PANZER(パンツァー) 1979年12月号

キーフレーズ

戦車 イギリス 大隊 ドイツ 中隊 銃架 機甲師団 機関銃 300 トラック 部隊 装備 イギリス陸軍 機甲 西ドイツ 司令部 250 歩兵 フランス 榴弾砲 アメリカ ハーフ 軽戦車 陸軍 センチュリオン 砲兵 M60 対戦車ミサイル 師団 偵察 車輛 カノン砲 中戦車 自走砲 戦闘 対空 本部 搭載 k. 機関砲 装甲 アメリカ陸軍 口径 車体 小隊 編成 陸上自衛隊 地上軍 装甲車 フェレット ルノー 工兵 チーフテン 重戦車大隊 ソ連 シリーズ 1943 兵員 牽引車 T 1 生産 駆逐戦車 開発 ティーガー イスラエル ナポレオン 写真 M16 1942 シャシー 対戦車砲 500 800 カラー 特集 連隊 ドイツ軍 試作 テスト 日本 マーキング オートカー 迫撃砲 大戦 野戦 105 野戦砲

目次ページ

イギリス陸軍 技術と運用の両面に 多くの革新を断行する を材諸第地、 12A ット対戦車無反動砲を装備した FV439 自走砲。チーフテンの砲塔側 西ドイツで訓練する BAOR のチーフテン Mk. 2 と FV432 にウオムパ 面には目が画かれているのに注意 H. Nakajima イギリス陸軍は、イギリスが元 来海洋国であった関係からあま り重要視されていなかったか、 19 世紀に入って海外の領土が飛 躍的に増大したことによって、 その警備の必要から次第に増強 された。しかし、その陸軍も第 1 次大戦後大巾に縮少され、 れに代って軍の近代化が促進さ れた。イギリス陸軍が質的に または用兵思想的に世界をリー ドしはじめたのはこの時からで あって、この傾向はそのまま現 在に引きつがれている

THE BRITISH ARMY 川井幸雄 19 45 年 5 月 7 日、対ドイツ戦の勝利の日、イギリス陸軍 はヨーロッパと東南アジア戦域に、 6 コ機甲師団 ( ョー ロッパ方面 3 コ、イタリア 2 コ、本土 1 コ ) と 25 コ歩兵 師団 ( ヨーロッパ方面 9 コ、イタリア 6 コ、本土 5 コ、 東南アジア方面 5 コ ) 、 2 コ空挺師団などよりなる 5 コ軍 2 コ軍集団を保有していた しかし、大戦の終了後は、アメリカ、ソ連の台頭に対 して、イギリスは植民地の独立や国内経済の疲へいによ って軍備の大巾な縮少はまぬがれす、国防関係の支出は 減少の一途をたどった こうして現在のイギリスは、総人口 5670 万名に対して 志願兵制度の下に、陸・海・空軍の合計 31 万 3252 名、そ のうち陸軍は約半分の 16 万 873 名を保有しており、さらに これを支える陸軍予備 17 万 6500 名 ( 国防義務兵 / 志願予 備役 6 万 700 名をふくむ ) を持っている。 現役部隊は、イギリス本土、西ドイツ、プルネイ ( ボ ルネオ ) 香港、キプロス、シプラルタル、べリーゼなど に配備されている。このうち、 NAT() 軍のメンバー て西ドイツに配備されているイギリス・ライン軍団は最 も強力な地上兵力であり、西ドイツ、アメリカの両軍と ストールワート燃料タンク車から補給を受ける FV434 作業車左とチーフテ ン Mk. 3 戦車。ストールワートの優秀なステアリング性能は、このような 軟弱地での行動も苦にならない

第蓍当第 演習において偵察行動中のスコーピオン軽戦車。大戦前の Mk. Ⅳ以来の伝統を復活させたイギリス独特の 偵察用軽戦車で、対戦車戦闘、火力支援も行える H. Nakajima 止を FV701 フェレット 偵察装甲車。野戦 における偵察と植 民地警備用に開発 された小型車輛 オリジナルは写真 のように機銃を持 つだけだが、最近 これにスイングフ ァイア・ミサイル を装備した車体も