法学セミナー2016年05月号

キーフレーズ

ヘイトスピーチ 行為 ヘイトクライム 場合 電子マネー 抵当権 規制 問題 法学セミナー 平成 構成要件 強制処分 アメリカ 憲法 2016 可能性 判例 報酬 必要 認め 名誉毀損 判断 最高裁 被害者 日本 -4 契約 取締役 地方公共団体 判決 株主総会 本件 マイノリティ 実行の着手 被告人 2015 事例 事件 ロースクール 成立 できる 表現の自由 具体的 危険性 法律 昭和 決定 思い 法科大学院 日本評論社 検討 辺野古 客観的 殺人罪 目的 会社法 消費者 民法 関係 参照 発売中 前掲 考え 侵害 重要 弁護士 議論 憲法学 有斐閣 取締役会 規定 刑法 http:// 教授 取得時効 考える 事実 評価 行政法 該当 刑事訴訟法 保護 ヘイト・スピーチ 不法行為 利益 基本 害悪 内容

目次ページ

201 [ 目 Contents 05 法学セミナー ( 4 ) 日本評論社 2016 年 5 月 1 日発行毎月 1 回 1 日発行通巻 736 号 19 聞 ( 昭和 31 ) 年 4 月 12 日第 3 種郵便認可 VOL61-05 特集 ] ヘイピー ヘイトクライムⅡ 理論と政策の架橋 ヘイトスピーチ規制消極説の再検討・ 現在の刑事司法とヘイトスピーチ ヘイトスヒーチに対する民事救済と憲法 ヘイトクライム規制の憲法上の争点・ 地方公共団体による ヘイトスヒーチへの取組みと課題 [ 座談会 ] 理論と政策の架橋に向けて 奈須祐治 櫻庭総 梶原健佑 ・桧垣伸次 ・中村英樹 ・梶原健佑・櫻庭総・中村英樹・奈須祐治・桧垣伸次 別企画 ] 今、なぜ ロースクールで 学ぶのか [ 座談会 ] 若手弁護士が語る法科大学院の魅力 ・・小塩康祐・毛受達哉・戸塚雄亮・重政孝・堀香苗 018 024 030 036 041 047 058

厳学者の本棚 ] 『「空気」の研究』のすすめ 山本七平『「空気」の研究』 [ ロー・ジャーカ切 えん罪救済センターの始動 日本版イノセンス・プロジェクトの可能性 産経新聞社前ソウル支局長無罪判決 ーー刑事実体法・刑事手続法の観点から [ ロー・アングレ ] わたしの仕事、法つながり [ ひろがる法律専門家の仕事編 ] 13 あるシンクタンクのお仕事ーーそして情報法の世界への道案内 恋の法廷式 2 彼女はセックスフレンドでした [ ロー・クラス ] 公共空間を考える一一技術者として法を語る 2 辺野古基地建設問題と法律事項・地方特別法住民投票 米軍基地という公共空間を憲法 92 条・ 95 条から考える プラスアルフアについて考える基本民法 14 抵当権と時効・その 2 ーーもう一歩先の類型的考察 債権法講義 [ 各論 2 序説 ( 2 ) ーー -- 債権各論の対象と具体的契約類型 株式会社法の基礎 10 取締役の報酬等ーー確定額の金銭報酬を中心に 捜査法の思考プロセス ( 基礎編 ) 刑事訴訟法の思考プロセス 2 肝心な価値は目に見えないーー電子マネーをめぐる諸問題 財産犯バトルロイヤル 17 早すぎた構成要件の実現 応用刑法 I ー総論 8 ・桑原俊 北尾トロ ・・木村草太 ・武川幸嗣 河上正ニ ・久保田安彦 ・大塚裕史 ・内田幸隆 ・斎藤司 角紀代恵 笹倉香奈 安部祥太 008 065 088 094 104 扉 001 004 010 072 078 1 1 0 [ 最新判例演習室 ] 憲法 / 麻生多聞 118 行政法 / 山下竜ー 119 民法 / 松尾弘 120 商法 / 土岐孝宏 121 民事訴訟法 / 上田竹志 122 刑法 / 本田稔 123 刑事訴訟法 / 髙倉新喜 124 労働法 / 根本到 125 ライプラリ—] ブック・レビュー 曽我部真裕・林秀弥・栗田昌裕 = 著 『情報法概説』 大島義則 126 新刊ガイド 127 [ ロー・フォーラム ] 裁判と争点 014 立法の話題 015 [ コラム ] 司法書士の生活と意見 057 判事補メモ 074 弁護士事件ファイル 117

憲法と家族 、議家庭の朝諟 法と裁判第 5 号 【新刊図書のご案内】 2015 く平成 27 〉年 1 2 月 1 6 日大法廷判決の初めての本格的評釈 ! 変容する現代家族の問題を憲法学の視点から論点整理 辻村みよ子著 2016 年 4 月刊 A5 判上製 392 頁 ( 予定 ) 本体 4 , 300 円 + 税 ・近年相次ぐ家族をめぐる最高裁の憲法判断を詳細に検討・解説。 ・比較憲法学・憲法学のみならず民法学・社会学・歴史学・男女共同参画政策論な ど多彩な視座から、混迷する現在・将来の家族問題の論点を明確に示す。 「家事事件」「少年事件」の最新裁判例を発信 ! ′物・を・・第・第一 , 第人物を午に纏編い 第■の望と第物 0 ■ 法と裁判 家庭の 2016 年 4 月刊 B5 判 212 頁 ( 予定 ) 本体 1 , 800 円 + 税 代表安倍嘉人 / 副代表山﨑恒・西岡清一郎 / 顧問若林昌子 家庭の法と裁判研究会編 特集 TEL ( 03 ) 3953-5642 FAX ( 03 ) 3953-2061 ( 営業部 ) 第日爪加除出版 〒 171-8516 東京都豊島区南長崎 3 丁目 16 番 6 号 http: 〃 www.kajo.co.jp/ など好評連載多数収録 ー「初任者のための遺産分割講座第 4 回遺産の範囲の確定 ( 2 ) 」片岡武 ー公証家事実務 Q & A 第 1 回公証制度と公正証書大塚公証役場持本健司 司会・若林昌子 / コーディネーター・安倍嘉人 泉房穂 ( 明石市長 / 弁護士 / 社会福祉士 ) ニ宮周平 ( 立命館大学法学部教授 ) 池田清責 ( 弁護士 ) 鶴岡健一 ( 公益社団法人家庭問題情報センター事務局長 ) 菅原ますみ ( お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系教授 ) 近藤ルミ子 ( 弁護士 ) 離婚紛争における合意形成支援の現状と課題 ー離婚紛争と子どもの利益の実現日本臨床心理士会会長村瀬嘉代子