三国志 38

キーフレーズ

黄忠 張飛 漢中 横山光輝 ようこう 厳顔 夏侯尚 夏侯淵 みなもと太郎 成都 ござい 曹操 韓浩 こうら 魏軍 馬超 連れ 孔明 魏延 関羽 将軍 税込 援軍 南鄭 三国志 しよう 夏侯惇 こうかん 攻め 風雲児たち 東京都千代田区飯田橋 考え 老人 玄徳 孟達 かんこう 潮出版社 逃げ 蕩山 板橋しゅうほう そうそう えんぐん てんとう たたか 酒盛り 夏侯徳 韓玄 まする ヤマタイカ 項羽と劉邦 石森章太郎 ろうじん こうえん 相手 今度 向かっ ロマン 宮本武蔵 坂田靖子 チャイナ 一騎討ち しまっ かこう ファンタジー 呉蘭 曹洪 拙者 守っ 軍師 見事 蜀軍 長沙 劉封 十万 五十日 うって 若い者 お待ち 表題作

目次ページ

焼き払らわれた らよう・、う′、・ん 張部軍は どこへ逃げて ( よいかわからず 張 3 次 つぎつぎ 乙 ( 3 へ 張部自身が がこうかんしせんしよっ 瓦ロ関 ( 四川省 ) まで 逃げのびた時は ニ万余人のを 第′イ

) の「を 0 0 ぐ .0. や 00000 ・ - 瓦ロ関 峭鄭城に 一玽かった 使者はまだ もどらんか いまだ・

ミラ一プ らようこう 張部さま ししゃ 使者がもどり ました 0 お つ えんぐん 援軍さえつけば らようひぐん 張飛軍など けちらして やる 0 0 、 0 ′ おお 使者ご苦労で あった そうこうし・ぐん それで曹洪将軍の へんじ お返事は はっ それが えんぐん 援軍は 送らぬと しよう・、んもう 将軍の申される なんていじよう のには南鄭城に とどまることを おく明ようもの 臆病者のように っていながら えんぐん 今さら援軍を よこせとは なに・一と 何事かと なにつ 0