きつねさんでもわかるLLVM

キーフレーズ

LLVM return llvm const クラス メソッド 命令 リスト Tokens Function フロントエンド false ソースコード add 11V int string else 実装 関数 unsigned 生成 Metadata type Samp バックエンド BaseAST true 引数 std レジスタ sample NULL 定義 Pass for 構文解析 public inst オプション 指定 class result load expression end store call virtual lnstruction 場合 CodeGen 呼び出し char コード value ターゲット function AST 取得 cast get statement def getCurString PrototypeAST 処理 JIT 示し inc main entry 解析 001 DELETE IIvm stmt 使用 getNextToken 確認 pass nst MCOperand コンストラクタ proto 変数 Target test ExecutionEngine Builder 実行 label 作成 func AsmPrinter 最適化 align static 必要

目次ページ

第 2 章コンハイラと LLVM 2.2.5 ⅱ b ( + + libc + + は、 libstdc + + を置き換えることを目的とした C + + の標準ライプラリです。 libc + + には次のよう な特徴があります。 ・高速なコンハイル ・省メモリ ・高速な実行 ・ C 十十 11 ( C 十十 Ox ) をターゲットにしている 2.2.6 compiler-rt ・豊富なユニットテスト ・ libstdc 十十との ABI 互換性 なお、 compiler-rt は次のアーキテクチャをサポートしています。 ・ AppIe の BIocks ランタイムインターフェイスのターゲット非依存の実装 ・ libgcc と比較して高速 ・後述するターゲットに対して libgcc のインターフェイスを完全にサポート あります。 compiler-rt は、 libgcc を置き換えることを目的としたライプラリです。 compiler-rt には次のような特徴が ・ PowerPC 64 ・ PowerPC ・ ARM ・ SPARC64 ・ X86-64 ・ i386 10

2.2 LLVM プロジェクト これらすべてのアーキテクチャについて、次の OS をサポートしています。 また、 ・ AuroraUX ・ DragonFIyBSD ・ FreeBSD ・ NetBSD Linux Darwin 11