小説すばる2017年1月号

キーフレーズ

自分 言っ 綾子 彩子 思っ 菜々美 馬琳 六助 言葉 クララ 仕事 思い 考え 観月 生まれ ヒロ子 直紀 荻原 言う 明美 孝彦 思う 菜摘 三田 野々宮 言わ 感じ 相手 日本 気持ち 中林 聞い 持っ 北野 可能性 時間 入っ 知っ 九兵衛 見え 諸田 行っ 康明 田中 麒麟 比嘉 占い 来栖 真奈美 しよう 占い師 私たち 室谷 沙月 東京 言い 向かっ 見る 出し 関係 人間 携帯電話 知ら 好き 絹江 運動会 そんな 名前 集英社 人生 事件 サッカー部 部屋 ラージャ・ガネーシャ 書い 二人 紗江 逸佳 日紫喜 女性 先輩 今日

目次ページ

写真大森克己 表紙 + 扉イラスト杉田比呂美 表紙 + 目次 A D 緒方修一 本文デザイン 今井秀之 lt design 五十嵐卓也金城秀明 小説すばる新人賞のお知らせ 521 バックナンバーのご、案内 522 年間定期購読のご案内 523 筆者紹介 525 次号予告 524 連載読み物 大貫亜美たぬきが見ていた 78 北大路公子日記を書くためだけに生まれてきた 348 高山真泣けるケーキ 188 伊野孝行ぼくの神保町物語 500 橋本幸士異次元の視点 510 宇田智子小さな本屋の本棚から 140 霞流一世界奇天烈ニ ュース 221 池上冬樹の「この文庫解説がすご、い」 153 荻原魚雷の古書古書話 512 内田かずひろマドノコバコ 199 連載漫画 常盤雅幸真ッ赤な東京 515 517 増田こうすけギリシャ神話劇場神々と人々の日々 401 コラム 市川憂人 a day in my life 81 平岡陽明特別料理 95 川内有緒思い出ステーション 27 ⅱ主耒 Oh ! マイアイドル 45 大原扁理わたしの逃避術 113 カーテンコール雪舟えま 528 表紙の小さな物語杉田比呂美 520 目次月記大森克己 520 新刊レビュー 青木千恵 317 藤田香織 303 縄田一男 175 ロ野仁 333 大森望 285 東えりか 129 吉田伸子 本多孝好『 Good old boys 』 198 Canon 0

L7z り、説すはる 2 0 1 7

先輩に片思いする菜々美から、超能力を使って協力してほしいと頼まれた彩子。 だが、彩子にはその能力を使えない、決定的な理由があった。 這い上がってくるような低音を出した。彩子は、迫力にひるみな がらも、無理、と同じ答えを返した。 「だってさ、考えてよ、アヤ。もうすぐ選手権の二次予選始まっ 「ねえ、おーねーがーい ちゃうじゃん ? そこで負けちゃったら、三年生は引退じゃん」 「だから、ヤダってば ! 」 「勝つよ、きっと。みんなで行くんだよ、決勝戦」 みたらいあやこ 御手洗彩子は、サッカー部の部室に向かいながら、手をひらひ 負けたら、の話、と、菜々美が口を尖らせる。 らとさせて逃亡を図った。クラスメイトで、同じサッカー部マネ 「そしたら、先輩、引退しちゃうじゃん。部活で会えなくなった ななみ ージャーの菜々美が、なんでよお、とふてくされた声を上げ、文ら、話す機会とかなくなっちゃうじゃん」 字通り、くねくね、と腰やら腕やらをくねらせながら、彩子の前 菜々美の一言う「先輩」とは、部の三年生全員を指しているので くるすさとし に回り込んでくる はなく、キャプテンであり、エースである来栖聖先輩のことを 「一生の ! 一生のお願いなんだってば ! 」 指している。もはや、その他の三年生は有象無象であり、存在は 「まだ十七だよ、あたしたち。取っておきなよいざという時の空気と言わんばかりだ。彩子は、ため息をつき、来栖先輩だけじ ために」 ゃないんだから、とたしなめた。 「今がその、いざという時なんだってば ! 」 高校のサッカ 1 部は、三年生の引退時期が独特だ。野球部は夏 菜々美は、彩子の肩を両手で擱むと、お願い、と、地の底からの甲子園が最後の大会となるのが普通だが、サッカー部が最も輝 ドキドキ・サイコメトリー 行成薫 画・浦上和久