不動産法律セミナー 2015年11月号

キーフレーズ

場合 管理組合 行政書士 問題 管理業務主任者 不動産 平成 法律 セミナー 個人情報 試験 区分所有 土地家屋調査士 マンション 必要 マンション管理 できる 東京法経学院 当該 相続財産 取締役会 管理 抵当権 請求 個人情報保護法 記述 出題 司法書士 年度 個人情報取扱事業者 規定 行政機関 建物 タイプ DVD 妥当 内容 取締役 マンション管理士 同法 合格 適切 正解 目的 行為 専有部分 民法 行政庁 処分 地方公共団体 区分所有法 講座 過去問 議決権 行政手続法 WMV 管理費 建築物 測量士補 定め 行う 最判 マンション管理適正化法 正しい http:// 管理規約 答練 判例 相続人 組合員 審査請求 利用 解答 ダウンロード 行政機関個人情報保護法 及び 000 有する 代表取締役 会社 契約 行政不服審査法 可能性 本問 共用部分 学習 業務 事項 施行令 知識 不利益処分 又は

目次ページ

/ ー政書士 保護法 18 条 1 項 ) 。 したがって , 本肢は誤りである。 部が次の表の右欄の目的であるときは , 個人情報取扱事業者の義務等に関する規定は , 適用されな 個人情報取扱事業者のうち , 次の表の左欄の者には , その個人情報を取り扱う目的の全部又は一 【適用除外】 したがって , 本肢は誤りである。 て , 報道機関 , 大学 , 宗教団体などがあげられ , 弁護士会は適用免除されていない。 人情報取扱事業者については , その目的によって , 義務規定の適用が免除されており , その例とし 個人情報の保護に関する法律では , 個人情報取扱事業者の義務について定めているが , 一定の個 正誤判断のポイント 解答 て , 報道機関 , 大学 , 弁護士会などがあげられる。 人情報取扱事業者については , その目的によって , 義務規定の適用が免除されており , その例とし 個人情報の保護に関する法律では , 個人情報取扱事業者の義務について定めているが , 一定の個 問題 Q 肢 1 の 保護法 17 条 ) 。 個人情報取扱事業者は , 偽りその他不正な手段により個人情報を取得してはならない ( 個人情報 い ( 個人情報保護法 50 条 1 項 ) 。 対象 放送機関 , 新聞社 , 通信社その他の報道機関 著述を業として行う者 ( 報道を業として行う個人を含む ) 大学その他の学術研究を目的とする機関もし 報道の用に供する目的 著述の用に供する目的 くは団体又はそれらに属する者 宗教団体 政治団体 ノノ / 20 ノ 5 学術研究の用に供する目的 宗教活動の用に供する目的 政治活動の用に供する目的 ーノる一 不動産法律セミナー

Q 肢 14D 問題 個人情報保護法は , 過去 6 ヶ月以内のいすれの日においても取り扱う個人情報の数が 5000 人を 超えない事業者には適用されない。 解答 正しい 正誤判断のポイント 個人情報保護法は , 過去 6 ヶ月以内のいずれの日においても取り扱う個人情報の数が 5000 人を 作成・公表などを事業者団体が処理することを期待している。 個人情報保護法は , 認定個人情報保護団体という制度を規定し , 苦情処理や個人情報保護指針の したがって , 本肢は正しい。 超えない事業者には適用されない ( 同法 50 条 ) 。 正しい 解答 問題 Q 肢 15D 外国人の個人情報は , 個人情報保護法の規制対象となる。 外国人の個人情報は , 個人情報保護法の規制対象となる。 正誤判断のポイント 民間の病院のカルテに記載されている個人情報は , 個人情報保護法の規律対象となる。 したがって , 本肢は正しい。 Q 肢 16D 問題 個人情報保護法は , 不動産法律セミナー 誤り 解答 その目的規定である 1 条において , ーノ石ー プライバシーの権利を明示している。 ノノ / 2 硼 5

正誤判断のポイント 個人情報保護法は , その目的規定である 1 条において , したがって , 本肢は誤りである。 行政書士 プライバシーの権利を明示していない。 個人情報保護法は , 高度情報通信社会の進展に伴い , 個人情報の利用が著しく拡大していること にかんがみ , 個人情報の適正な取扱いに関し , 基本理念および政府による基本方針の作成その他の 個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め , 国および地方公共団体の責務等を明らかに するとともに , 個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより , 個人情報の有 用性に配慮しつつ , 個人の権利利益を保護することを目的としている ( 同法 1 条 ) 。 正しい 解答 ている。 問題 Q 肢 1 の 個人情報保護法は , 個人の人格尊重の理念の下に個人情報を慎重に取り扱うべき旨を明文で定め 国および地方公共団体は , 本法律の趣旨にのっとり , 個人情報の適正な取扱いを確保するために したがって , 本肢は正しい。 ている ( 同法 3 条 ) 。 個人情報保護法は , 個人の人格尊重の理念の下に個人情報を慎重に取り扱うべき旨を明文で定め 正誤判断のポイント 個人情報保護法では , 個人情報について , コンピューター処理された個人情報だけでなく , 紙の 問題 Q 肢 1 の 必要な施策を策定し , およびこれを実施する責務を有する ( 同法 4 条 , 5 条 ) 。 データであっても容易に検索できる場合には個人情報とみなされる。 解答 正しい ノノ / 2 硼 5 不動産法律セミナー