを心得ていた。それで、老練な、ものごとにこだわらない実務家か、大実業家のよう 人 恋な態度で質問を受け、できるだけ自分の感情を浪費せずそれに答えていた。 人「金は」と彼が言った。「金は一種の本能ですな。金を作るのは一種の天性によりますね。 やる事は何だってかまわない。 べつにトリックを使うわけじゃありません。自分自身の性格 レ タ にくつついてくるものですな。きっかけさえあれば、金はできます。あとは続けてゆくだけ ャ チ です。ある点まではそうだと思いますね」 「だがそのきっかけを作らなければならないでしよう」とクリフォードが言った。 「それはそうです ! 飛び込まなくちゃだめですよ。外側に立っているだけじやどうにもな りませんな。勇敢にはじめなければなりません。それさえやれば、もうひとりでに運んでゆ きます ! 」 「ですが戯曲を書かなかったら、あなたは金を作れたでしようかね ? , とクリフォードがき