裸の王様・流亡記 (角川文庫)

キーフレーズ

私たち 堀内 俊介 沢田 太郎 大田 後藤 油川 ネズミ 自分 感じ 子供 課長 兵士たち 山口 人びと 人間 考え 長城 学生 日光 部屋 皇帝 匂い 農学者 仕事 イタチ アンデルセン 眺め 思っ 裸の王様 ひとり 広場 しよう 局長 言葉 夫人 審査員 相手 事務所 聞い 表情 なかっ 描い なんの デンマーク 流れ トラック 時間 気配 歩き 行商人 説明 消え 発見 城壁 子供たち 入っ 児童画 知ら 走っ 画塾 殺し 一枚 まったく イメージ しかし 思い 思う 百姓 兵士 すべて はじめ 歩い 衝動 学校 絵具 瞬間 地方 彼ら 見る 一本 一日

目次ページ

裸の王様 なまけもの 流亡記 解説 目次 村松剛一一七七

大田太郎は山口の紹介で・ほくの画塾へくることになった。山口は小学校の教師をするかたわ ら自分でも画を描いている男である。抽象派のグループに属していて、展覧会があると学校を 休んでも制作にふける。太郎のときも、ちょうど個展の会期に迫られていたので、自分の担任 クラスの生徒でありながら、・ほくのところへまわしてよこしたのである。学校から帰ると夜し か制作する時間がないので彼は多忙をきわめていた。 「・ほくの 。ハトロンの一人息子なんだよ。個展がすんだら、あとはひきうけるから、それまで なんとかしてやってくれよ」 様 しようだく 王そんなことで・ほくはむりやり承諾させられてしまった。 裸太郎と両親のことは以前にあらましを山口から聞かされていた。太郎の父は大田絵具の社長 で、母は後妻ということだった。先妻、つまり太郎の実母は大田氏の不遇期に死んで、それ以 後子供はないので、太郎はまったくの一人息子である。山口は担任学級の a„k-*<< で大田夫人と 裸の王様