プロ弁護士の思考術

キーフレーズ

考える 自分 相手 考え オプション 依頼者 弁護士 意見 思考 見る 具体的 事実 場合 他人 物事 できる 判断 マサカ 必要 契約 裁判 現実 人間 問題 日本 アメリカ 情報 視点 ビジネス 反対 紛争 二分法 人間関係 多く 仕事 会社 マスメディア 事件 発想 大切さ 日本企業 直視 予想外 自由 結果 状況 評価 損害賠償 合理的 ーーー 裁判官 交渉 共感 解決 調査 パーセント 思っ 窃盗罪 経営者 遠く エピクテトス アウレリウス 根拠 社会 シグナル する 価値観 感情的 経験 大切 自然 企業 ヒトラー 紛争処理 債務超過 沈黙の春 権威 存在 偶然 時代 言葉 トップ 対応 行動 意味 感情 サウナ 変わっ 担当者 可能性 花粉症 違い 主張 証人

目次ページ

え 第 1 章話の根拠をまず選りすぐる , ー・具体的に考える きんなん 「実に語らせる」第一歩ーー銀否を拾うと泥棒になるか絽 事実は法解釈をも左右する絽 / 情報が足りないときの考え方 / 思い込みから 類型化が始まる幻 曖味さをチェックしていくーー日本的「誠意」の限界 「自然に考えられることーは役立たない / 曖味で独りよがりな日本流 / 「同 じ人間同士ーを前提にしない 密封された情報を調べるーー具体的な事実をつかむ法 契約は友好のシンポルではない / & < の情報戦 目次 * プロ弁護士の思考術 4 のいま ` い

情報が新しい現実をもたらすーー個別的に考える肪 「書類の闘いーの緒戦を制する / 検索だけでは思索は進まない 訂 / たとえば登 言簿から読めるシグナルとは 根拠なき楽観を注意深く避けるーー・細分化して考える習慣 行動は思考を弱める / 思いっきで未来を台なしにする人たち しないことの大切さ 手順を考えることは理性で考えること貯 て方ーと「変え方ーを知る 第 2 章「考えもしなかったこと . を考えるーーオプションを発想する もれなく考えるための方法論ーーマルチプル・オプションとは ハラバラに見えるものはつながっている / 「これしかない , から「無数にある」 への発想転換 / 正解よりも選択肢を求める 2 自分に「発想の自由ーを確保するーーオプションは自由を意味する 粉飾決算をめぐるオプション発想 / 選択の自由は最大の自由 / 勝訴だけが / あえて行動 / 予定の「立

紛争の勝利ではない引 3 イエス・ノー思考を頭に居着かせないーー一一分法の病理 ヒトラーの「見せかけの選択肢」 / 二分法のワナは日常生活にもある / 目標 が精神論にすり替わるとき 4 ひらめかないときの処方箋ーーオプション発想のポイント 感情の縛りを解く方法 / 発想の「生産方式」を覚えるた / 極論を考える 敗を活かすための考え方ーー日々のオプション思考間 小さな問題から発想の領域は大きくなる間 / 事務所拡張の選択肢爲 / 成功法則 を見つける 第 3 章疑、ことで心を自由にするーー直視する 1 ロいかける相手はまず自分自身ーー直視と即物的思考 権威・伝統との距離のとり方 / 疑う力が法律家の成熟度を示す える習慣をつける 新 / 自分で考