不動産法律セミナー 2015年12月号

キーフレーズ

宅地建物取引業者 場合 土地家屋調査士 司法書士 宅地建物取引業法 試験 東京法経学院 行政書士 セミナー 不動産 平成 同法 当該 建物 タイプ 規定 DVD 問題 法律 土地 講座 建築基準法 宅地建物取引士 本問 売買契約 管理業務主任者 建築物 WMV 誤り 契約 宅地建物取引業 知識 必要 保証人 年度 出題 合格 答練 登記 ダウンロード できる 過去問 http:// 記述 債務者 内容 測量士補 テキスト 宅地 賃貸借契約 解説 施行令 都道府県知事 債務 基本 受ける 行政法 抵当権 法人 会社法人等番号 又は コンクリート 民法 業務 及び 事項 定める 定価 請求 保証 正解 建築確認 正しい 2016 マンション管理士 登記所 情報 申請 事務所 000 締結 都市計画法 固定資産税 ファイル 憲法 学習 建士 co.jp 通信教育 部分 債権者

目次ページ

それでは , この知識によって , 次の問題を解 いてみましよう。 かって国会では , 官僚が政府委員として大臣 の代わりに答弁するなど , 政治家の主体性が 問われる事態が見られたため , ] 990 年代末に 政府委員制度が廃止されるとともに , いわゆ るクエスチョン・タイム制が導入されたが , この制度では , 野党第一党の党首以外には与 党党首 ( 首相 ) との討論の機会がない。 [ 24 ー 47 ー ] ] 0 上記のとおり , 党首討論では , 野党第 1 党 の党首のみならず , その他の野党党首であっ ても , 与党党首との討論が可能です。よって , 本肢は , 「妥当でない」となりますね。 ( 3 ) 政府委員制度の廃止 政府委員とは , 国会の本会議 , 委員会等 において大臣に代わって , 法案の趣旨説明 等の答弁を行う政府職員をいいます。 従来 , 特に国会の委員会の審議において , 政府委員が重要な問題についてまで答弁を し , それが国の政策に重要な影響を与えて きました。 しかし , 政府委員は , 国民に対して直接 的に責任を負うことはなく , また , これに より , 大臣が政策を勉強しないなどの弊害 があるとの批判がされてきました。 そこで , 国会法に規定されていた政府委 員に関する規定が削除され , 政府委員制度 が廃止されました。 不動産法律セミナー 考人制度が設けられました。なお , 政府参 ることは , 合理的でないことから , 政府参 事項のすべてについて , 大臣に答弁を求め もっとも , 行政に関する細目的・技術的 考人制度は , 従来の政府委員制度とは異な っています。すなわち , 政府委員制度では , 政府側の裁量により大臣の答弁を政府委員 に代えることができましたが , 政府参考人 制度では , 質疑者の要求又は理事の協議等 が要件とされています。 ( 4 ) 副大臣・大臣政務官の設置 1999 ( 平成 (1) 年の改正前国家行政組織 法の下においては , 各省等には , 政務次 官・事務次官のポストが置かれ , 政務次官 には一般に政治家が , 事務次官には各省等 の職員が充てられていました。 しかし , 同法は , 事務次官については , 「事務次官は , その機関の長たる大臣を助 け , 省務又は庁務を整理し , 各部局及び機 関の事務を監督する。」と規定し ( 同法 17 条の 2 第 2 項 ) , 各部局及び機関の事務の 監督という重要な役割を与えていたのに対 し , 政務次官については , 「政務次官は , その機関の長たる大臣を助け , 政策及び企 画に参画し , 政務を処理し , 並びにあらか じめその機関の長たる大臣の命を受けて大 臣不在の場合その職務を代行する。」と規 定し ( 同法 17 条 3 項 ) , その役割が不明確 でした。 そこで , 国会審議活性化法は , 国会にお ける政府委員制度及び政務次官を廃止する 代わりに副大臣及び大臣政務官を新設し , 副大臣には , 能力のある人物を就かせて国 会の答弁に当たらせることを期待し , それ まで法律上の根拠なしに行われていた政務 次官会議に代えて , 副大臣会議を設け , 内 閣府及び各省の政策等に関し相互の調整に 資するための会議と位置づけました ( 同法 9 条 ) 。 ーノ 22 ー ノ 2 / 2075

市政書 ァーマで攻略する民法講座 東京法経学院講師 保証 / ー政書士 寺本康之 こんにちは。寺本ャスユキです。平成 27 年度行政書士試験を受験された皆さん , お疲れ様でした。 これまで勉強してきた成果をいかんなく発揮できた方 , できなかった方様々だろうと思います。た だ , いずれにしましても , 少し勉強をお休みして , 自由に時間を使ってみるとよいと思います。今 まで勉強優先で出来なかったことも沢山あるでしようから・・・。ちなみに , 現在 , 私の方は本試験問 題を分析し , 今後の傾向と対策を練っている最中です。これをベースにして来年度も皆さんに有益 な講義を提供していきたいと思います。また , 先日 , 特定行政書士の認定考査がありました。今年 が初めてであったため , どのような内容になるのかが注目されていたのですが , 結局のところ , 行 政書士試験で問われる内容と大差ありませんでした ( 行政手続法 8 問 , 行政不服審査法 8 問 , 行政 事件訴訟法 4 問はまさに行政書士試験と同じような内容でした ) 。したがって , 個人的にはできた と「思います」が ( 笑 ) , 行政法の勉強からしばらく離れてしまっている実務家の先生方の中には , 考査用に初めから勉強をし直したという方も多かったようです。何が言いたいのかというと , 特定 行政書士の法定研修は登録後速やかに受講した方がよい , ということですね ( 笑 ) 。こちらの方も これから少しずつ情報提供をしていこうと思っていますので , 楽しみにしていてください。 さて , 今回は , 「保証」のテーマを取り扱います。この「保証」は , 出題パターンが沢山あるの で , 完璧に押さえることが難しいテーマです。保証単独で出題されることがあるのはもちろん , 連 帯債務との比較や弁済との関連で出題されることもあります。また , それだけではありません。記 述式で問われたこともありますね。このように , 保証は頻出テーマではあるものの , 完全にマスタ ーすることは少々厄介です。そこで , 今回は , 保証のテーマを横断的に理解してもらうために少し 細かい知識まで押さえていただこうと思っています。一読の上 , 確認問題にチャレンジしてみてく ださい。では , 参ります。 龜保証 保証債務とは , 債務者が債務を履行しない場合 , これに代わって債務を履行するため保証人が負 担する債務である ( 446 条 ) 。保証は , 人的担保の代表である ノ 2 / 20 ノ 5 ーノ 23 ー 不動産法律セミナー

く保証のイメージ > 主債務 債権者 【用語の確認】 B が A に対して負っている債務 を「主債務」または「主たる債 務」と呼ぶ。また , B のことを 「主債務者」または「主たる債 務者」と呼ぶ。 主債務者 負担立 部分 : 100 保証債務 0 分 部 日一 負 人 o 証 保 2 法的性質 ①付従性 ( 物的担保と共通 ) 保証債務は , 主債務が履行されない場合に , 主債務に代わって履行するものであるから , 主債務 の存在を前提とし , 主債務に従たる性質を持っている。これを , 保証債務の付従性という。 具体的には , 主債務が成立しなければ , 保証債務も成立しない ( 成立の付従性 ) 。また , 主債務 が消滅すれば , 保証債務も消滅する ( 消滅の付従性 ) 。もっとも , 主債務は , 現実に発生している 必要はない ( 付従性の緩和 ) 。これらの点は物的担保と同じである。 そして , 保証債務は , その内容や態様において主債務よりも軽いことは差し支えない ( 一部保証 は可 ) が , 主債務よりも重くなってはならず , 重い場合には , 主債務の限度まで減縮される ( 448 条 ) 。そして , 保証人の意思によらず一方的に債務が加重されるのは , 妥当でないので , 主債務者 と債権者の合意で主債務が加重されても , 保証債務は加重されない ( 内容の付従性 ) 。 もっとも , 保証人が特の保証債務につき : 違約金や損害賠債の額を予定するごどは 3 許される ( 447 条 2 項 ) 。この場合には , 保証債務の目的や態様が主債務よりも重くなっているのではなく , 保証債務の履行を確実にすることが意図されているにすぎないからである。 消滅の付従性については , 民法に特別の規定が用意されている。すなわち , 保証契約締結当時に 主債務者が制限行為能力者であることを知っていた保証人は , 主債務が制限行為能力を理由に取り 消された場合 , 同一内容の独立の債務を負担したものと推定される ( 449 条 ) 。制限行為能力により 取り消される債務であることを知って保証人になる者は , 主債務が消滅しても債権者に損害を被ら せない意思だと考えられるからである。 もっとも , 449 条の反対解釈として , 制限行為能力以外の取消原因 ( 詐欺・強迫 ) を保証人が知 っていても , 本条の推定は働かない。 ②随伴性 ( 物的担保と共通 ) 保証債務の随伴性とは , 保証債務によって担保されている債権が譲渡された場合 , 保証人に対す る債権も , それに伴って移転するということである。 ③補充性 ( 人的担保特有 ) 保証債務の補充性とは , 保証人は , 主債務者がその債務を履行しないときに初めて , 自己の債務 を履行する責任を負うということである ( 446 条 ) 。主債務によって満足することができる場合には , あえて保証債務から満足を得る必要がないからである。このことから , 保証人には催告の抗弁権 ( 452 条 ) と検索の抗弁権 ( 453 条 ) とが認められている。この点は後で詳細を述べる。 ーノ 2 ィー ノ 2 / 20 ノ 5 不動産法律セミナー