物語ビルマの歴史 : 王朝時代から現代まで

キーフレーズ

ビルマ 英国 アウンサン アウンサンスーチー ラングーン 日本 日本軍 インド 植民地 独立 民族 社会主義 ビルマ語 カレン 上座仏教 軍政 少数民族 ビルマ国 東南アジア ナショナリズム 軍事政権 パサバラ 総選挙 政府 国民 人々 ミャンマー 国家 民主化運動 バモオ 問題 民主主義 その後 ドミニオン タキン インド人 民主化 国軍 米国 ネイウイン インド帝国 王国 統治 首相 自分たち 中間層 存在 関係 中国 以降 ヤンゴン 政治的 ビルマ共産党 一九 参事会 国際社会 自分 政治 英緬戦争 総督 中心 年代 王朝時代 根本敬 ナショナリスト 意味 支配 この国 認め 英国政府 英軍 協力 経済 大統領 歴史 大学 ヨーロッパ 博士 憲法 多く ウー・ヌ 下院 運動 マンダレー 植民地支配 ティンセイン 政治家 共産党 実施

目次ページ

物語ビルマの歴史す目次

序章ビルマ ( ミャンマー ) という国 1 ビルマかミャンマーかーー・国名をめぐる基礎知識 2 国土と自然環境 3 多民族・多言語・多宗教の国 コラム 1 ビルマ人の名前 コラム 2 ビルマのことわざ 第 1 章王朝時代のビルマ 先住の人々 2 上座仏教 3 ビルマ民族の王国 4 最後のビルマ王国ーー・コンバウン朝 英緬戦争とビルマ王国の終焉 コラム 3 『ビルマの竪琴』という幻想

コラム 4 ビルマ最初の王は選挙で選ばれた ? 第 2 章英国植民地下のビルマ・ 1 押しつけられた国家 0 9. 2 段階的な自治権付与 3 植民地軍からのビルマ民族排除 4 首都ラングーンの変貌 コラム 5 ビルマ米はどこへ何のために輸出されたのか コラム 6 ラングーンの路面電車とトロリーバス 第 3 章ビルマ・ナショナリズムの擡頭 1 ビルマ人中間層とナショナリズム 2 仏教青年会 3 西欧人に対する「パゴダ内土足禁止ー運動 -6 9. 109 125 0 ′ 1 。 7