無頼のススメ

キーフレーズ

自分 人間 思い 考え 言っ 世の中 日本 無頼 生き 思う 戦争 考える 子ども ギャンプル 生きる 空海 一人 王羲之 言う 相手 言わ 日本人 他人 仕事 人生 一つ 時代 伊集院静 人として 生きもの 大事 イデオロギー 正義 色川 誰か 思っ 身体 学校 大人 死生観 生まれ できる 知っ 最後 感じ 教え 持っ 選手 当たり前 スマホ 言葉 書い ビギナーズラック 子どもたち 行っ そういう 繰り返し 見え 違い 小説 考え方 シェイクスピア 行く 死ぬ 流れ 言い フォーム 七難八苦 ススメ 編集者 伊集院 二十年 フェニキア人 確か 正体 お金 同じ しよう 終わり 世界 作家 違う 呼ば 作品 出合い頭 セックス 絶対 最初 姿勢

目次ページ

無頼のススメ : : : 目次

「頼るものなし」ということ 正義など通らないのか世の中た 正義を声高に語るなイデオロギーは若者の流行病 生きものとしての勘を磨く 違和感を大切にするビギナーズラックを忘れない すぐ役立つものはすぐ役に立たなくなる 情報より情緒を身につけよ早さと要領ばかり考えない 人とつるます、「孤」を知ること 金持ちの八割は悪党と思え自分の正体を見きわめる 願わくば七難八苦を与える 苦労は買ってでもしなさい 金は熱いうちに打て「ここぞーで頑張れるか 理不尽こそが人を育てる 人は基準から逸脱する建前は裏切られる面倒な作家が編集者を伸ばす

2 例えば「無頼の流儀」とは 無頼で小説が書けるか滅亡の情念を忘れない 物乞いをするのは廃人と同じ 健康は自分が決めること物乞う人に与え続けるか先へ進んでこそ中庸 終わリなき愚行への想像力を 日本はまた戦争をするのか己れの怒りを抱けるか 同時代を生きる者の責任 恋愛は出合い頭、セックスという「小さな死」 恋は一目でするもの いっか別れはやってくる 愛する人の死が教えてくれた 亡くした妻のこと流れのような死を想う 人間は何をするかわからない生きものだ 「いい人」のほうが恐ろしい 人間の抱える悪を見つめる 104 怖がって大勢に流れる