リアル鬼ごっこ

キーフレーズ

佐藤 王様 リアル鬼ごっこ 二人 言っ 自分 鬼ごっこ 言葉 一人 お兄ちゃん 恭子 全て 表情 聞こえ 王国 追いかけ 一つ 考え 感じ 後ろ 向かっ 聞い 捕まっ 逃げ 大丈夫 様子 時間 浮かべ 見つめ 静か 久保田 言う 思っ 必死 五万人 確認 走り 佐藤翼 分かっ そして 最終日 一週間 自分たち 走っ 何度 十四年 しかし 姿 最後 ジャージ 分から 人間 入っ 今日 部屋 側近 思い 向け 一瞬 距離 気持ち そんな 逃げ切っ 一時間 可能性 なかっ 実行 立っ 恐怖 口調 違い 終了 警戒 大介 繰り返し 頷い 気づい 捕まる 再び 残り 五百万人 サイレン 開い 信じ 少女

目次ページ

て、その様子をじっと見守っていた。緊迫した雰囲気の中、近所の住民たちが何やらヒソヒ ソ話をしているのが翼の目に入った。父親の死を興味深く見つめる野次馬を怒鳴りつけたい 気分だった。それでも必死にそれをこらえて、奇跡を信じて止まなかった。 しかし : : : 奇跡は起こらなかった。救急隊員は心臓マッサージをやめて、ゆっくりと立ち 上がった。足取り重く、翼の目の前に歩み寄ると、静かに首を振った。そして、 「残念ですが : そこで言葉を切った。 「そうですか」 力なく言って、 「ありかと一つ、こざいました」 最後まで諦めずに父を助けようとしてくれた隊員に頭を下げた。 真辺りはしんと静まり返った。野次馬もさすがに大人しくしていた。目を伏せる者も多く、 目手を合わせる者も数人確認できた。 四父の遺体は一度病院に運び込まれるようだ。死因やら何やら調べる必要があるらしい。父 は救急車にかつぎ込まれた。サイレンは鳴らさず、灯りだけを回したまま、車は動き出した。 翼は救急車が見えなくなるまで目を離さなかった。救急車が遠ざかるに従い、野次馬の数

110 も段々減っていった。 ひとり取り残された翼は大きく息をついて、それからようやく家の扉をそっと開けた。 「翼 ! お帰り」 奥から母の声が聞こえてくる。その声に翼は驚いて、 「母さん ! 帰って来てくれたの ? 」 嬉しさのあまり、自然と声のトーンが上がる。母は不思議そうな表情をして言った。 「何言ってるの ? もう ! 翼はとばけてるんだから」 呆れた様子で笑みを浮かべて、 「さあ、寒いでしょ ? 早く入りなさい」 と言って母は居間へと歩いて行った。翼はその言葉に一瞬戸惑ったものの、靴を脱ぎ捨て て、足早に母を追いかけていった。 「おう、翼 ! お帰り」 居間では父が温かく迎えてくれた。 「あ、ああ、ただいま」 今までにない父の優しさに驚き交じりの返事しかできなかった。

「どうした ? そんな所に立ってないで座ったらどうだ ? 」 翼は「あ ? ああ」と小さく頷いてから居間をぐるりと見回して、 「それよりさ : : : 愛は ? まだ帰って来てないの ? 」 父と母の顔を交互に窺った。それを聞いた途端、二人の表情は一変した。 ひどく落ち込んだ様子で肩を落とした父は、 「愛は : : : 愛はな : ためら 躊躇って、そこから先をなかなか言わない父に焦れったさを感じて言った。 「何 ? 愛がどうしたんだよ ! 何かあったの ? 」 「夂は : : : 」 輝彦が辛そうにその先を言おうとした時、時計の時報が鳴り響いた。 午前一時の時報と共に温かい家族は消え去っていった。ハッと気づくと翼は暗闇の居間に 真突っ立っていた。急に悲しみが押し寄せてきた。十四年目にして初めて知った母の死、それ 目を言い残しあっけなくこの世を去った父。 四あまりに辛い出来事の連続で翼の精神状態はポロポロだった。この家を出て行ってから一 ヶ月後には死んでいた母をいつまでも信じて、迎えに来てくれるのをただひたすら待ってい たなんて : 。そう考えると、一体、何を信じればいいのか分からず、思わず、その場に膝