法学セミナー2016年01月号

キーフレーズ

死刑 新株予約権 場合 法学セミナー 最高裁 予見可能性 平成 結果 事件 日本 被告人 被害者 判決 裁判員 過失 行為 問題 認め 不法行為 発行 可能性 昭和 -4 2015 必要 執行 2016 規定 義務 制度 手続 損害賠償 判断 アメリカ 法律 回避 憲法 判例 方法 刑罰 バングラデシュ 規制 残虐 本件 情報公開法 発売中 情報 日本評論社 死刑廃止 過失犯 事例 目的 http:// 基準 535 具体的 許可 死刑執行 重要 成立 会社法 有斐閣 詐欺罪 978 2014 考え 弁護士 www 関係 考える 適用 死刑判決 憲法改正 本体 行わ できる 責任 募集株式 構成要件 裁判員裁判 違反 適正 裁判 権利 請求 論点

目次ページ

民事訴訟法人門 民事手続の基本と構造がこの 1 冊で分かる定番の入門書。 民訴法を学ぶ人には得意科目となるように、 トラカレに巻き込まれている人には理不尽を許さないために 伊藤真 [ 著 ] 講義再現版第 6 版 鋼・物第 3 版 目次 第 1 章概説 第 2 章訴訟の主体 第 3 章訴訟の開始 第 4 章訴訟の審理 第 5 章訴訟の終了 第 6 章訴訟の主体および客体の複数 第 7 章上訴と再審 ■本体 1 , 700 円十税■ A5 判 まとめ 第 8 章 ■ 5BN978-4-535-521 -3 生人人近技性 きと権年能同 たし救目実ー 事て済弁習性 鰡岦連 ら厳事申処し 考と案、禺 えは . 、 . を・レ再 日本弁護士連合会 ーて無 。か挙、 人権擁護委員会 ーづ罪 をに 事 小山剛監 説 修◎ 本体 2500 円十税 人権護の最前線 日弁連人権擁護委員会による人権救済 伊真の 民事訴訟法入門 伊藤真“ 川た冊 最読 新たに トビックを 加えた 最新版 ! : 03-3987-8590 イ日本評論社 〒 170-8474 東京都豊島区南大塚 3-12 ー 4 TEL : 03-3987-8621 /FAX こ注文は日本評論社サーヒスセンターへ TEL : 049-274-1780/FAX : 049-274-1788 http://www.nippyo.co.jp/ Reports from the Forefront of 〒 1 70 ー 8474 東京都豊島区南大塚 3 ー 12 ー 4 TEL: 03 ー 398 た 8621 / FAX: 03 ー 3987 ー 8590 ) 日本評論社 h t t p : / / w w w. n i p p y 0. c 0 ・ j p /

阿部照哉・畑博行編 三五 00 円 世界の憲法集〔第四版〕 主要カ国を掲載。独仏他の改正を取入れ最新動向の解説でさらに内容充実 判例で学ぶ日本国憲法西村裕三編 憲法の主要テーマごとに判例を素材としてわかりやすく学ぶ最新憲法入門書 謎解き日本国憲法阪本昌成編 紋切り型の知識を一旦忘れて日本国憲法という「謎」に悩みながら筋道を学ぶ 新井信之著 三 000 円 日本国憲法から考える現代社会・物 グローパル時代の平和憲法平和主義の歴史的意義を改めて検証し展望する 大日方信春著 ー総論・統治機構論 三七 00 円 憲法 条文・判例・学説の丹念な見通しに基づく、憲法総論・統治機構論の体系書 大津・大藤・高佐・長谷川著 三 000 円 新憲法四重奏 近代立憲主義の現代的展開という歴史の流れを重視し重要論点を柔軟に解く 大津浩著 フラン ス憲法の歴史と理論か 七 000 円 、冫 = 一口」冕た現代杲の地方自治論 分権国家の憲去理論 立憲主義の普遍的原理のもとで「地方自治の本旨」はいかに解されるべきか 憲法構造における人建石真公子著 予一三五 00 円 ~ 権保障と主権の変容 憲法と人権条約ー 人権条約の適用に関する憲法上の課題を視野に主権と人権価値の問題を検討 水鳥能伸著 戦後フランスにおける 一 0000 円 外国人法の展開 ~ 亡命と家族 面日本法への示唆に富むフランスでの外国人の権利保障についての体系的理解 裁判員のためのクリスティ著 / 平松・寺澤訳 ニ 000 円 修復的司法入門 一人が人を裁くときー 規範による紛争解決から合意による紛争解決へ。「修復的司法」を平易に解説 〃☆表示価格は税別 〒豐東京都文京区本郷一ー八ー一 叩 ( 消費税が加算されます ) 9 工 = 八一三ー四五一一 9 工穴一三ー四五一四 人間ドラマから 会社法入門 ~ 有信堂 活き活きとしたストーリーと直感的に理解 を助けるマンガで本格的な解説も難なく 読み解かせる会社法入門の新機軸 ! 人間ドラマから 会社法入門 [ 編著 ] 久保田安ー ・慶應義塾大学教授・慶應義塾大学教授 高田晴仁久保田安彦 [ 第 10 話 ] 美味しいパン屋さん・・高田晴仁 忠実義務 ( 利益相反・競業取引 ) [ 第 11 話 ] ガバナンス・バカナンス ーー不祥事は世の常 ? ・・・高田晴仁 [ 第 12 話 ] 完全子会社の取締役に勝手なことをされたら ! ? ーー多重代表訴訟・・・笹本幸祐 [ 第 13 話 ] なんで勝手に減らされたん ? ー一役員報酬・・・笹岡愛美 [ 第 14 話 ] 自己株式の取得は配当と同し・・三島徹也 [ 第 15 話 ] 非公開会社の新株発行と支配権の行方・・・久保田安彦 [ 第 16 話 ] いざゆけ無敵の若タコ軍団〔お家騒動編〕 ーー閉鎖会社における少数株主の締め出し・・・笠原武朗 [ 第 17 話 ] いざゆけ無敵の若タコ軍団〔海外進出編〕 ーー行使条件に反する新株予約権の行使・・・笠原武朗 [ 第 18 話 ] 守るのは会社、それとも自分の地位 ? ーー - 敵対的買収とその防衛策・・・野田輝久 [ 第 19 話 ] 濫用的会社分割・高橋美加 [ 第 20 話 ] 企業グループと組織再編・・舩津浩司 [ 第 1 話 ] 死んだ男の残したものは 一人会社・法人格否認の法理・役員の第三者責任・・・久保大作 冨 [ 第 2 話 ] 不実開示と会社の損害賠償責任・・和田宗久 [ 第 3 話 ] 発起人の開業準備行為 あるワインバーの悲劇・・・高田晴仁 [ 第 4 話 ] 株主名簿の免責的効力・・・久保田安彦 [ 第 5 話 ] 個別株主通知って何 ? ー。ーー振替株式に係る株主権の行使と会社法の特例・・・髙橋真弓 [ 第 6 話 ] 株式の相続・共有ーーある同族会社のお家騒動・・・横尾亘 [ 第 7 話 ] 株式譲渡制限ルールって意味あるの ! ? ーー従業員持株会と株主間契約・・・笹本幸祐 [ 第 8 話 ] 株主総会は荒れ模様・・髙橋美加 [ 第 9 話 ] 届かなかった招集通知 ーーー取締役会の機能・・・柿﨑環 A5 判・本体 2 , 500 円十税 ISBN 97 圧 535-520379 〒 170-8474 東京都豊島区南大塚 3-12-4 TEL : 03-3987-8621 /FAX. 03-3987-8590 ( ) 日本言平論ネ土 こ注文は日本評論社サービスセンターへ TEL : 049-274-1780/FAX 049-274-1788 http://www.nippyo.co.jp/

<LO 判 、冫三八 00 円 ( 打政去 髙木光著 初学者むけに、基本事項を説明。行政救済法を中 、いに、行政組織法と行政作用法の関連事項にしばって叙述する <()O 判 一七〇〇円 新基本民法 6 不法行為編 大村敦志著◎法定債権の法事務管理・不当利得・不法行為を 扱う。「救済 ( あるいは責任 ) の法」としての再構成を試みる。 は 格 <LO 判 価 、冫四 000 円 刑事訴訟去 法学教室連載「刑事手続法を学ぶ」に大幅加筆。 閣酒巻匡著 刑事手続諸制度の趣旨・目的と、法解釈論の筋道を丁寧に解説。 〔別冊ジュリスト〕 ニ八〇〇円 ミ【有民事訴訟法判例百選第 5 版 民事訴訟法の理解に不可欠 高橋宏志・高田裕成・畑瑞穂編 な最重要判例を精選、簡潔・的確に解説した決定版。 法 1956 ( 昭和 31 ) 年 4 月 12 日第 3 種郵便物認可 2016 年 1 月 1 日発行 / 毎月 1 回 1 日発行通巻 732 号 本第掲載記事の無断転載を禁じます。 編集者 = 柴田英補発行所 = 株式会社日本評論社〒 170-8474 東京都豊島区南大塚 3-12-4 / 電話 : 03-3987-8611 ( 代表 ) / 振替 : 0018-3-16 く ( 社 ) 出版者著作物管理機物委託出版物 ) 本誌の無断複写は著作権法上での例外を除き第じられています . 複写される場合は、そのつど事前に、 定価 ( 本体 1400 円 + 税 ) JCOPY ( 社 ) 出版者著作物管理機宿 ( 話 03 ・ 3513 ・ 6969 、 FAX 03-3513 ・ 6979 、 e ・ m : [email protected]第 0 p ) の許第を得てください . また、本誌を代行 業者等の第三者に依頼してスキャニング等の行物によりデジタル化することは、個人の家庭内の利用であっても、 - 切認められておりません . 〒 101-851 東京都千代田区神田神保町 2-17 / Tel:03-3265-6811 http://www.yuhikaku.co.jp/ ◎ 民法・刑事訴訟法改正法案織込み条文収録 / 」」色刷分冊 ) 発 目 月 有斐閣判例亠ハ去 8 版 、冫 2 年五四〇〇円 書 Professional 編集代表 山下友信・中田裕康・山口厚・長谷部恭男 ・収録法令三九九件 ・収録判例約一三四〇〇件 ■判例付き法令四ニ件 + 行政法総論・租税法総論 国際平和支援法、リべンジボルノ防止法、有期雇用 労働者特別措置法等。 個人情報保護法、公職選挙法、 マイナンバー法、労働者派遣法、特許法、不正競争防止法等。 * 付録全国裁判所管轄区域表、印紙税額・登録免許税額一覧表。 * 別冊総合事項索引・事件名索引・判例年月日索引 ・本書購入者特典として用アプリを優待価格にて提供。 ・条名の傍線で改正条がひと目でわかる 新刊案内 0 主な改正 ー判例 六法 有斐 民ま・第・第第正ま第 : : 第込み第文収銀 0 戸大学 神戸大学大学院法学研究科では様々な特色あるコース 平成 28 年度学生募集と教育プログラムを提供しています。 大学院入試説明会 Kobe LL. M. コースでは全ての 授業を英語で提供し、国際ビジ ネス法の専門家として活躍でき 12 月 18 日 ( 金 ) Kobe LL. M. る人材を育成しています。 GMAP ⅲ Law 15 : 0 0 ( 申込不要 ) 13 : 3 0 研究者コース専修コース社会人コース 早期に研究者・高度専門職業人を目指す方のために政治学・基 16 ・ 30 (Kobe LL ・ M ・ ) 15 : 0 0 礎法学だけでなく民法をはじめとする実定法学についても博士 前期課程 ( 修士課程 ) 教育を提供しています ( 博士前期課程へ 神戸大学法学部 の入学には法科大学院の修了を要しません ) 。また社会人大学 ′、 4 一台キャン・ノ立ス第 ! 学・全院生の修学支援のために長期履修制度を設けています。 出願期間平成 2 8 年 1 月 1 2 日 ~ 平成 28 年 1 月 1 8 日 問い合わせ先法学研究科教務係 078 ( 803 ) 7234 入試日程平成 28 年 2 月 27 日 ~ 平成 28 年 3 月 1 日 神戸市バス 36 系統鶴甲団地行六甲台正門前下車具体的な日時はコースによって異なります。募集要項を参照してください。 募集要項の内容は http://www.law.kobe-u.ac.jp/prospective-gs.html で確認することができます。入学願書は郵送で請求してください。 雑誌 08069 ー 01 〒 6 5 7 - 8 5 0 1 神戸市灘区六甲台町 2 ー 1 T E L 0 7 8 ( 8 0 3 ) 7 2 3 4 F A X 0 7 8 ( 8 0 3 ) 7 2 9 2 http://www.law.kobe-u.ac ・ jp/ 4 9 1 0 0 8 0 6 9 0 1 6 8 0 1 4 0 0