最後の歌姫

キーフレーズ

ジョセフ バルダ ジャスミン リーフ トーラ ジョーカー ゼアン シャーン グラ・ソン マナス ルーカス 言っ 歌姫 ラネッシュ ベルト 黄金色 トパーズ クリー スライム グルス 部屋 みなみ チャベル 丿 エメラルド オパール 言葉 人びと 四人 ドラン ダイアモンド ーフ 大王 デル 上げ マリリン 自分 衛兵 国王 スカール デルトラ・クエスト リリン 灰色 ショセフ マスク 番人 手紙 怪物 開い 三人 リタス 思っ こがねいろ ネズミ 大理石 われら なわばり 最後 死ん 怒り アメジスト 邪悪 宝石 知っ ふたり プルーム 触手 そして 思い 病気 すべて みつめ ラピスラズリ 入っ 言い 歌声 二面 わかっ ばくは 伝染病 王国 階段 ロウソク ポケット テープル

目次ページ

言 7 一どんでんがえし あたま ーフは頭をかかえこんだ。ど、つして気づかなかったんだ ? ジョセフは体が かれ へや 弱っていた。彼がみていたのは、もとから部屋にあったものにきまっている , かお ーフは顔を上げた。ラネッシュはリーフをじっ ラネッシュのせきばらいに、リ かみたば そらいろ とみつめ、空色のリポンで束ねられた紙束をさしだしている。 「ジョセフが書いた本だ。あんたにもらってほしいと言ってたよ。ジョセフの つくえ 机から取ってきてはあったんだが、いまわたすのがいいかと思って」 リーフはそれを受けとると、ラネッシュをよろこばせるために、リポンを解い た。題名の書かれた最初のページをめくり、つぎのページに目を落とす。 ねんかん まえが それは、目次でも前書きでもなかった。『デルトラ年鑑』から書き写した話だ。 しん リーフは体の芯まです、つつと冷たくなった。 題をみて、 よわ ほど 248

170 どんでんがえし うたひめ 四人の歌姫 ねんかんしゅうろく 『デルトラ年鑑』収録テナ・ ードソングの話より きょ よんしまい むかし ぎん はるか昔、『銀の海』にうかぶ美しき島に、四姉妹が住んでいた。清ら あま かな心ににあう甘い声のもち主で、名を、フローラ、ピバ、アクア、テラ といった。四人は、 ) 。つからとも知れぬほど長いこと、島でくらしていた。 あたた うた 姉妹は、ともに歌うことを愛し、その歌声は夜となく昼となく、暖かい なが そよ風のように島中を流れた。ときおり船が通りかかったが、たいていの どうぶつ ふなの 船乗りは、姉妺の歌声を、のすれあう音や、くさむらの動物たちが立て なみ すな る音、打ちよせる波の音や、砂の流れる音たと思ってしまう。ほんのひと にぎりの者だけが、甘い歌声がきこえると言ったが、みなからばかにされ るのがおちたった。たが、それが歌声だと知る者たちは、死するその日ま 、ったごえ ふね

か 人 そ の き で し そ は げ は の は た あ の 沈えし で 歌え法 て り し め 狂 と 黙をば 、姫使 何彼日に き に ら に 島 っ 島 い も は は し 包豸く は の た 四え魔また に び は か フ し ま 四 魔 み き 四 も 姉し法歌え ひ ロ 使声ー め れ と 法 ち は 姉 が て た り フ をし使 る な 妺 い を ゆ の の 順ゆ い 美 さ を る 歌 カ ・ - ごわ で イこ、す 魔 歌 声 れ 捕とせ に は 声 し れ 法 が 襲 い ら な を わ さ て る 使 つ 止 い 影と も え い 耳 づ ま の 平 っ 歌 は け マ 和ゎ夜 島 年 し の は た た 姫 は と ン 分 を ト 保をな 四 そ そ で か 网若れ し た く に つ ひ き の つ 失ヒ か ぎ と 身みれ 昼 い を る た に り を し に た と が き 土 べ ひ 包豸 な つ ら 地 気 ァ ピ と み く べ っ を 悪た バ り 歌えつ づ 求 フ の 。殺ら め い た 歌 し 法 そ あ 幽で よ て 声 い 閉は し て の い 島 も い し 老も て のち 止 成の っ を そ た の 中 : ま ク た 手 し の 歌 だ て 美 つ ア に 心ん の た と 声 い し 地ち 時 た の ア た お 四 も て フ う