三国志 36

キーフレーズ

曹操 漢中 荊州 そうそう 夏侯淵 関羽 穆順 ござい 張魯 楊松 横山光輝 000 玄徳 しよう 皇后 孫権 陽平 楊任 伏完 ようじん 勝負 諸葛瑾 東京都千代田区飯田橋 使者 待て 一騎討ち かんう 税込 一つ 降伏 板橋しゅうほう ようこう 三国志 みなもと太郎 魯粛 参り 陛下 第一 出陣 馬超 南鄭 風雲児たち 一族 じゅん 潮出版社 しようよ 一日 孔明 殺さ 申し 劉備 考え 軍勢 何事 相手 初戦 慶徳 拙者 かんち お待ち ひき返 逃がす お呼び この国 戦い 奪っ 思う 妻子 残っ 攻め 返す 入れ 連れ 首謀 謀反 簡単 立て 逃げ このまま

目次ページ

ま 以 / に一 ならば もう一つ聞こう しルっじんひ おまえは出陣の日 そうそう 曹操の股肱の臣と ・」うけっ いわれる豪傑たちと つぎつぎ 一騎討ちを次々と やったであろう はっ あいて つぎつぎ 相手が次々 入れかわって きても かたなきす おまえは刀傷、 一つ受けず てき ~ ・ 0 また敵も傷一つ うけておらん 相手を倒してまた つぎあいて 次の相手というなら わかるが相手も おまえも手傷一つ お 負わずというのは あ 打ち合わせが あったからで あろう たお 0 よ、つで ございますな まず じようしき 常識じゃ かんが 考えられ ませんな 0 そうであろう しの この裏切り者 めが 0 0

首を はねい 0 3 しくん 師君 お待ちくだされ そうお怒り あそばされては 身もふたも ありません 窟徳が けつばく 身の潔白を となえるなら さいどこう 再度功を 立てさせて みてはいかがで ふむ、つ 一命は あずけておく はっ だが再び線、出て、 こう 功を立てぬ時は その首をはね くび さらし目と するであろう そうそう しルっじん 早々に出陣せい

これで わしも 最期かも しれん 一日の恩 : つらいものだ にらおん い、 し準つじん 出陣だ ー 177 ー