新潮 2016年08月号

キーフレーズ

伯爵夫人 木下 ひなた 自分 言っ 芹沢 伊佐夫 日本 考え 思っ 自然主義 小林 見え 嘉山 言葉 言う 藤村 思い 久代 小説 自転車 世界 ミロク スイミングスクール 思う 新潮社 場所 感じ 時間 人間 聞い 蓬子 言い 河川敷 二人 生き 一人 向こう 聞こえ 知ら 言わ 見る 戦争 産土 東京 作品 物語 意味 名前 ムスビ 行っ 持っ 活動写真 作家 満州 見える 立っ 初音 できる 人たち 北海道 知っ 生まれ 田中 鞠子 アメリカ 同じ しよう 気持ち 最後 グラウンド 西田幾多郎 流れ 思わ 一つ 世阿弥 わから 一枝 そんな ホテル なかっ

目次ページ

阿部和重 転生の誕生日 宮本輝『長流の畔』を読む 小説家蓮實重彦、 小説第一作から最新作までを貫く原理とは ? 前田英樹 批評の魂日 大澤信亮 237 見えない音、聴こえない絵目大竹伸朗 最果タヒ 218 私が「私たち」だったころ 日高 優っ 20 「写真屋」の大道 生きている限り潰れない本屋 竹下恵美 ( ひなた文庫 ) 222 大塚ひかり 258 町田康『ギケイキ千年の流転 木村朗子 いしいしんじ『海と山のピアノ』 倉本さおり 262 田中慎弥『炎と苗木』 津島佑子『ジャッカ・ドフニ海の記憶の物語』谷崎山依 264 1 / 6 っ 4 第回《新潮新人賞》応募規定 誌名 + 数字ロゴタイプ / 大竹伸朗写真 / 石川竜一表紙デザイン / 望月玲子 ( 新潮社装幀室 ) 目次デザイン / 山下武夫 ( クラップス ) 本文デザイン協力 / 中島浩 Sign 'O' the Times 『伯爵夫人』を読む 主人公・二朗はいっ眠り、いつ目覚めたか ? 第三十五回 第四十三回 堀本裕樹 佐々木敦 1-6 , 4 1-6 8 19.2 つんっ ) 2 一 ) ' 4 っ 60

蠕動で渉れ、 汚泥の川を 女の子に出会うことについて」村上春樹 文鳥文庫 第二弾 「ふたり」 「刺青」谷崎潤一郎 「雪もち」幸田文 「四月のある晴れた朝にパーセントの 「雨のなかの噴水」三島由紀夫 「初恋」尾崎翠 「メリイクリスマス」太宰治 「賢者の贈り物」オー・ヘンリ 「バッタと鈴虫」川端康成 ノティわン 北町貫多、歳 生媼まつごはかり。 待望の最新長篇〈私小説 ) 一十 西村賢太 ) ぜん と、つ ー柴田元幸日訳 でい わた 汚の川を・ し雇状記 蠕動で瀑れ、 尽ュコヒ ) 手のひらに 文学を。 文鳥文庫は、長くても 十六ペー ジしかありません。 十分くらいで 読めてしまうものばかりです 慌ただしい社会で、 せわしない毎日を、 過ごしているみなさまへ ちょっと一息つきながら、 文学にでも触れてみませんか 0 0 5 税 十ッ 0 区 洋食屋〈自芳軒〉でのバイト 6 田 で脱・肉体労働を目指す貫れ代 体千 多。新しい生活にひそかな期本都 待を抱いていたが、家賃を滞中東 売 納したことでアパートを追わ発 0 れ、店主の妻に怒鳴られ、青刊 1 新。 春の前途は多難を極め : 労働、肉欲、そして文学への土 思い。善だの悪だのを超越し 英 た、ク生きるための行状記。 集 文鳥文庫 かナ、

新潮 The S ん〃訪 0 M 坊ケ A 〃 g 〃立 20 % ち 39 号 写真・石川竜一