ニューセンチュリー和英辞典

キーフレーズ

the The you him his one was have and with that make e's are get out the c This take about has ing good very will She this not her a over come from You give me. () There down k. man What your can against 用いる put His like They made house h. much people money time English away had 通例 got were That under some through three keep two on an way 場合 day matter tion should between become great into home back than Japanese water work well is what Don

目次ページ

1418 もがく もがく struggle; ( 苦痛のために ) writhe / r ゑ . ー立 ち上がろうともがく strugg/e to one's feet. ー自由 になろうともがく struggle to get f 「 ee. もき模擬試験 [ 裁判 ] a mock exam [trial].—模 擬店 ( バーティーなどの ) a buffet; ( 大学祭などの ) a stall; ( 屋台 ) a booth; ( 売店 ) a stand. ーホット ドッグの模擬店 a hot dog stand. もぎとるもぎ取る動【折り取る】 break . 0 幵 ; 【引きちぎる】 tear; 【ねじり取る】 wrench; 【果物を】 pick. ー彼の手からナイフをもぎ取る wrench the knife ″ om [ 0 砒 0 月 his hand. もぐ pick; 《書》 pluck. ープドウを一房もぐ p / 々 a bunch Of g 「 a s. ーもぎたてのリンゴ an apple (picked) right 0 ″ the tree. もくあみ木阿彌元のもくあみである lose one has gained. もくげき目撃目撃者 a witness, an eyewitness の幅の目測を誤る misjudge the width of a る measure the distance by (the) e / e. ーどぶ川 もくそく目測で by ( the ) eye. ーその距離を目測す いので x This house is wooden. としない ) わ u / ″ ] Ⅳ 00d (±wooden は補語に用いな house. 私の家は木造です My house / 5 made wooden house; ( 特に板張りの ) 《米》 a frame もくぞう木造 ( 木製の ) wooden,—木造の家 a be married. 彼女は結婚を目前に控えている She な a60 砒 [ 0 held very 500n [( やや書》 is (c/ose) わ初 d ]. 選挙が目前に迫っている The election will be with the examination c/ose at hand. 間近にして ) 必死に勉強する study desperately mediate advantage. ー試験を目前に控えて ( = pending] dange 「 . 一目前の ( = 当面の ) 利益 - 通例限定的に ) - 目前の危機 imminent [im- 例不快なことに用いる ) ; 《やや書》 impending. ( ☆ ②【時間】目前の ( 差し迫った ) imminent ( ☆通 OLI 「 eyes. 目前で起こった The accident happened わ e わ肥 もくぜん目前①【場所】事故はわれわれの もくせい木星ル pite 「 . ー木星の Jovian. table made 0 ーⅣ 00d もくせい木製のテープル a wooden table; a 出しとしては Contents が普通 ) もくし目次 a table of contents. ( ☆本の目次見 calculated it. up tO my expectations. / ー (badly) mis- それについては私の目算が狂った lt didn't come 数形で ). 一目算を立てる makerough e 立 a . estimate; ( 見込み ) an expectation ( ☆しはしは複 もくさん目算名 ( おおよその見積もり ) a rough lgnore [take no notice Of] h i s p 「 oposal. もくさつ黙殺彼の提案を黙殺する ( = 無視する ) timber. ( 材木 ) もくさい木材 wood; 《主に米い umbe 「 , 《英》 lsaw a man trying tO fO 「 ce the window open. 私は男が窓をこじ開けようとしているのを目撃した : 書》Ⅳ″ ness an accident. ( Ⅳ / one ・ s own eyes); ( まのあたりに見る ) 《やや ( 0 / 》 . ー事故を目撃する ( 見る ) see an accident 00 》 . 一目撃者の話 an eyewitness account ditch. もくたん木炭 charcoal.—木炭画 a charcoa/ (d 「 awi ng). もくてき目的名 (a) pu 甲 0 /På:rPOS/ 《。れ (n); an aim; an end; an Object 《 0 / , in 》 ; an objective; a goal. ( [ 文型 purpose) 解説 purpose は最も一般的な語で , 結果よりも 確固たる決心による努力の過程に重点がある . は達成すべき念願の目標を表わし , 努力の方向を暗 示 . end はやや堅い語で手段 (means) に対しての 目的をいい , それが遠く最終的であることを暗示 . object は堅い語で , 個人の願望・必要・意図などに よって定められた最終目的をいう . objective はさら に堅い語で長期にわたる達成可能で遠大な目標であ ることを暗示 . go は競走のゴールを連想させ , 努 カ , 忍耐を要するが , 達成後は報われることを暗示 . 1 《 ~ 目的》究極 [ 本来 ] の目的 the ultimate [primary] 〃 u 「 pose [aim, 0 ec 日 . 2 《目的 + 名》目的意識がない have no sense 。 fpu 「 se. 一目的格〔文法〕 the objec- tive case. 一目的語〔文法〕 an object (word). 3 《目的は》彼の目的は湯川博士のような偉 大な物理学者になることだった Hispurpose [aim, objective, goal] was tO be a great physicist like D 「 . Yukawa. 彼の辞職の目的は何ですか What is the pur- pose Of his resignation [his purpose ln resign- ing]?/For what purpose(s) has he resigned? ( ☆前より堅い表現 ) / ( = 何のために ) 《話》Ⅳわ has he resigned 「 ? ( なぜ ) 4 《目的の》目的のない人生 a life without aim [purpose] ( ☆無冠詞 ) ; a life with no obiect; an a / e55 [( 書》 a purpose/ess] life. 彼は目的のためには手段を選はない He would use any means [( 何んでもする ) do anything] to achieve hiS end. 5 《目的に [ を ] 》目的にかなう answe 「 [( 書》 serve] one ・ s 〃 u 「 85e. 一目的を果たす [ 達する ] achieve one's purpose [aim, obiect, Obiec- [ ル e ]. (±achieve の代わりに《書》 attain も可能 ) 彼は人生に確固たる目的を持っていた He had a definite purpose [aim, object, goa/] in life. 6 《目的で》彼はそれを買う目的でそこへ行っ た He went there ()n 0 「 de 「 ) [ 0 buy it. ( ☆ ( 1 ) 次 例より口語的 . ( 2 ) 堅い言い方以外 in order は通 例省略される ) / He went the 「 e わ「 the 〃 u 「 pose 0 科Ⅳ″わ the aim 0 / , ( 意図 ) Ⅳ / the intention 0 れ《書》Ⅳ / a view [ 0 ] buying it. ( ため ) 彼は商売の目的でアメリカへたった He left f0 「 America / 0 「 business pu 「 P05e5. もくてきち目的地 one ・ s destination. 一目的地 に着・く arrive at one's destination. もくとう黙疇 a silent p 「 aye 「 . ー黙とうする pray in silence [silently]. ー1 分間の黙とうを捧げる 0 仟 e 「 a one-minute si/ent 〃 / e 「《 / 0 「》 . もくどく黙読 silent reading. ー黙読する read (it) silently [to oneself]. もくにん黙認 tacit admission [pe 「 mission]. (ktacit は《書》 ) ー黙認する admit [( 許す ) permit] (it) tacitly; ( 罪・誤りなどを大目に見る ) . over ( ☆いずれも時に無意図 overlook; pass .

的 ) ; ( 寛大に扱う ) tolerate. もくねし木ねじ a wood screw. もくば木馬 a wooden horse; ( 小児用の ) a rocki ng horse. 一回転木馬 a merry-go-rou nd , 《米》 a carousel;( 英》 a roundabout. もくはん木版 ( 版木 ) a wooden block; ( 術 ) wood-block printing. ー木版画 a woodcut; a wood eng 「 avi ng; a wood-block pri nt. もくひ黙秘黙秘権を行使する exercise the 「 ight of si/ence; 《米話》 take the Fifth (Amendment). ( ☆後の言い方は「米国憲法修 正第 5 条により自分に不利な証言を拒否し黙秘 権を行使する」の意 ) ーその件について黙秘する keep [remain] 5 ″ e about it; 〔法律〕 stand mute about it. もくひょう目標名 a goal; ( 目的 ) an object; ( 長期にわたる大きな ) an objective; ( ねらい ) an aim; ( 目的 ) ( 達成目標 , 標的 ) a target; 【訪問 者の目印】 a landmark. 一目標を達成する achieve one's goa/ [ob/ective, a ]. ( ☆ achieve の代わりに《書》 attain も可能 ) 一人生の 目標 one's aim [obiect] in life. か月 1 万円貯金することを目標にした l'veset agoa/ [ 0 save [a target 0 ー saving] 1 0 , 000 yen a month. 敵の目標は我が国の車事基地だった The enemy's target was ou 「 military bases. 寄付金は 2 百万円の目標 ( 額 ) に達しなかった Cont 「 ibutions did not reach the target of [come up t0 the targeted] two million yen. 近くに何か目標になるものがありますか ls the 「 e any /andmark near there? もくへん木片 ( 大きな ) a block (ofwood); ( 小さ な ) a chip ()f wood); ( 極小の ) a (wood) splin- ter. もくめ木目 the grain. ( ☆「板目 [ 柾 ( 目 ] 」は the cross [straight] g 「 ain ) ー木目が細かい [ 粗い ] have fine [coa 「 se] g 宿 / h. ー木目にそって in the direction Of the grain. もくもく第 massively, so ⅱ引 y. ーもくもくと立ち のほる夏の雲 massive/y 「 ising summer clouds. ーもくもくと立つ砂あらし「 ising co/umns 0 / sandstorm. ーもくもく煙を出す send out VO / u 1e5 0 ー smoke; pour out smoke. もくもく黙々第 ( 黙って )silently, in silence. ー もくもくと山を登る climb a mountain 5 ″ en ″ /. 彼はもくもくと働いている He な absorbedin his wo 「 k. ( ☆没頭している様子を動詞を用いて表わす ) もぐもぐもぐもぐ食べる mun ( h. ーもぐもぐ ( 不明 に ) 何か言う mumble. 馬がもぐもぐ草を食べてい るのを見た lsaw a horse munching grass. も ぐもぐ言わすにはっきり言いたい事を言いなさい Don ・ t mumb/e and speak up what ・ s on your mind. もくよう ( び ) 木曜 ( 日 ) Thursday 《略 Th. , Thur(s). 》 . ( 日曜 ( 日 ) ) もくら a mo 厄 . ーモグラ塚 a mo/e hill. もぐり潜り d ⅳ ing. ーもぐりの ( 無資格の ) unqual- ified; ( 無免許の ) unlicensed. ーもぐりの医者 an unqualified [un/icensed] docto 「 . ーもぐりで without a license. もぐりこむ潜り込む動べッドに潜り込む ge [ [c / / hn 司 / 0 a d. ( ☆「ふとんに潜り込む」は get もし 1 419 [x climb] / 厩 0 one ・ s ん [ on ). ー敵陣に潜り込む ( = 潜入する ) infiltrate (into) [s/ip into, sn 田々 intO] an enemy camp. (åinfiltrate は主に軍 事・政治用語 ) もくる潜る①【水中に】 dive (-ved; -ving), make* a dive (in, / 厩 0 》 . ー潜りに行く go ( skin - ) diving. ーアワビを採るため海に約 6 メートル の深さまで潜る dive / 0 「 abalonesto a depth of some 20 feet [ 6 meters]. 彼は水中に潜った He dived int0 レ司 the water. 彼は 3 分間水に潜っていた He was [stayed, remained] under wate 「 fO 「 three minutes. ②【中や下に入り込む】 get* ( 旗の ; ( はって ) creep* [crawl] ()n [ 0 , under»; ( 穴を掘って [ 掘 るように ] ) bur 「 ow (oneself) ()n [ 0 , under). べッドに潜る get into d. ー床下に潜る craw/ under the 日 00 「 . 一地中深く潜る burrow deeply into [through] the ground. 3 【当局などから逃れて潜伏する】地下に潜る go underground. もくれん木蓮 a magnölia. もくろく目録名 ( 一覧表 ) a list; ( 体系的な ) a catalogue (ålist より完全でしばしは説明を伴う . 《米》では catalog ともつうる ). ( リスト ) 図書 [ 蔵書 ] 目録 a library cata/ogue. 一目録に 載っている be (put) on [in] the/ist [cata/ogue]. 一目録を作る make a / [a cata/ogue] 《。 / 》 . もくろみ ( 計画 ) a plan; ( たくらみ ) a scheme /ski:m/, a design; ( 陰謀 ) a plot ( 計画 ) ; ( 意 図 ) an intention ( 意図 ). ーもくろみどおりに ( 計画どおりに ) もくろみがはすれた My p/an has gone wrong. もくろむ第 ( 計画する ) plan, contemplate; ( 企 む ) scheme /ski:m/, design; ( いたずらなどを ) 《話》 be up t0 ... ; ( 意図する ) intend; 【ひそかに心、に抱 く】 have . in mind. ー脱税をもくろむ scheme い / a 司 evade taxes ; scheme い / å司 tax evasion. 彼らが何をもくろんでいるのか知らない一 don ・ t know what they are up [ 0. もけい模型名 a model; ( 小型模型 ) a minia- ture / m ⅲ町 . ー縮尺模型 a scale mode/. 実物大模型 a full- [a life-] size mode/; a m 。 ck - 叩 . ー模型飛行機 a model (air)plane. - 模型地図 a re/ief m 叩 . ー船の模型を作る make a mode/ 0f a ship. モザイク【技法】 mosaic /mouzéiikl; 【絵 , 模様】 a mosai (. ーモザイク細工 mosaic wo 「 k. もさく模索 ( 暗中 ) 模索する g 「。《》・ もし第 if ・ ①【現在・未来について不確実なことを表わす】 もしあす雨なら行かない″ it rains [x Ⅳ″ / rain] tomo 「「 ow , 聞 not go out. ( ☆単に条件を表わす だけなので仮定法は用いない ) もし 3 時までにその手紙を書きおえたら私が出して あげましよう″ you have [x Ⅳ″ / have] finished writing the letter by three 0 ・ clock コⅢ mail it. もし自由時間があれはそこへ行くつもりです / ロ have any [some] free time, l'm going t0 go there. (åsome では自由時間があると予想してい

もしその電車に間に合っていたら今ごろはそこで 1420 もし 待っているところでしよう″ー had caught the train,l wou/d トわ ou / d ] now be waiting the 「 e. ( ☆主節は現在時に言及しているので「助動詞の過 ることを暗示 ) 去形 + 動詞の原形」となっていることに注意 ) もしストがなけれはあす帰ります聞 be back to- もしあなたが来ると知っていたら家にいたのに″ー mo 「「 OW un/ess there ・ S [ / / the 「 e'S not] a strike. hadknown [( 話》 l'd have 々 no Ⅳ司 you came (åunless は「…でない限り」という除外の意を含 ove 「 , l'd have stayed (at) home. (±if 節と主 み if … not より強意的 ) 節の述語動詞は仮定法でも , 中に組み込まれた節 あなたは会議に出るんですか , もしそうなら [ もしそう では直説法を用いることに注意 ) でないなら ] 私は出ません Are you going t0 go t0 0 【実現性の乏しい仮定を表わす】 (üif 節には the meeting? ″ 50 [not],l won ・ t. should, または were t0 を用いる . were to の方が 物 if 節は未来を表わす場合でも未来時制は 可能性がより少ないことを示して強意的 ) 用いないが , 主語の意志を表わす場合 will, would もしトムに出会ったら電話するように伝えてくださ が用いられる : もしそうしてくだされば大変ありがたいの い″ you shou/d [( 書》 5 わ ou / d you] run into ですが″ you Ⅳ / ″ [wou/d] d0 so コ would Tom, tell him tO call me up. ( ☆堅い言い方で特 much obliged. (åwould の方がていわいな感じを に可能性の低さを強調するとき以外は単に″ you run into Tom, ... と①の形式を用いる方が普通 ) 伴う ) また , if 節が主節の行為の結果についていうと もし私が死ねは家族はどうなるだろう / 臼 were [ 0 きは will が可能 : もしそれで君が喜ぶのならここにいる [( 書》 Were ロ司 die, what would become 0f ことにするよ″ it Ⅳ″ / make you happier ()s a my family? (±if 節に were t0 を用いた場合は主 result),l Ⅲ stay here. 節には過去形の助動詞を用いる ) ②【現在の事実に反対の仮定を表わす】 (kif 節は 物「もし ... ならば」の意味は if 以外に sup- 過去形 , 主節は通例助動詞の過去形 + 動詞の原 pose [SUPPOSi ng](that) , provided [provid i ng] (that), on condition that, in case などによっても もし十分な金があればその車を買えるのだが / ロ 表現できる . ただし微妙な意味の違いがある . sup- had enough money,l could buy the car. もし彼がここにいれは援助してやれるのに /fhewas po , supposing は「もし…だとしたらどうします [( やや書》″ he were, 《書》 Were he, x ルås か」という what 爾の意味を含意しているため主節 he] he 「 e,l wou/d help him. ( ☆仮定法では be はしはしは省略される : もし彼が来ないとしたらどうし 動詞は通例 were を用いるが主語が単数の場合は よう Sup 〃 05e [Supposing] he doesn't come 日常会話では was の方が普通 . ただし次例のよう ( , what shalll d0 ) ? / もしライオンがおりから逃げた な慣用的な言い方では we 「 e の方が普通 ) としたらどうなるだろう Suppose [Supposing] a もし私があなたならそんなことはしないだろう″ / lion shou/d [were [ 0 ] break out 0f the cage were [( 俗》 was] you,l wouldn't do that. ( ☆ ( , what would happen)? provided, provid- 忠告の表現で直接 Don't do that. というよりてい ing, on condition that は強い限定的な条件を ねい ) 表わす . p 「 0 ⅵ d の方が一般的 : もし面倒なことを もし忙しくなけれはごいっしよするのですが″ーⅣお not [x し n / e55 ー was] busy, l'd come [x go] 引き起こさなければここにいてよろしい Youcanstay with you. (kunless は仮定や想像上のことを述べ here provided [providlng, on condition るときは通例用いない ) 曲 , ( …さえすれは ) お long as] you cause no もし空気がなければわれわれは生きてゆくことができ t 「 oub 厄 . in case は《米》では if と同様に用いるこ ないだろう″″ werenot 「 [But 「 , Ⅳ / 曲 0 砒 , ともあるが , 通例主節の後で「…の場合に備えて」と ( 書》 Were it not fo 「 , x If there we 「 e no] air, いう意味で用いられる : もし雨が降るといけないから傘 we could not live. を持って行きなさい Take an umbrella with you, 物直説法現在と仮定法過去 ; 直説法現在と (just) in case it 「 a [( 書》 should 「 ai 司 . ( 場 仮定法過去はともに現在または未来のことについて 合 ) 用いるが , その内容に関する話し手の確信度に差が もし文字名【アルファベットの】 a t 【漢字な ある : lfitis [ Ⅳぉ , were]true,l should know it. どの】 a character. ( 字 ) ( もしそれが本当だとしたら知っておくべきだ ) ではこの ギリシャ文字 Greek / な e . ー小文字で書く 順で「本当だ」という話し手の確信度は低くなる . write in a small ( ← capital) / e な e 「 . (fsmall letter は「小さな文字」の意にもなる ) ー女文字 ( = ・【過去の事実に反対の仮定を表わす】 (åif 節は 女の筆跡 ) の手紙 a lette 「 (w 「 itten) in a (deli- 過去完了形 , 主節は通例助動詞の過去形 + 動 cate) female hand. ー金文字入りの本 a b00k 詞の完了形 ) /ettered in gold. - ( 時計などの ) 文字盤 a dial. もし君がもっと一生懸命勉強していたら試験に合 その子は英語のアルファベットの 26 文字が全部 格したであろう″ you had studied [( 書》 Had 書ける The child can write 訓 (the) 26 /etters you studied] ha 「 der, you wou/d have passed of the English alphabet. the examination. この絵は文字がないころにかかれた This picture もし君の助けがなかったら成功できなかっただろう″ ″ had not been / 0 「 [But / 0 「 , Ⅳ / 0 破 , 《書》 was drawn when there were no / e e . Had it not been f0 「 ] your help,l cou/d not 私は彼の言葉を文字どおりに受け取った一 took what he said 仇 e 宿 / / / [in a 仇 e / sense]. ha ve succeeded. ロ′ / ノ