全訳古語例解辞典 小学館

キーフレーズ

源氏 徒然草 万葉 平家 枕草子 光源氏 平安時代 仏教語 古今 表す かぐや姫 用い 伊勢 未然形 助動詞 西鶴 連体形 連用形 ーー 動詞 一一 給ふ 多く 天皇 自分 桐壺 方丈記 要点 思い 様子 接頭語 一つ 宇治 見る 思ひ 明石 連語 付い 大鏡 土佐 上代 用いる 見え 言葉 人々 近松 思う 奥の細道 助詞 変化 気持ち 桐壺更衣 ーー・ 係助詞 給ひ 江戸時代 和歌 思っ 場合 知ら 更級 サ変 帚木 芭蕉 長歌 行く 用法 中国 終止形 一四 以降 世の中

目次ページ

付録目次 動詞活用表・ 形容詞・形容動詞活用表・ 主要枕詞一覧・ 主要助動詞一覧 : 主要助詞一覧・ 主要季語一覧・ 大内裏および周辺の左京図 : 内裏焼亡年表・ 内裏図・ 字音仮名づかい対照表・ 和歌・俳句索引・ 九九九九九九九九九九九 〇七六四ニ八四 月齢表 旧国名図 表見返し 裏見返し 九〇九

動 種 上二段上一段下一 類詞 活 老恨強。恥起居。射見着蹴 " 有死散飛思、と書例 ゆむふづくるるるるる りぬるぶふ 用 く す ロロ 表 う おお しはおゐいみきけあしちと お ら 幹 いみひぢきゐいみきけ らならばはさか然 形 連 りびひしき用 形 終 りぬるぶふすく止 形 連 ぬ るぶふすく体 る 形 已ぃ ぬ れべへせけ然 れ 形 れねれべへせけ令 形 行格 ナ変 ラ変 段 四 いみひぢきゐいみき ゐいみき け ゆむふづく るるるるる ゆむふづくゐいみきけ るるるるるるるるるる ゆむふづくゐいみき け れれれれれれれれれれ いみひぢきゐいみき け よよよよよよよよよよ る れ 活用の種類と所属する語 四段 : : : カ・ガ・サ・タ・ ナ変 : : : 「死ぬ・往ぬ」の二語だけ。 ラ変 : ・・ : 「有り・居り・侍り・いまそかり」の四語だけ。 下一段 : : : 「蹴る」の一語だけ。 上一段 : : : 「着る・似る・煮る・干る・簸る・嚔る・見る・射る・ 沃る・る・居る・率る」の十一一語と、それらの複 合語 ( 「顧みる・試みる・率ゐる・用ゐる」など ) 。 上一一段・ : ・ : カ・ガ・タ・ダ・ ・マ・ヤ・ラ行。多数。 下二段 : : : 全ての行。多数。 カ変・・・・ : 「来」一語だけ。 サ変 : : : 基本的に「為・おはす」の一一語だけだが、複合語 多数。「信ず・命ず・論ず」のようにザ行になる場 合もある。 音便形 連用形は、「て・たり」などに続く時、音便形になることがある。 カ・ガ・サ行四段ー↓イ音便 ( 例書きてー↓書いて ) ・マ行四段ー↓ウ音便 ( 例思ひて ー - ・。 - ↓思うて ) タ・ ハ・ラ行四段 ー↓促音便 ラ変 ( 例散りてー↓散って ) ・マ行四段 撥音便 ナ変 ( 例飛びてー↓飛んで ) ロ語への変遷 四段 ナ変 一フ変 下一段 * 四段のうち「飽く・借る・足る」は上一段へ。 五段 九一〇 ・マ・ラ行。多数。

日国■■一■田田国 カ変 動詞の活用には 活用語尾の母音が変わる母音変化式 ( 四段 四段 ・ラ変 ) 、 母音変化のない語尾に、ル ( 終止形・連体 形 ) ・レ ( 已然形 ) ・ヨ ( 命令形 ) が添加す上一段 る添加式 ( 上一段・下一段 ) 、 母音変化とル・レ・ヨ添加両方が起こる混 上二段 合式 ( 上一一段・下二段・ナ変・カ変・サ変 ) がある。 「上一段」「下一一段」などの名称は、添加さ下一段 れるル・レ・ヨを除いた活用語尾の母音が、 アイウェオのどの段にわたるかで命名され 下二段 たものである。 段 下 出づ 飢う 経ふ 得ぅ うふいうう ゑへでけえ こ きゑへでけえ うふづくう うふづくう るるるるる る うふづくう ゑへでけえ よよよよよ よ ー 1 re YO -i (yo) ウェ 上二段 * 上一段のうち「恨む」は五段へ。 下一一段ー↓下一段 カ変ー↓カ変 サ変ー↓サ変 * 五段や上一段になったものもある。 活用の種類の見分け方 所属語の少ない「ナ変・ラ変・下一段・上一段・カ変・サ変」 は覚えてしまう。後は、打ち消しの助動詞「ず」を付けて みて ( つまり、未然形を作ってみて ) 、その活用語尾が ア段の音であればー - ↓ 四段 イ段の音であればー・↓上二段 工段の音であればー↓下二段 ( 例「寄す」に「ず」を付けてみると、「寄せず」となり 「せ」がエ段の音となるから、「寄す」は下二段動詞。 ) アイウェオ アイウェの四 唯一オ段にわたる 段にわたってカ変 / ー、・、 0 変格活用。 活用する。 イ段の一段の イウェ三段にわた み。 サ変 る変格活用。 イウの二段に 動詞の中で最も活 わたる。 用語尾の変化が多 、六活用形全て 形が違う。 工段の一段の アイウェの四段に わたるのは四段活 用と同じだが、終 0 ウェの一一段にラ変 止形がイ段をとる わたる。 ところが異なる。 上一段 SI se (yo)