三国志 32

キーフレーズ

馬超 曹操 韓遂 丞相 しよう そうそう 西涼 かんすい 張松 横山光輝 ござい 張魯 若大将 板橋しゅうほう 税込 申し 渭水 そうじ 坂田靖子 みなもと太郎 東京都千代田区飯田橋 使者 孟徳 漢中 申す 和睦 待て 玄徳 荊州 攻め 孔明 ヤマタイカ 風雲児たち 見せ 手紙 拙者 むむむ 向かっ くだされ 手塚治虫 星野之宣 潮出版社 一騎討ち 新書 天下 準備 徐晃 長安 貢物 殿 520 石の花 アジア 三国志 まする 天の時 氷の城 応じる じゅん 世間話 カムイ 参っ 教え 出し 大名 許さ 今日 出て 申さ 思い 様子 拝謁 いりよう ドロップ 申しあげ 西 てがみ ふたり ことば 無面目・太公望伝 セプンプリッシ いしいひさいち 希望コミックス

目次ページ

. き物第人 ひるく 昼も食わず ひたすら西涼を さして駆けた 、んレ、 こため 馬も尾も つぎつぎ 次々と たおれへ ばら 馬超が ろういらはう 隴西地方に 逃げこんだ時は 部下はわずか / 三十騎という ありさまで あった ー 132 ー

ル / ツ ルい : 心 はっ よほど遠く まで逃げた ものと 思われます どうだ ばら まだ馬超の 姿はとらえ られんか まずいのう このままでは ムたた やつは再び らからも 力を盛りかえす 危険がある ー 133 ー

外つ