週刊エコノミスト 2017年2月14日号

キーフレーズ

リチウムイオン電池 中国 日本 電池 米国 2017 企業 可能性 航続距離 向け トランプ政権 世界 市場 前年比 情報 リチウムイオン 韓国 % 電気自動車 トランプ氏 大統領令 フランス 技術 パナソニック 事業 全固体電池 拡大 開発 コノミスト 電解液 設備投資 サムスン 共和党 メーカー 正極 必要 電解質 生産 従業員 オバマ政権 国内 経済 大統領 部材 つながらない権利 13. 政策 現在 中田 負極 トランプ 米大統領 100 できる 車載 指数 9. トランプ大統領 テスラ 補助金 考え 工場 研究開発 アウトパフォーム 2016 編集部 GDP 規制 多発性硬化症 欧州 期待 セパレーター スマホ 安全性 製造業 材料 買収 社長 天皇 問題 販売 患者 価格競争 証券会社 研究 政府 予想 トップ

目次ページ

CONTENTS 2017 本誌記事は日経テレコン 21 、 ELNET 、ジー・サーチ、ダウ・ジョーンズ・ファ クティバ、ジャパンナレッジ、毎日 News パックのデータベースに収録されていま す。また、週刊工コノミストのホームページで最新号とバックナンバーの目次を 読むことができます。 U RL は、 http://www.weekly-econom ist.com/ 本誌掲載記事の無断転載を禁じます◎毎日新聞出版 2017 214 電勉バブ 18 リチウム電池が急拡大 世界の車が電動化する 一種市 房子 欧米メーカーが EV 注カ 21 23 電力システム制御の「定置用」 24 25 部メーカー担当役員インタビュー 荒木良副三菱化学電池本部長 高山茂樹 旭化成セバレータ事業本部長 26 Q&A リチウムイオン電池を基礎から学ぶ 28 これカーだ ! 日本企業の技術力に強み 日本は海外の戦略転換が急務 31 ■稲垣 佐知也 EV 普及の起爆剤か価格競争の号砲か 32 ■種市房子 / 土屋渓 33 サムスン、 LG も EV べンチャーに供給 ・種市房子 日の丸メーカーが招いた落日 34 ・佐藤登 電池を使うノウハウが鍵 35 ー川端由美 材料研究では日本がリード 36 ー木通秀樹 ・「車向けは第二の波次世代電池も開発進む」 吉野影 FIash! 1 1 入国制限は米国企業にも打撃 / シムズ教授インタビュー / FTPLで論争 / タクシー初乗り値下げ 第一三共社長人事 / マッタとトヨタの提携に陰り / 偽造肝炎薬は裏ルート ■貝瀬 斉 典善 ー黒政 ・種市 房子 ■鷹羽 毅 ・和島 英樹 台頭する中国部材メーカー バナソニック・テスラ連合 航続距離の競争 リチウムの次は何か 38 15 ひと & こと 2017.2.14 工コノミスト 7

CZAPEK G E N E V E GEN& レ E SAT. MA D E GPHG REVEALS MORE THAN THE TIME この時計は時間より多くのものを明らかにします。 Czapek ( チャベック ) 社は、チェコ生まれのボーランド人である天才的なウォッチメーカー、 Franpois Czapek ( フランソワ・チャヘック ) により 1845 年ジュネープに設立されました。彼は、 Antoine Norbert de Patek ( アントワーヌ・ノルべール・ド・バテック ) とともに運営していた patek, Czapek & Cie. ( バテック・チャベック社 ) の契約終了後、自分の時計会社を設立しました。彼はおそらく時計史上では初のウォッチ・プティックを バリのヴァンドーム広場に構え、やがてナポレオン 3 世の御用時計職人となりました。彼は、ボーランド語で書かれた初のウォッチメイキンクに関する 書を著し、その後 1869 年、ミステリアスに歴史の第台から姿を消しました。 2013 年、ファインウォッチメイキンクに深い鑑識眼をもつ 3 人の起業家が Czapek プランドを復興させるために集まりました。彼らの志は、 Czapek のスピリットとスタイルにできる限り忠実であるということでした。 2015 ~ 16 年、世界中 100 人以上の時計愛好家により Czapek 社は 復活しました。彼ら愛好家は、プランド復興のために資金を供給するという、ウォッチメイキングの世界においては、かってないもっとも刺激的な 冒険のひとつに乗り出したのです。今日 Czape 土は、時刻の計測ということを通しての美しさの表現に挑んでいます。そしてそれを実践することで、 未来を変えることができるのです。 PIJB 凵 C PRIZE CZAPEK. com THEWESTIN TOKYO ノーブルスタイリングギャラリーウェスティンホテル東京 03-6277-1600 / 三越名古屋栄 052-252-1 1 1 1 NobIe StyIing c. 03-6277-1604 www.noblestyling.com https://www.facebook.com/noblestyling N 0 B L E S T Y L ー N G G A L L E R Y

CONTENTS 2017 214 工コノミスト・リボート デザイン一浅野康弘 82 蜜月なしの IOO 日間 大統領令乱発のトランプ政権 海底の地形を 1 OO % 解明へ ウェブレンが指摘した五輪熱狂の危うさ 北海道の鉄道は航空とのコラボに活路 早耳アナリストは価値失う 武田が大型買収で繰り返す「高値づかみ」 仏で始まった「つながらない権利」 三原色独立発光は大型化困難 lnterview 4 2017 年の経営者辻庸介マネーフォワード社長 44 問答有用 中田郷子認定 NPO 法人 MS キャビン理事長 「独立した立場で、信頼ある情報を伝えていきます」 WorId Watch 大統領の保護主義はナバロ氏との出会いから ワシントンロ C ・今村 卓 ダボスで世界トップ宣言・金子秀敏 中国視窓 N. Y. / カリフォルニア / 英国 61 韓国 / インド / フィリビン 62 台湾 / ロシア / UAE 習主席が自由貿易の擁護演説■岩田太郎 謳壇・論調 Viewpoint 3 闘論席■佐藤優 1 7 グローバルマネー「物価水準の財政理論」は「成長理論」ではない 42 名門高校の校風と人脈 @ 大村高校 ( 長崎県 ) ■猪熊建夫 48 学者に聞け ! 視点争点経費削減に偏る民間活用■伊集守直 50 言言語語 64 アディオスジャパン⑩・真山仁 66 海外企業を買う⑩ウェスタン・デジタル・岩田太郎 68 東弃政走時代とともに変化する「天畠像」・末次省三 85 商社の深層⑩大手商社の役員人事①■編集部 92 景気観測日本は内需回復と国内回帰で生産増■枩村秀樹 94 ネットメディアの視点天皇と首相の " 情報戦 " ■山田厚史 96 アートな時間映画 [ ナイスガイズ ! ] 97 美術 [ ティッィアーノとヴェネッィア派展 ] 98 ウォール・ストリート・ジャーナルで学ぶ経済英語 “ Border Tax Market 書評 86 向こう 2 週間の材料 / 今週のポイント 52 『観光立国の正体』 87 東京市場■隅谷俊夫 / NY 市場■高堀伸ニ / 週間マーケット 『オバマ政権の経済政策』 88 ブラジル株 / 為替 / 穀物 / 長期金利 54 話題の本 / 週間ランキング 89 マーケット指標 55 読書日記■楊逸 90 経済データ 56 歴史書の棚 / 海外出版事情アメリカ 51 次号予告 / 編集後記 本誌に掲載している記事は、原則として執筆者個人の見解であり、それぞれが所属する組織の見解ではありません 9 ■西川 0 0 2 4 6 8 0 4 7 7 7 7 7 8 洋ッ道券薬方 --l - ■海野 光行 ■佐藤 光宣 ■杉浦 ー機 ■大川 智宏 ・村上 和巳 直子 ■福田 毅 ■服部 中田 郷子さん 8 9 0 3 5 5 6 6 2017.2.14 工コノミスト