月刊Gun 1982年3月号

キーフレーズ

000 500 スライド 800 200 300 インチ ポルト セフティ 700 コクサイ トリガー レミントン スプリング リコイル Gun マガジン ワルサー スズキ エキストラクター マルシン マグナム 249 カートリッジ M92 アメリカ モデル アメリカ軍 モデルガン 品番 400 ライフル 600 ケース 送料 1982 ホルスター 銃身 ハンマー 使用 ガバメント 900 フレー ABS オート べレッタ ハドソン テスト 全長 U. グリップ CMC カービン 現金書留 MGC ライフリング オリジナル 特集 実物 機関銃 GUN 付き 9. タイプ 100 サイト コルト 新品 カタログ 重量 カスタム ナイフ Minimi デリンジャー 写真 ストップ メカニズム 遊底 357 場合 キャップ ストック 発射 モテル バレル トンプソン 口径 109 良品 キャリアー

目次ページ

」を 2 △ F N 社のインストラクターによるデモンストレーション射撃。 260 発目はコック・オフしなかった。 " ( N A T 0 ) 最も寿命が短いものて、 20 , 000 発のエキストラクター スプリングと銃身があげられている。 ( 注 : 銃身は毎分 。数発ずつを断続して発射する場合 , 毎分約 35 発を消 85 発を数発ずつの発射て、使用する場合の寿命てある ) 次 費する速度て発射すると , 450 発目て 34 秒後にコック・オ に 30 , 000 発のメイン・スプリング , 続いて 40 , 000 発のノヾ フが起こった。同じように 440 発を発射した場合 , コッ ク・オフは起こらなかった。 ( N A T 0 ) ッファー・スプリング , ガス・シリンダー , エキストラ - 6 ~ 7 発ずっ , 毎分 85 発相当 , つまり毎分 12 回から 14 クターがあげられる。他の部品はすべて 50 , 000 発以上の 回の断続射撃を行なう場合 ( これが戦場て、最も一般的な 射撃に耐える強度を持っという。 用法だろう ) , 銃に装着された 200 発の弾薬を消費しきっ この結果は , 連続発射による耐久力テストを進め , 作 動不良が起こり , 部品交換の必要が生じた時点をチェッ てもコック・オフは起こらなかった。この射撃法て銃身 を冷却することなく断続発射すると , 340 発目て初めて クしたものだ。 のコック・オフが 45 秒後に起こった。 " ( アメリカ軍 ) 現時点て、は残念ながら命中精度 ( アキュラシー ト ) のレポートを入手することが不可能て , これについ いずれも常温 ( 約 20 ℃ ) のもとて行なわれたテストだ。 ては次回にゆずりたい ては , 1 発目の弾が装填され , 撃発 , 発射されないま FN 社のレポートては , 1981 年前半まて、に 100 余丁の ま , 次弾が装填される場合はどうなるだろう。普通この X M 249 E 1 を含む Minimi シリーズが生産され , それらに ような故障ては , 次に装填される弾薬の先端が前の弾の よって 40 万発の F NUS S 109 弾を含む 100 万発以上の弾 雷管を突くと撃発が起こり , 重大な事故になる。 薬が発射されたという。 。 X M 249 E 1 は , ダブル・フィーディングに対し , 次弾 中ても , 100 余丁の内の丁は , それだけて 80 万発の の装填角度を調整してあり , 仮に未発射の弾薬が薬室内 弾薬が発射されたが , 重大な故障 , 事故を経験していな に残っていても雷管をさける位置に弾頭が進むようにな いと誇らしげに結論しているのが印象的だ っている。 銃の威力については , FN 社が Minimi シリーズと共に 気になるのは , 軽量小型を押し進めた X M 249 E 1 だけ 開発した s s 109 弾と深く関係しているのて , 次項て弾 に , 各部品とも小型化 , 軽量化されているため耐久性に 薬と共に述べることにする。 欠けるのてはないかという点だ。現在入手てきるレポー トては次のような結果が出されている。 G un

△ 45 度に傾斜したキャリング・ハンドルはこのように銃が右側に開 き , 足に弾薬箱が当たらないように設計されている。 XM249E1 と寥用 FN 。 SS109 弾 XM249E1 の原型 , FN ・ Minimi 力す, 専用弾薬と共に 開発されたことはすて、に述べた Minimi 専用弾として開発されて , 現在供給されている のは , 通常弾 ( ポール ) の SS109 弾と曳光弾 ( トレーサー ) の L 110 だ。 S S 10 9 , L 110 共に X M 249 E 1 と同時に仮 制式に加えられ , それぞれ X M 855 , X M 856 のトライア ル・ネームが仮制式名となった S S 109 , L 110 のほか , F N 社て、は徹甲弾 ( アーマー ピアシング ) P 112 を発表している。 FN 社て、設計されたこれらの 3 種類の新型弾の特色は , アメリカ軍が制式にしている M 193 , 5 . 56mm X 45 弾とほ とんど同寸 , 同形の外見ながら , より強力 , 特に遠距離 に朎ける威力を高めた点にある。 て、は , まず代表的な普通弾 ( ポール ) を比較してみよう。 寸法はケース長 45mm , 全長 57.3mm と同一だ。重量は , U. S. M 193 が 12 g に比較すると , S S 109 は 12.3 g とやや 重い。寸法的に大きく異なるのは弾丸の部分だ S S 109 は 23mm と長く U. S. M193 の全長 18 .8mm に比べ , なり , 重量も 3.565 g から 4 g と重くなっている。 U. S. M193 の初速と S S109 を比較すると , 508mm の銃 身から発射された場合 , 前者が 995m / 秒 , 後者は 947.5 m / 秒となる。しかし 300m 地点て、は , M193 が 677m 秒 , S S 109 が 670 m / 秒とほば同一になる。さらに 600 m 地点になると M193 の 402m / 秒に対し S S109 は 434m / 秒とより高い速度を保持し続ける。 s S109 は , 小口径高速弾の欠点て、ある , 飛行中に加 速度的に速度を減少させる点を改良した点が特色といえ 初速は U. S. M 193 に比べ S S 109 の方がおそいが , 反 面 , 弾丸重量が大きいため , より大きな初活力 ( エネル ギー ) を持っている。 そして遠距離て、速度を減少させがたくした点と , 弾頭 55

BALLE TRACANTE し 110 編物・増・コ減・ m 朝を 2 載算引 △ L 1 1 0 トレーサーの弾頭部。 ミ驕置 45 M 1 ミ第 45 - W ? 55 18 地・第をに 4 望 BALLE 55 ' △ s S109 の弾頭部 ( 上半分は鉄 , アとして入れられている ) 。 ・ u 01 下半分は △ S S 77 ( 7.62mm x 5 1 N A T 0 ) , M 1 93 ( し S. 制式 5.56mEX45 ) , FN ・ SS109 の外観図。 DIAGRAM?Æ 5 ENERGIES ロト E 0- に S RESIWELLES SS109 u.S. M ー 93 SS77 PAR UNITE SI-RFACE V S S 77 , IJ. S. M 193 , S S 109 の弾道低進性を表すグラフ。 300m と とられている。 たて軸はエネルギー量 ( ジュール / mm2 ) , 横軸は飛行距離 ( m ) が u. S. M 1 93 , S S 1 09 とも X M 249 E ーを用いている。 △ S S 77 , I.J. S. M 193 , S S 109 のエネルギー量の減少グラフ。銃は 600m に於ける低進性が示されている。 TRAECTaRES PROECTILES 2 ・ SS77 U.S. M ー 93 5. ・ 55 556 ・ M 1 SS ー 09 SS77 SS77 56 SS ー 09 にスチール・コアを入れた構造から , 徹甲能力は U. S. M 193 に比べ S S 109 が大幅に増大している。例えば , U. S. M193 て、は現用のアメリカ軍ヘルメットを 500m 地点て、撃 ち抜けるが , S S 109 を使うと 800 m 地点て撃ち抜く がて、きる。 NATO 標準装甲板は , U. S. M193 て、 425m , S S109 て、 620m 地点て、撃ち抜ける。この性能 , 特に 600 m 地点に於ける N A T 0 標準装甲板の徹甲能力は 7. 62mm x 51 N A T 0 弾に勝る結果が出た。 弾丸部分 L 110 や P 112 もアメリカ軍用のものに比べ , が長く , 重く作られてより遠射に有利に設計された。 通常弾 S S109 がその特殊な弾丸の構造から , 大きな 徹甲能力を持っており , 別に徹甲弾を加える必要がなか ったため , X M 249 E 1 は , 普通弾 S S 109 ( X M 855 ) と曳 光弾 L110 ( XM856 ) の 2 種類の弾薬のみアメリカ軍用仮 制式となったものだ。 XM249E1 は , 分隊自動火器という性格上 , 単純なプ ロテクションをした敵との遭遇戦を想定しており , 装甲 車に対する攻撃はこれより上のクラスの通常機関銃の分 担すべき目標となる。そのような理由から , 大きな徹甲 能力を持つ普通弾 S S109 て、十分な働きが期待て、きると 判断されたわけだ。 SS109 を XM249E1 て実射するとどうなるだろうか ? 前出の U. s. M193 と s S109 の比較データはあくまて、テス ト用銃身を利用したプラクティスなものだ X M 249 E 1 て , S S 109 を発射すると , N A T 0 標準装 甲板は 620m 地点て , 西ドイツ軍ヘルメットは 1 , 120m 地 点て , U. S. ヘルメットは 1 , 300m 以上の地点て、それぞれ 撃ち抜ける。これは , 7.62mm x 51 N A T 0 弾と比べても はるかに優れている。 7.62mm x 51 は N A T 0 標準装甲板 Gun