PANZER(パンツァー) 1979年7月号

キーフレーズ

戦車 ソ連軍 ドイツ軍 ドイツ 機甲師団 300 アレキサンダー 部隊 機甲軍団 イギリス 師団 ソ連 車体 アメリカ 車輛 機関銃 装甲車 攻撃 250 装置 歩兵 M60 マケドニア 作戦 Strv 装甲 ダリウス トラック 自走砲 フランス 装備 中戦車 戦闘 開発 オーストラリア 対戦車砲 軽戦車 センチュリオン 103 射撃 履帯 クルスク オランダ 重戦車 日本軍 アメリカ陸軍 機甲 機関砲 突撃砲 操縦手 インド 照準 牽引車 ベルシャ 持っ 榴弾砲 105 機甲軍 対戦車ミサイル APC 大戦 砲塔 生産 できる 装甲列車 ヒトラー 駆逐戦車 昭和 マンシュタイン ミサイル アレキサンダー大王 カラー チモール島 tank 巡航戦車 BMP グーデリアン 兵力 写真 使用 シリーズ 搭載 特集 陸軍 南方軍集団 戦車連隊 ソビエト

目次ページ

機いし攻 むし耗に 進け消よた てはんきれ し。とっさ 指隊んい返 目部とてし カ輛は撃押 フ車カ反に ロの戦の点 ホ団に軍動 ロ軍い連発 プ甲戦ソ勢 中部ロシアの原野 に残骸をさらす T 34 戦車。しかし彼 らにはこののち後 退はなかった 1 ← 第一 減少した。 7 月 10 日には , 師団は南および南西に向きを を示している。この情景はしばらくの間くり返されて 変え , 左翼のソ連軍部隊を掃討するよう命令された。戦 車連隊 , 偵察隊および自動車化連隊は 243.0 高地方面に すさまじい航空部隊の支援を受けて , GD 師団はその 後進撃のスビードが上がった。 243 高地と 247 高地を奪い 進出し , そこから北へ向かうことになっていた。 これらの部隊はクルグリク南方の 247.0 高地を奪取し , とり , ソ連軍歩兵部隊と機甲部隊はドイツ戦車の猛攻を 次いでそこから , ソ連軍が第 3 機甲師団の進出を阻止し 受けて退きはじめ , べレソフカの北にある森の中に逃げ ているべレソフカの北方の森に向かうことが予定され こんでいった。 GD 師団と第 3 機甲師団に挾撃された結 た。この攻撃にあたっては空軍が強力な地上支援を行う 果 , ついに産翼のソ連軍は掃討され , ドイツ軍は北方へ の進撃を再びはじめることができたかに思われた。 ことになっていた。 7 月 11 日 , 第 48 機甲軍団司令部は GD 師団の部隊がそ 航空攻撃はすさまじい効果をあげた。偵察隊の戦闘日 の夜のうちに第 3 機甲師団と交代するよう命令を発し 誌には , この攻撃について次のように記されている。 た。すなわち , G D 師団は 260.8 高地の南方を走る道路 ー感嘆のまなざしで , われわれはスツーカ ( 急降下爆 上に集結し , 北方への攻撃を準備するよう命令された。 撃機 ) が連続して , そして驚くべき正確さでソ連戦車 第 9 軍の攻勢が失敗した点からみると , この地区におけ を攻撃するのを見つめていた。次から次へとスツカ る進撃が成功することに作戦の望みが託されたのだ。 の編隊がソ連戦車の頭上に爆弾を叩きこんでゆく。ビ 7 月 11 ~ 12 日の夜 , GD 師団は計画にしたがって第 3 ッと光る閃光は , また別のソ連戦車がやられたこと 73

車が 牽車 連 トた 、。工れ れは 一、、第さに 破付 : 、を三をい第 ある。全戦線にわたって撃破されたソ連戦車の数も莫大 機甲師団と交代をはじめたが , 歩兵連隊は不安を抱きな な数に上ったのは事実であったが , 代って新品の戦車が がら移動を開始した。交代の最終段階においてはげしい たえず戦闘に加入してきた。その戦闘原則を忠実に守っ ソ連軍の砲撃を浴び , また銃砲声を耳にしながら壕をあ てソ連軍は新しい部隊を投入しつづけ , その予備兵力は とにした。 GD 師団の将兵が抱いた恐れは不幸にも現実 となった。すなわち , その夜第 3 機甲師団は , GD 師団 無限かと思われた。 7 月 13 日午後 , 第 48 機甲軍団長フォン・クノーベルス の移動によってあいた跡を埋めることができなかったの ドルフ大将は G D 師団の戦闘指揮所に姿を現し , 北方へ である。 の進撃についてはもはや望みはなくなったと述べた。 7 月 12 日の朝 , G D 師団はノヴォセロフカの北で 13 日 早朝にはじめられる北方への突破攻撃の発動を待ちなが 7 月 12 日と 13 日の両日 , 第 3 機甲師団はすさまじいソ 連戦車の攻撃を浴びてべレソフカを失い , ラコヴォとク 7 月 12 日は師団の将兵にとっ ら道路上に集結していた。 ルグリク間の道から撃退され , 247 高地を捨てざるを得 て初めて戦闘がなかった日であった。この戦闘の休止時 ない状況に立たされた。ソ連軍はさらに増強されていた 間には , 弾薬や燃料を補給し , 前線基地では行える限り が , 第 3 機甲師団は戦力を消耗し , 西からのソ連軍の攻 の修理を装備に対して施した。 撃を阻止することはできなくなっていた。 北方へ出た偵察隊の報告によれば , ノヴォセロフカに 7 月 14 日 0600 時 , G D 師団は再び西に向けて進撃をは はわずかな兵力の部隊が残されているものと思われた。 じめた。右翼においては , 偵察隊 , 突撃砲部隊 , 歩兵 1 はげしい砲声が西より轟き , 第 3 機甲師団からの報告に コ中隊 , 戦車 1 コ中隊からなる戦闘団が 247 高地に進撃 よると , これからの突撃にあたっては勇気がわいてくる するために編成された。中央正面では戦車連隊と歩兵部 ような状況ではなかった。 隊が 243 高地に突進し , 左翼正面においては , 歩兵部隊 7 月 13 日 , 北方に対するパトロールは強化されたが , がヴェルホペニエの北を攻撃し , べレソフカの北にある 予想された進撃命令は出す , その代り隣接部隊から悲し 小さな森を最終目標として突進することが予定されてい むべき報告がもたらされた。最も北に進出していた SS 機甲軍団および第 11 機甲師団に対して強力なソ連軍の反 た。 師団が行動を開始したときからはげしい砲撃を浴び , 撃が行われ , とくに戦車部隊が大きな損害を受けたので

その日の朝 , 北および西より行われた数次にわたるソ連 方部戦区では 80 輛のパンター戦車が投入されたが , 7 月 軍の反撃は撃退された。そして GD 師団の進撃は予定ど 14 日にはわずか数量しか残っていなかった。 おりはじめられ , 243 高地を再び奪いとることに成功し 戦線は , 北部戦区における第 9 軍が 11 , 南方部は S S 機甲軍団の進撃が 140 の地点に達したが , いずれに 一方 , ソ連軍の逆襲で激戦にまきこまれた右翼の戦闘 しても力がつきて立ち往生してしまった。第 4 機甲軍と 団の攻撃はあまり進まず , 中央部および左翼においては 第 9 軍が合流するには , なお両軍が 100 近く進出しな 多数のソ連戦車が撃破され , ソ連軍歩兵は大きな損害を ければならなかった。第 48 機甲軍団は , 南方部戦区では 受けて西方へ後退した。 最も防禦の厚い正面に突入し , 装備と士気にすぐれたこ その日の午後 , べレンフカにおいて G D 師団はようや の軍団も , 最初の目的地であるオポャンのはるかかなた く第 3 機甲師団と連絡がとれ , べレンフカ村の北にある で戦力を消耗しつくし停止してしまった。 小さな森を確保するのに成功した。しかし , クルグリク チタデレ作戦っいに中止 のすぐ南方にある丘からソ連戦車を追い払うのは不可能 であることが明らかになり , ン連軍はここから強力な反 では , 第 48 機甲軍団のとなりの戦区を受持ち , 南方部 撃をかけてきた。日没までにソ連軍は莫大な損害をこう 最大の機甲戦力を持っていた S s 機甲軍団の戦況はどう むったと見られ , 重要な地点は再びドイツ軍の手に帰し であったのだろうか。 この部隊は , 第 1 s s 機甲師団アドルフ・ヒトラー , 0 こうして左翼における危険な状況は緩和され , 第 3 機 第 2 S S 機甲師団ライヒ , 第 3 s s 機甲師団されこうべ 甲師団に対して支援を行うことができるようになった。 の精鋭 3 コ師団よりなり , 戦車 , 突撃砲約 700 輛をもっ しかし GD 師団の戦力は , ソ 連軍の打撃力が目にみえるほ ドイツ軍前線 7 月 4 日 ドイツ軍の最大進出地 ど低下していないのに対し , 攻撃計画 10 日間にわたる激闘の結果 , 危険なほど低下していた。か えってソ連軍の打撃力は相対 的に強化されていたといえよ 7 月 14 日の夕刻までには , ドイツ軍の攻勢が完全に失敗 したことが誰の目にも明らか になった。攻勢の初期におい て予期されていたよりも , 縦 深が深く , かっぴっしりと地 雷が敷きつめられたソ連軍の 防衛戦を突破することは困難 であることが判明した。大量 の兵員と資材を冷酷に投入す る恐るべきソ連軍の反撃は , ドイツ軍に脅威を与えた。 ドイツ軍の損害は大きく , とくに戦車の喪失はどの戦線 においても莫大な数に上っ た。また , グーデリアン将軍 の予言どおり , パンター戦車 は期待にそうものではなかっ たことも明らかになった。潤 滑油および燃料などの給油装 置の防禦が不充分で簡単に炎 上した。攻撃の初期には , 南 オリョール ミ 4 大 第 9 軍 クルスク ヴォロネジ・ セイム川 フ。ショル川 タマロフカ 第 4 機甲軍 ケンプフ集団 / 、リコフ 0 ビエルゴロド ツイタテル作戦 ウォロシロフグラード・ 7 5 5 0 0 マイノレ 75