週間エコノミスト 2017年7月4日号

キーフレーズ

認知症 日本 2017 投信 保育士 米国 アミロイド 開発 % 投資 市場 前年比 高齢者 運用 可能性 企業 アセットマネジメント インフラ ファンド 人件費 中国 問題 必要 治療 100 患者 投資家 長期金利 保育園 できる 指数 プラック インド アクテイプ 資金 神経細胞 英国 保育 世界 脳動脈瘤 事業 場合 成長 介護 考え 現在 衛星 上昇 手術 コノミスト 資源 銀行 9. アリセプト 経済 水谷 タカタ ネスレ 廃棄物 13. 通信 会社 アルッハイマ 債券市場 臨床試験 利上げ 注目 オリンパス 今後 期待 インタ 資金調達 年間 ロシア 編集部 000 前月比 環境 費用 対象 認知機能 発電設備 ション 従業員 2.0 インデックス

目次ページ

手スカバーは 5 月に、低軌航計画をより良く改善でき、自然災される。中でもトヨタ自動車が共同ジウムだ。高度 780 キ。の低軌道に 個の衛星を打ち上げ、コンステレ 道衛星通信棗者のレオサットと戦害の回避や遅延・混乱の抑制につな研究開発を行い、更に「未来創成フ 略的パ 1 トナ 1 シップと出資に関すがること、あるいは飛行機が着陸、アンド」を通して出資をしている米 1 ションを組み、地球規模での衛星 る合意を発表した。同社は今後最大整備する前に、飛行機やエンジンの べンチャ 1 、 E は注目だ。携帯電話システムを構築、年から 10 8 機の低軌道通信衛星を配備状況が遠隔把握できるようになり、同社は衛星通信を受信するための平商用化が始まった。 し、衛星間通信を用いたネットワ 1 メンテナンスのスピ 1 ドアップが可面型かつ小型の受信アンテナを開発 しかし、当時は電話機自体が大き クを特徴とした、低遅延かつ高セキ能になるという。 しており、次世代低軌道衛星通信網く高額だったことなどもあり、加入 ュリティ 1 の通信を可能にするとい 船のコネクテッド化も取り組みが とともに、コネクテッドカ 1 実現の者数が少なく、また懸念されていた う。また衛星通信大手のは 進む。日本でも国土交通省による— ための地上側の重要技術として注目 インフラ投資負担の重荷も重なり、 年に中軌道衛星通信事業者の 0 。を活用した海事産業の生産性向を集めている。また昨今— o 用の棗開始後 1 年で破産手続きとなっ を買収している。 上に向けた研究開発支援の取り組み無線技術として注目を集めるた。ィリジウム計画が構想から実現 が行われており、動揺・操船シミュネットワ 1 クを提供するシグフまで川年を要している間に、セルラ レ 1 タ 1 による運航支援、船体モニ 拡大が見込まれる需要先 オックスも自社ネットワークの補完 1 方式による携帯電話システムの技 タリングによる安全設計、船用機器・としてェアバスが発起人となる衛星術が進化したことも大きい 世界の名だたる企業、勢いのある システムの予防保全などの研究に日通信プロジェクトに参画している。 この年間で ( 工由産業は大きく変ト 新興企業が次々と参入する次世袋本郵船、商船三井、スカバ低軌道通信衛星コンステレーショわった。衛星の打ち上げ費が安くなス 軌道衛星通信網が目指すのは、まず、 e も参茄している。 ンには、過去に苦い事例がある。 1 り、衛星の小型化も進んだ。孫正義ミ 光ファイバ 1 のバックホール回線 コネクテッドカ 1 も特に緊急車両 990 年代にモトロ 1 ラが推進した ソフトバンクグループ社長は、決算コ ( アクセス網と基幹通信網をつなぐ などを中むに衛星通信の利用が期待衛星による携帯電話システムのイリ 説明会で既存の無線通寝術についエ 回線 ) がない地域や、航空機、船舶 て「最後の 2 % ( の通信が届かない などの通信手段や通信量が限られる 地域 ) というのは、本当に設備投資 一方で、効率化を目指してますます などにお金がかかり、投資効率が悪 デ 1 タ活用のニ 1 ズが高まりつつあ い」とその限界を語る一方で、「 ( 既 る機器への新たなアクセス手段の提 襄術で ) 携帯事業社が 1 社で、一 供である。さらには世界的に拡大が つの国で 1 兆円、 2 兆円使っている 期待される通復能を搭載したコネ のに対して、全世界をカバ 1 するワ クテッドカーへの応用などで、—o ンウエプにかかる設備投資と固定資 e ( モノのネット ) 化の進展とも言 産の合計が 1 年間で 1000 億円ち ス える。 よっと」と既存技術との薊兀性や投 ネ 航空機の— o 化は既に進んでい 4 資効率を強調する。今後、実現に向 ジ る分野だ。航空字宙大手ハネウエル・ けて衛星の開発・製造・打ち上げが ビ ェアロスペ 1 スによると、詳細な気 進むであろう次世軌道衛星通信 宙象情報が取得可能になることで、運 網の動向に注目だ。 低軌道衛星通信の仕組み 信号 高度数百 ~ 2000 キロ 7 す 2017.7.4

日本の ispace ( アイスペース ) か運営する HAKUTO ( ハクト ) が今年、国際コンテスト で月に送る探査車 ( 右 ) 0 宙産業を推進するためのけた動きも始まろうとしている。今 く石 法整備が本格化しようと年 3 月、国連宇宙空間平和利用委員 弁 所 している。 会 (00A-DO(f) 、コ 1 パス ) では 務 日本政府は、内閣府字宙政策委員宀工由資源開発が初めて議題として取 長律 ねオ法 会が 5 月肥日に発表した「宇宙産業り上げられた。 ひ さ ビジョン 2030 」において、宇宙 コ 1 パスのメンバ 1 国は、米国、 ロシア、中国、欧州各国、日本など あ、、イ 資源開発ビジネスを推進するための 西 法制度や環境整備を進める方針を示カ国超に上る。国際宇宙法の憲法 した。 」島 たる「宀工由条約」 ( 1967 年発効 ) ず 宇宙資源開発については、多くのをはじめ、数々の宇宙に関する国際 み 国がこれを有望な産業と位置付け、 ル 1 ルが作られてきた。 関連分野の法制備を積極的に進めよ 米げ 、つとしている。 カギは所有権 その先頭を走る米国は、世界で初 ただ、 3 月開催のコ 1 パスでは、 めて商用資源開発を認める「商業宇 急。 宙打ち上げ競争力法」を 2015 年宀工由資源開発に関するル 1 ル作りに め を 月に制定した。字宙ビジネスへの ついて、各国のスタンスの違いが早 源 投資に積極的なルクセンプルクも近くも浮き彫りになった。米国代表は 資 くの法律を制定工疋で、アラブ宇宙資源開発のための国際枠組み 宙 宇 首長国連邦 (> ß) など複数の国は、「法的にも実務的にも必要性がな るる がこれに続く動きを見せている。 い」と消極的な姿勢を示した。 国際的な法整備の枠組み作りに向 これに対して、国際的な枠組みで の協議が必要であるとし 度 て、米国の姿勢を厳しく ュう 批判したのがロシアであ る。また、宇宙分野の発 ) ( 】展目覚ましい中国は、字 源臀 宙資源開発がもたらす利 資も ~ 益の途上国への分配を強・ ゴ作 ' & 宇宙の分野でも自国第 宙本 0 一主義に立とうとする米 国と、これを国際枠組み WNARXPRIZE 0 の中で抑え込もっとするロシア、中 国。宇宙資源開発のルール作りをめ ぐって、大国同士の主導権争いが始 まっている。 宇宙資源開発ビジネスは遠い将来 の話ではない。潜在的な市場規模は 数兆円とも数十兆円とも言われてい る。 宇宙資源開発は、第一に、小惑星 などで採取した資源を地球に持ち帰 って利用するビジネスを指す。月や 小惑星などに眠るプラチナなどの希 少金属を採掘し、利用するビジネス の検討が始まっている。 早期に開発が進むと見られているト のが月だ。宇宙輸送べンチャ 1 の米ス ム 1 ン・エクスプレス社は、年に ノ 月の土を持ち帰って販売する事業にコ 工 乗り出す「主疋であることを明らかに している。 第一一に、宀工由資源の字宙での利用、 特にエネルギー資源として利用する ピジネスの構想がある。こちらの方 がより将来の発展が見込まれ、重要 性が高い。月の商業利用の収益だけ で、年までに億ドル ( 約 2200 億円 ) 近くまで拡大するとの市場予 測もある。 月や小惑星には、主に氷の形で水 が存在していると考えられている。 源は、電気分解により水素を生 成し液黛寸の形でエネルギー源 として使用することができる。 2017.7.4

~ 〉産業領域への波及効果が会では、最も権威ある国際宇宙法学には国際的なル 1 ル作りが不可欠と 期待でき、技術力を有す会をはじめとして、 ( 工由資源の所有なる。世界ではそれに向けた議論も 「 ( 編る日本の産業全体にとっ権を認めることができるという見解既に始まっているが、各国の利害は てチャンスとなる。たとか有力である。だが、企業としては複雑に絡み合っている。 えば、地球からのロ 1 本格的にビジネスに乗り出す前提と 国際枠組みは必要ないとしたコ 1 第 1 の操作や探査デ 1 タのして、また投資資金を呼び込む前提 パスでの米国代表の発言には、商用 送受信は通信会社の新たとしてこの点を明らかにしてほしい 宇宙資源開発を認める国内法を先行 な事業領域になるし、宇ところだ。 させて自国企業による字宙資源開発 宙資源開発の拠点の設置米国の商千宙打ち上げ競勇法を推し進め、先行者利益を得る意図 があると言われている。 には、建設会社や重機メは、そのような観点から宀工由資源に 1 カーの技術が不可欠と対する所有権を明小的に認め、宇宙 3 月のコーパスの議場で、「宀工由資 なる。 現在、宀工霑動に必要な燃料はロ 資源開発ビジネスを推進する狙いが源開発につきステ 1 クホルダーが密 ケットに積んで地上から運び上げる しかし、日本は字宙資源開発ビジある。 に協力していくことが重要」と述べ、 ほかないが、地球外にある資源でエネスのための資金調達環境という点 宇宙資源開発に前向きな姿勢を示し ネルギ 1 を供給できるようになれで、大きく後れを取っている。 た日本は、今後どう動くべきか 先行者利益狙う米国 ば、宀工霑動のコスト効率が劇的に 小惑星資源開発の米プラネタリ まず、日本の字宙資源開発関連産ス 改善する。そのため、字宙資源開発 1 ・リソ 1 シズはこれまでに数十億日本も字宙関連ビジネスの法整備業の振興及び国際競争力確立のた に大きな期待がかけられている。 円規模の資金を調達し、昨年にはル に早している。昨年Ⅱ月、ロケッめ、日本政府は早期に国内法や制度コ 日本国内にも、字宙資源開発を牽クセンプルク政府から約億円の投 トや人工衛星の打ち上げ許可などをの整備を進める意思を明らかにすべ工 引するべンチャ 1 企業が登場してい 資受け入れを発表した。また、同様定めた「字宀動法」と、衛星デ 1 きだ。また、宇宙資源に対する所有 る。その一社、 ( アイの事業に取り組む米ディ 1 プ・スペタの取り扱いを規制する「衛星リモ権を認めることを表明した上で、字 スペ 1 ス、東都港区 ) は資源探査 1 ス・インダストリ 1 ズも、多額の 1 トセンシング法」の二つの宀工由関宙資源開発に必要な法制度を早急に 車 ( ロ 1 1 ) を開発し、月面での資金を調達している。 連法を成立させた。宇宙資源開発に整備すべきである。国際的なル 1 ル 資源開発を目指している。同社は今 資金調達に影響を及ばす大きな要ついても積極姿勢を打ち出してお作りの文脈においても、日本が他国 年 3 月、月の資源開発でルクセンプ因のひとつは、国内法整備の進展具り、昨年の国会で字宙資源開発産業に後れを取ることなく、ル 1 ルメ 1 ルク政府と連携することを公表する合だ。 の振興が決議され、また国内字宙政カ 1 として主体的に参茄していくこ など、国際的な注目度も高い 宇宙資源開発ピジネスは、民間企策のロードマップ「字宙基本計画工とが強く期待される。それは日本の 2 そもそも字宙資源開発は日本のお業が採掘した字宙資源に所有権が認程表」で宀工由資源開発へ向けた取り国内法にのっとって宇宙資源開発に ス 家芸である。日本の無人探査機「はめられることを大前提にしている。組みの強化が盛り込まれた。だが、関連する事業を行う日本企業の竸争 ネ ゃぶさ」が川年 6 月、世界で初めてしかし、宇宙条約は天体自体の所有宇宙資源に対する所有権の成立を日力を高めることにもなる。 ジ 小惑星から物質を持ち帰ることに成を禁じる一方で、天体から採掘され本政府として認めるか否かは現時点 日本が宀工由資源開発を自国の有力 ビ た資源の所有には明示的には言及しでは明らかにされていない 功したことは記憶に新しい。さらに、 産業とすることができるかど、つかの 宙 字宙資源開発の発展は、さまざまなていない。この問題について、法学 宇宙資源開発ビジネスは、長期的分岐点はまさに今なのである。 けん 3