月刊自家用車 2016年1月号

キーフレーズ

CVT 000 販売店 4WD AMT 2000 最新 スポーツ TOYOTA プリウス 値引き 年月日 発表 改良 価格 400 付属品 ハイブリッド タイプ 660 特別仕様車 モデル 600 800 13. カスタム 助手席 パッケージ 車両 クルマ http:// 3000 ホンダ 問い合わせ AT ハイウェイスター ニッサン ロードスター SUBARU 200 ツーリング モーターショー パワートレーン 代目 トヨタ 燃費 ターポ ラグジュアリー ホンダカーズ 2016 トランスミッション シビック 本体価格 仕様 グレード シート アルファード 0120 装備 ネッツ店 xDrive % HONDA カローラ店 ヴェルファイア ステップワゴン www プレミアム アイサイト JC08 可能性 トヨペット店 セレクション 発売日 エンジン クラス SAII 1500 全店 -1 トヨタ店 500 登場 東京 機能 NISSAN 専用 クラウン MAZDA スカイライン -4

目次ページ

、ン車の近未来そ 2 で見えたーイ TMS 2015 大予測 、 .- - , ツーを彩市賑享牢車 TMS で見つけた ! 特に注目の モデルたち 華やかなコンセプトモテルに混じって、今すぐにでも市販されそう なモテルも多数出展された。その中から本誌注目のモテルをピック ・文 . 川島茂夫 / 山本シンヤ / 横田晃・写真・奥隅圭之アップ。実現度と発売時期を予測してみた TMS で見つけた ! " ヨタハチ " 復活の可能性はまだ 50 : 50 ? 市販可能性 50 % 0 TOYO 伝わってくる。 するなどコスト意識も にはモケット材を多用 の松本宏ー氏。内装 定に」とはデサイン部 も安価に楽しめる設 市販の際には「タイヤ 特に注目のモデルたち みやすさを狙っている。完成度は高く、コスト的にも 86 より安く 2 というパッケージもふくめて、誰にでも気軽に手を出せる親し カー然としたものにならないことを意識。 5 ナンバーサイズの 2 十 という。丸みを帯びたデザインは直線基調のいかにもスポーツ れ、発売を望む声が高いが、現時点では商品化の予定はない S-FR は、かってのトヨタスポーツ 800 = ヨタハチの再来と騒が 軽量コンパクトで操る楽しさが味わえる FR スポーッカーの 誰にでも親しみやすいエントリースポーツ S-FR Concept 出せそうだが・ SPEC ( S - FR コンセプト ) ・全長 ( mm ) : 3990 ・全幅 ( mm ) : 1695 ・全高 ( mm ) : 1320 ・ホイールべース ( mm ) : 2480 ・乗車定員 : 4 名 ・駆動方式 . FR ・トランスミッション・ 6 速 MT 70 % 市販可能性 1 製品企画本部の 古場博之氏は 「 FF でも 4WD で も、とにかく走りに こだわりたい」 SPEC (LF-FC) ・全長 (mm) : 5300 ・全幅 (mm) : 2000 ・全高 ( mm ) : 1410 ・乗車定員 : 4 名 ・駆動方式 : 4WD TMS で見つけた ! 特に注目のモデルたち LF-FC レクサス版 FCV は次期 LS スタティとなるか 次世代フラッグシップ = 次期 LS のスタディ。後輪駆 動を基本に前輪をインホイ ールモーターで駆動する FCV と説明されているが、ま ずは FR べースで前輪をモー ターで駆動する 4WD ハイブ リッドが濃厚だろう。 C-HR Concept ・全高 ( mm ) : 1500 ・全幅 ( mm ) : 1850 ・全長 (mm) : 4350 SPEC ( C - HR コンセプト ) TOYOTA 市販可能性 85 % ぐ 16 年夏 ) ' 16 年春には ほぼこのままの姿で 市販型登場 C - HR は、かってのセリカの立ち位置 を狙うモテル。素性の良い TNGA プラ ットフォームは、クロスオーバーながら高 精度なハンドリングを実現しているとい 最新のレクサスデサ イン集大成といったデ イティールが随所に う。 ' 16 年春のジュネープショーで市販モ デルが登場予定というから楽しみだ。 68 ・ホイールべース ( mm ) : 2640 ・乗車定員 : 5 名

TMS で見つけた ! △ 特に注目のモデルたち 夢のように見えて案外リアルなクルマたち テアトロフォーティス ー 55A 市販可能性 40 % ( ' 18 年頃 ) インパネやシートなど はホワイトがべース。 スイッチオンで、メータ ーやナビなどが浮か び上がり、スマホ感覚 で操作できるように に u 「 0 R フツーに使いやすそうな軽自動車のスタティ これから免許を取る若い世代が、テジタルガジェットのように自在に使える真っ白なキャンバス、という のがテアトロフォーディズのうたい文句。実際には、開発中の次期ティズか、新たなバリエーション モテルのデザインの反響を見るためのスタデイだろう。キューブを軽自動車サイズにアレンジしたようなプ ロポーションはまとまりがよく、使い勝手もよさそう。フロア下にバッテリーを搭載した EV も、日産 x 三菱 連合軍だけに可能性は十分にあるだろう。 SPEC ( テアトロフォーディズ ) ・全長 (mm) : 3395 ・全幅 ( mm ) : 1475 ・全高 ( mm ) : 1630 ・ホイールべース ( mm ) : 2430 ・駆動用パッテリー : リチウムイオン グリッフスコンセフト コンセフト 2020 ウション グランツーリスモ 市販可能性 20 % 市販可能性 実車になれるか ゲームの世界から 夢で終わるかは 飛び出す時の名は 反響次第か ? GT-R になる ? 4100X1890X1500mm という手頃なサイズのクロスオーバー。北米で初めて このクルマは、ゲームソフト「グランツーリスモ 6 」の企画としてデザインされたも 成功した日本製スポーッカー、 S30 型フェアレティ Z にインスパイアされたというデ の。いかにもバーチャルな世界から生まれたテジタルデザインだが、ディテールには サインは、欧州と日本のスタジオの共作だ。まだスタティの域を出ないが、ちょっ 現行 GT - R の面影も散りばめられている。次期 GT - R がこれをモチーフに生まれる可 とそそられるフォルムではある。 能性もある。 スカイライン / フーガ クールエクスクルーシプ 市販可能性 85 % ぐ 16 年初頭 ) 工クストレイル ハイプリッド モードフレミア 上質な個性が光る オーテックの コンプリートカー 工クストレイルをベースに、オーテックジャパンが内外装をより上質に仕立てた モードプレミアは、この夏に発売されて好評を得ているコンプリートカー。ショー 出展車はダーククロームのトリムや日本未発売のキャシュカイ用のホイールなど で、さらに洗練度を増している。 69 自宝一重 2016 」 AN 市販可能性 80 % ぐ 15 年末 ) インフィニティの 工ンプレムは 全車に装着か ? ブラックのグリルやホワイトの革シートなどで、高級感を増したスカイラインとフ ーガは、年末 ~ 6 年初頭には特別仕様として登場しそうだ。今回の展示車両 には、インフィニティのエンブレムが後ろにも装着されていた。これを機に全車装 着か ? ?

TMS で見つけた ! 特に注目のモデルたち ホンダらしい技術や発想が続々と登場予定 クラリティフューエルセル オテッセイハイフリッド ハイプリッド追加でアル / ヴェルを追撃 ! 現行オテッセイに加わる待望のハイブリッドは、アコードと同 じスポーツハイブリッド i - MMD と呼ばれる 2 モーターのシステ ム。通常はモーターで走行し、バッテリーの電力が減ってくると 22 のエンジンで発電。高速走行ではエンジンで走行しながら 発電もするシステムだ。走行用パッテリーと制御装置を一体化 した IPU は小型化されて 1 列目のシート下に搭載され、ガソリン 車と同様の室内空間を確保している。燃費はライ / ヾル車よりも 良いものになっているとのこと。価格は実利のあるものと聞い たが、気になるところだ。 4 市販可能性 95 % ( ' 16 年春 ) SPEC ( オテッセイハイブリッド ) ・全長 (mm) ・ 4830 ・全幅 (mm) : 1820 ・全高 (mm) : 1685 駆動用パッテリーは 1 列目の このシステムではエンシンは シート下に搭載。ガソリン車 おもに発電機として使うた とほとんど変わらない使い勝 め、スピードと回転数はリン 手や広さを実現しているの クしない。そのためタコメータ がポイントだ。 ーも省かれる。 NSX 工クステリアテサインチームを率いたのはアメリカ人の女性デザイナー 4470X デサインは℃ 8 年からリース販売してさま 1940X1215mm のボディサイズもアメリカンだ。 ざまなデータを集めてきた FCX クラリティ の正常進化型。 4895X1875X1475mm は、アコードに近い。 発売前 ! 先取り試乗インプレッション 率直な印象はとても乗りやすいクルマで ある。行きたい方向にハンドルを切り、速 度調節をするだけで良いのだ。試乗したの はクローズドの直進コースのみだが、速度 を上げても印象は同じ。大きくした S660 の 4 人乗りのミライに対して、後席が 3 人がけの 5 人乗りとして、コンバクトな FC シ 本誌メインライター ような感覚である。 ステムによる優れたバッケージングを訴求している。 川島茂夫 誰が乗っても速くて快適な HV スポーツ ホンダらしい小型化技術で FC を身近にする 北米の拠点で開発されてきた新型 NSX も発売間近。開発を率いたア 世界初のタイトルはミライに奪われたが、もともとセダン型の燃料電池 自動車の開発は、ホンダが先。 3 月からリース発売されるクラリティフュー メリカ人工ンジニアは、初代 NSX に憧れてホンダに入社した人物。ミッド に積まれて後輪を駆動するエンジン十モーターに、左右前輪を駆動するモ 工ルセルは、ミライより多い 5 人の乗車定員や一回の水素の充填で ーターの統合制御で完璧なハンドリングを追求。初代と同様、誰にでも 700km 以上とし、う航続距離の長さが武器。ポンネット内に全パワートレー ンを押し込んだのも世界初だ。 快適なスー / ヾーカーを謳う。 / 0