コミック ボーア&ハイゼンベルク

キーフレーズ

物理学 イゼンベルク ドイツ ホーア ボーア アインシュタイン ハイゼンベルワ 電子 コペン 量子力学 ハイゼンベルク ラザフォード マンチェスター大学 ナチス ヴェルナー 量子論 ゾンマーフェルト 先生 エネルギー 研究 科学者 プランク アメリカ 原子爆弾 考え ポーア 不確定性原理 ニールス・ボーア 発見 歳歳 ミュンヘン大学 イギリス 物理学者 教授 研究所 理論 量子 マックス・プランク シュレーティンガー ーゲン 原子核 世界 科学 ニュートン 古典物理学 ジュネーヴ みすず書房 博士 説明 原子 飛躍 ベルリン フェルミ 考え方 デンマーク 自然 人間 軌道 渡辺正雄 行列力学 エリザベート 正確 たまえ 精神 発表 朝永振一郎 ノーベル賞 ミュンヘン シュレーディンガー クラーマース ゲッチンゲン大学 大学 重さ 創始者 考える 核分裂 世界大戦 仁科芳雄 ヒトラー ドイツ人 相対性理論 原理 理論物理学者 ベルリン大学 チューリッヒ 1932 キャヴェンディッシュ研究所 ホーキング 原子物理学 ライプチヒ 現代物理学 構造 できる しよう その後 スイス

目次ページ

ョ『ポーア & ハイゼンベルク』 ( 量子力学の創始者たち ) プロローグ ハインベルクの丘 第量章新しい潮流 第 2 章初期量子論の時代 第、章量子力学の完成 目次 707

第 4 章暗黒の時代 第 5 章新たなる希望 = ビ。ーグコヘンハーゲン精神 読書案内 年表 747 787 799

本書は事実に基づきながら、一部フィクションで構成しています。