黄泉がえり (新潮文庫)

キーフレーズ

黄泉がえり 雅人 マーチン 秀哉 中岡 義信 玲子 言っ 周平 熊本 優一 自分 雅継 児島 カワヘイ 三月二十五日 瑠美 社長 青葉 熊本市 川田 相楽 黄泉 遙子 二人 思っ 塚本 克則 思う 答え 帰っ 聞い 山田 思い 大沢水 三池 電話 考え 平太 一人 六本松 六本 しよう 母親 今日 父さん 入っ 地震 持っ 言う 三人 義父さん わから 死ん 父親 お父さん 兄ちゃん 課長 一つ 人間 華江 由高 先代 知っ わかっ 常務 わかる 家族 市民 言葉 見え 会社 滝水 生き返っ 見える 変わっ 現象 仕事 表情 行っ 感じ 清典 そんな 時間 言い 復活 お願い 私たち 子供

目次ページ

黄 泉 113 カゞ ぇ り と ら る の る と し他川環ま はお がれと そ そ 、の田境あ述 の 死 い て い 。席局平保 のそ画 記 亡 オこ っ べ お に長太全 ら異事 し調 届 ハ て整 解 ヨ 着 間 た の局 れず 例 カ の し済 を 、局 く ち こ長ワ 、の中 ま前 も 縫 へ 、一事で 戸 こ長て と カゞ り に次だ吐イ後 のがおす 嘘は 消 つ 日答 り 、々 の法カ だ て し つ ん ま ぞ企と 発 だろ 熊 に 申 の の 目リ 臨午るす 。画部 う本お生 す 日 ⅱ月 時後 0 午調屋 よ も市け の 相 し 庁は市 後整に た午 次 る っ ん の 議九長 一局入 に 。対死後 ぐ 番 と州は ま応亡 と か - つ い市 つだが届がら 熊 に う長翌 た 状注 く の 、市 本 。況目取 客 ' 役 市 ム 日 っ る り観 所 カ がさ に先北 九 。最 ワ見れ消的市 所 な立九 州 彳麦 る し に民 ん る ち州 と と イ が述課 、市 着 濃 ら結 冫去・ と べ窓 理 い 糸目・ んば務 ら い で 事開 と のれ省れに の つ て管完て死 か の に ス い 車害弯 い亡 にれ な は も た でた届 る ん ツ 出九 を 肥 か 。取 席州 ら 着 之 市原 り に因消 な長 市 日 け会 長 報 っ申 れを 社 が ド艮 ⅱ月 ば予 カゞてが 早 部 な な も集 い触中 ら し な れす て 口一一 = ロ

「あれ、議会事務局長は、来とらんね」 市長が言うと、男が一人立ち上がった。 「今、ちょっと議会の各派団長に捕まってまして動けんのです。代わりに私が出席しま した」 男は議会事務局の次長だった。 市長は、うんとうなずき、企画調整局長に合図した。彼が司会を務めるのだ。 「それでは定例の翌日ですが、急々の案件が発生しましたので、この点につきまして御 え検討頂きたいと思います。詳細については、市民生活局長の方から報告下さいー 市長応接室が、凍りついたように沈黙した。視線のすべてが一点に集中した。市民生 せき 泉活局長が立ち上がり、最初に大きく咳ばらいした。表情にも戸惑いが見え隠れしている 黄 「すでに、お聞き及びかと思いますが、昨日午後から、死亡届の取り消し申請が相次い でおります。市民課窓口に四十七件、市民センターが十二件です。直ちに担当者が事情 すべて死者が帰宅したためにということで、そちらに今、匿名 聴取にあたりましたが、 にはしてありますが、申請者の状況を一覧表にまとめたものを、お回し致します」 皆が、受けとった数枚のレジュメに目を走らせるなか市民生活局長の説明が続いた。 「状況は以上の通りです」 こうとうむけい 説明は終わり、しばらく皆が黙りこんだ。あまりにも話が荒唐無稽すぎて議論の切り 114 とくめい

出しに迷っているようだ。 「死者が帰宅したって、そりや、死人が生き返ったてことだろうもん。そんなこと、こ れ迄聞いたこともありまっせんが、何か、意思が働いてるんかなあ。そんなこと、ある かなあ ? 市民病院で、そんな生き返った例はあるのかね」 市民病院長は、自信をこめて答えた。 「死後数年して生き返るなど、天の摂理に反しています。また、そんな例は世界中探し てもありません」 え当然の答えだった。参加者全員がううむ、と眉をひそめる様子は、あたかもこの場が がマフィアの幹部たちが密談を交わしているようでもある 泉「常識で考えられん申請が続くということは、目的は他にあるんだろうか ? 何か、組 黄 織的いやがらせの可能性は、ないのか ? 申請者に何か共通点はないのか ? 市長は、頭をひねりながら、市民生活局長に質問した。 「現段階では、申請者もその家族にも共通性は見当たりません。住所も、職種もすべて ばらばらです。共通点は、死者が帰ってきたのは月曜日以降ということだけです」 「いやがらせの可能性も、ないとは言えない。調査して下さい 「わかりました」 「徹底的に調査して下さい 115 まゆ