戦車マガジン 1979年10月増刊号

キーフレーズ

Kfz 戦車 装甲兵 250 グラードル FuG 搭載 ドイツ MG34 車両 ソ連軍 7.5cm ソ連 装甲 部隊 戦車師団 写真 Mittlerer プリャンスク 戦闘団 戦車砲 機械化歩兵 3.7cm 武装 機甲 装甲兵員輸送車 Schützenpanzerwagen 251 主力戦車 ドイツ軍 MG42 Leichter 装甲車 無線 対戦車砲 車体 歩兵 乗員 生産 弾薬 1943 無線機 突撃砲 中型 開発 司令部 機銃 師団 SdKfz バルト 大隊長 2cm 使用 図面 記事 観測 特集 モスクワ アンテナ 運搬車 戦闘 大隊 指揮 装備 折込 カラチェフ マイバッハ Sd 偵察 開始 砲兵 造ら 出来る 増刊号 高射砲 牽引車 生産性 小隊長 自走砲 グデーリアン 道路 兵器 後期 日本

目次ページ

會円 44 年 3 月一ベルギーのハセル - ト地区において ! 西部方面軍総司 令官フォンルントシュテット元帥の視察を受ける SS 第 25 機甲擲弾 兵連隊第一大隊。手前 2 両は 80m 迫撃砲搭載の Sd K 25 リ 2 、 3 両 目は 25L / 9 。人物は向かって右から $S 第に戦車師団長ビイットいヨ 人おいてルントシュテットに↓人おいて後の鉄兜が同連隊の第一大 隊長。次いで LSSAH 師団長デイトリッヒ , その後の皮コトが連 隊長・・バンツアーマイヤー " SS 中佐である。 ー・弾薬運搬専用車としては Sd Kfz25 レ 4 型が造られているがツ了写真の 2 D 型は標準型 2 引で臨時に弾薬運搬用として使っているところ . 右のタイガ 1 型は第 507 重戦車大隊のマークを付けているのでヨ 9 = 日堡戦時の撮影と思われる 44 " のレ

をー第を第 を、會 250 ンリーズと同様に生産性の向上に重点をおいて装甲ボディを 、新しくしたのが 25 レ D 型である。→。生産数も円 43 年 9 月から終戦まで の問には万両以上とにシリズ中では最も多い 9 。写真は貨車輸送中 の 2 引第 D 犁。 篳 44 年秋頃のポーランド戦線である自転車を押す避難民を横に。 見ながらい前線べと向かう 25 レ型 9 = 厳重なカ年フラジと防盾 ~ の機が 42 にた 「を、ををしを 35

會米葷の奇襲を受けて機関室側部に被弾 3 大破炎上する 25 し勹 D 型 9 ヨ 0cm 級の榴弾によるものと思われる命中個所の破壊がすさましい。 コ 944 年夏のフランスにおける撮影。 ・円 4 イ年冬のアルデンメ戦通称バルジの戦いにおる ? 引物 0 型、。 白い塗装をしていても、新雪のなかではミんなも目立、側は : 37mmPaK 付きの ? 引 / だが , = = , D 型べースの型の時、住は。ま、 つと珍しい存在でる ・い諸第、 3 ー、第を . 36