ダ・ヴィンチ 2016年6月号

キーフレーズ

御手洗 税別 速水 御手洗潔 横山 コミックス 作品 自分 島田荘司 石岡 日本 小説 思い 未定 シリーズ 映画 600 ミステリー ータ・・ウ・インチ 世界 作家 横山秀夫 ドラマ 編集者 言っ 429 島田 文庫 事件 物語 講談社 好き 思っ 佐藤 人間 KADOKAWA 1000 タ・・ウ・インチー 主人公 原作 仕事 http:// 感じ 読ん 考え 620 東京 連載 角川文庫 陰の季節 二階堂 時代 思う 書い 気持ち 講談社文庫 生まれ ダ・ヴィンチ 680 ミステリ アイドル 早紀子 先生 登場人物 横山秀夫サスペンス 読者 三上 発売中 時間 監督 女性 本格ミステリー マンガ 580 言葉 占星術殺人事件 写真 人生 所収 言う 発売 アンソロジー しよう 短編集 企画 コミック 630

目次ページ

甥っ子と一緒にころころと笑う早紀子は愛らしかった。会話の中 で彼氏がいないと知って、期待に胸が膨らんだ。当時、ソフトウェ アの開発・販売会社に勤務していた彼女は、年相応の大人になって いた。次の日、早紀子に電話をかけた速水は、月並みに映画へ誘っ たのだった。 「ねえ」 我に返った速水は、早紀子が目を開けているのに驚いた。 「どうした ? 」 「このこと、美紀に話すの ? 」 しい年をした母親が万引きをしたなどと言えるわけがなかった。 だが、早紀子の目は不安に揺れていた。 学生のころ、若さで眩しかったお嬢様の面影はない。自分が彼女 をこうしてしまったのだと思うと、申し訳なくなって速水は妻の手 を握った。 「何も心配しなくていい」 早紀子は両目に涙を浮かべ、何度も頷いた。彼女は自信を失って いるのかもしれない。しかし、速水は次に掛けるべき言葉を見つけ られなかった。 息苦しくなって立ち上がろうとすると、早紀子は行かせまいと強 く手を握った。しばらく見つめ合っているうちに、速水は彼女の気 持ちを察して戸惑った。 ということカ 抱いてほしい、 彼女の頭にあるのは、壊れていく自分か、家庭か、それとも夫婦 の絆か。早紀子は不安で仕方ないのだ。この状況で、夫としてでき ることは、寂しさを埋めてやることだろう。 しかし、速水は細い指をそっと解いた。 、 0 「途中で抜けて来てて : 行かなくちやダメなんだ」 両目から涙が溢れる寸前に、早紀子は一切を遮断するように布団 をかぶった。嗚咽が聞こえ、自分もこの場から逃げ出したくなった。 なぜ優しくできないのだろう。 しばらくして速水は立ち上がった。ドアの前で振り返ったとき、 危うく声を上げそうになった。 布団をかぶっているはずの彼女が自分を見ていた。涙の枯れた目 は、氷のように冷たかった。 しおた・たけし・ 1979 年、兵庫県生まれ。作家。神戸新聞 社在職中に執筆した『盤上のアルファ』でデビュー。著書に『と もにがんばりましよう』『雪の香り』『氷の仮面』など。 ( つづく ) タ・・ウ・インチー 114

校会 高員 野書 吉図に一 連載第四回 今日マチ子 原案 = 山本渚 、ーイみイ / / イ 図書委員の青春模様、ワンちゃん編第ⅱ回。彼の心にあるものは : じーちゃん じ 1 ちゃんー

主な 登場人物 将 - : 岸本一 ( ワンちゃん ) ・ ネ高校 2 年生。図書委員会委員長。 優しくて頼りになる。 将 はじめ おかえり - 」一をゝ これ 終わったらな 川本かずら 高校 2 年生。図書委員会副委員長。 本好きで明るい性格。 藤枝高広 武市大地 高校 2 年生。図書委員会書記。 - 0 高校 2 年生。図書委員会副委員長。 かずらをよくからかう。 。特進クラスでハンド部、文武両道。 コラ じやば′、も 田んば 手伝 - フー ナ長 シ靴 ほれ 言わん こっちゃ : ムフ日こそは じ 1 ちゃんに 勝つんだ いし」るか ききシ 将棋 母さんに 一言いつけるぞ 牧田先生 いつも優しく見守って くれる司書の先生。 ダ・ウ・インチー 116