気の科学

キーフレーズ

コントロール 変性意識状態 東洋医学 気功師 状態 影響 電磁波 気功 エネルギー 経穴 治療 自然治癒力 アルファ波 できる 発する 病気 関係 変化 経絡 行なう リラックス 能力 働き 鍼灸 西洋医学 効果 身体 人体 遠赤外線 考え 言える 存在 意識 物質 流れ 与える 研究 脳波 場合 行なわ 図解 雑学 心身 放出 必要 電波 受ける 測定 人間 自然 刺激 超能力 機能 使わ 解明 持っ 赤外線 現れる 紫外線 鍛錬 体内 受け Chapter 円偏波 環境 異なる 呼吸法 佐々木茂美 マイナス 持つ 精神 波長 しよう 使っ 性質 作用 多く 自分 与え ヘルツ パワー 生命活動 潜在能力 可視光線 神経 場所 中国 そして 周波数 プラス 可能 訓練 呼ば 言う ナツメ社 すべて

目次ページ

物質に近い気による影響 目に見える現象を起こす一 気の研究は行なわれているのか いろいろな方面で研究が進む一 気はどうやって測定するのか 身体を使って測定ー 測定器で気を測ることはできるのか 〇コラム気を使うとスーバーマンになれるのか ー 38 水を使って測定ー ー 46 Chapter 2 ) 気は電磁波の一種 ? 電磁波とは何か 電磁波と気の関係ー 電磁波は人体に影響を与えるのか 電磁波のメリットとテメリットー 人体以外にどのような影響を与えるのか さまさまなトラブルも発生する一 電磁波はすべて危険なものなのか ? 使い方次第で有益にも危険にもなる一 電磁波解明のために行なわれた研究 徐々に進められた実験ー 赤外線とは何か ? 本来は目に見えないもの一 遠赤外線はものを暖めるものなのか ? さまさまな効用を持つ一 紫外線とは何か ? テメリットのイメージが強いが・ 太陽からも電磁波が放出されている もっとも強い電磁波を出す一 電磁波と気には共通点がある 本質の解明には時間がかかる ? ー 気や電磁波は周辺環境の影響を受ける ーー 48 ー 52 54 ー 56 ーー 58 ーー 62 64 ー 66

8 0 っ乙 4 ′ 0 7 フ / 7 気が有効利用されはしめている一 回転して伝播する性質 「円偏波」の電波とは一 気を集めるアンテナ 円偏波との類似点から考えると一 ◎コラム気はどのくらい遠くまで伝わるのか Chapter 3 ) 気は人体にどう影響するのか 気があるからこそ人は生きている 気の強さ、質は人によって異なる 気の性質は後天的な要素の影響が大きい 気は感じることができる カリスマは感しとりやすい力強い気を発する一 気を発すると体表の温度が変化する 気功師が気を発するときの身体の変化ー 気を発すると表皮が振動する 振動の周波数 8 ヘルツの謎ー 気を受けたときの身体の変化 血液循環や脈拍の変化ー 気を受ける人は発する人に同調する 測定結果は一定ではないが一 緊張すると気に変化が表れる 交感神経が優位になる一 病気と気にはどのような関係があるのか 病気になるとマイナスの気を発しやすい一 強い気を発するにはどうすればいいのか リラックス状態になること一 気をコントロールすることの副作用 間違った使い方をすると危険ー ◎コラム気を集めることは可能なのか ー 76 気の影響 2 4 6 8 8 8 ーー 88 ー 92 ー 94 ーー 96 ー 98

Chapter 4 ) 気と経穴の関係 東洋医学で考えられている「気」とは 先天の気と後天の気 「気」から「血」が作られる 陰陽五行とはどのようなものなのか 気功のはじまり 鍛錬を重ねて心身を鍛える硬気功 生きていく上で不可欠な物質ー 生命力を生み出す源一 気と血の生成・消費のシステムー 東洋医学の中核となる陰陽五行説ー 4000 年前から行なわれていた ? 武術気功と呼はれる一 人体に 361 個存在する経穴 癒しの気功ー ◎コラム気と超能力には関係があるのか 鍼灸治療への影響ー 経絡の状態を診断する A 経絡敏感人の経穴を刺激すると一 経絡の存在を証明した研究 経絡によって結はれている経穴ー 経穴にはどのようなものがあるのか 経絡は経穴を結ぶネットワークー 気の流れる通路、経絡 経穴と五臓の密接な関係ー 経穴を刺激して気をコントロールする 4000 年の歴史のなかで育まれてきた治療法ー 経穴はどのように発見されたのか 経穴を刺激すると反応が起こる理由は一 経穴は気の出入り口である ツボ、経穴とは何か 東洋医学を支える軟気功 ーー 100 ーー 102 ーー 104 ーー 106 ーー 108 ーー 1 1 4 ーー 1 1 6 ー 1 1 8 ーー 120 ーー 122 ーー 124 ー -126 ーー 128 ーー 130