アジャイル新聞 第1号

キーフレーズ

アジャイル プラクティス アジャイル開発 ジャパン 開発 参加者 ビンゴ テスト自動化 開催 企業 品質保証 取り組み テスト 公式サイト 実行委員 Agile サテライト リファクタリング 日本 チーム ボンクラ 品質 アジャイ サイボウズ バックログ 考え 自動化 発表 参加 スクラム 自分たち あなた。 ソフトウェアテスト アジャイルジャパン アジャ セッション プロダクト スポンサー 新聞 思い 技術 方々 テスト駆動開発 イベント リファク テーマ Why 仲間 地域 多く 実行委員長 ソーシャル 関連リンク 持っ 実施 金融 ャイル ツール ャイルジャパン プログラミング 2018 課題解決 基調講演 トウェア ジャイル ソフトウェア 試験 関心 要件 様々 積極的 やり方 主体的 TDD 認知度 製造業 考える お勧め 事務局 リング ティス コード agilejapan 企画 事例 確保 状況 導入 現場 組織 増え 昨年 影響 取り組ん 取り組む 品川インターシティ プロフェッショナル

目次ページ

筆者は、、朝会、て開発して〔く 0 で、細かタリ , グとは、外部仕様をアジャイル 0 金融業界でのアジャイル状兄 タスクポードなどのプラクい動作条件を考慮しやすく、変更せすに保守性の高い 編集後記 コミュニティ紹介 アジャイルジャパン・サプイベント ティスをソーシャル系プラその意味ではバグを作り込コードに変更することであ クティスと呼び、技術系プみ難い。しかし、その要件る。ウォーターフォールモ【関東圏】 4 月に開催予定 ラクティスと分けて考えてを作り込む際の影響範囲のテル開発では、デグレードマエンタープライズアジャ 関連リンク集のご紹介 金融系企業では、 金融系企業、金融システ 見極めは、開発対象ソフトが怖いから、よほどのことイル勉強会 」 ) アジャイル開発というと、ウ = アの知識などが必要ながない限りリファクタリン『日本には「エンタープラ「 FinTech 」「一ラ = 「 T 。。 = 」ムを開発している T¯企業当新聞で取り上げた様々 ソーシャル系プラクティスため、難易度が高い。そこグは実施しないと思う。一イズアジャイル」と呼べるなどデジタルイノベーショのみなさまは奮ってご参加な情報 ( ※が目印 ) のリン お願いいたします。 ク集を用意しました。アジ に注目が集まりがちだ。アで登場するのが、テスト自方、アジャイル開発では、確固たるものは無い』といンへの取組みとともに、 ャイルジャパン公式サイト ジャイルソフトウェア開発動化である。テストが自動リファクタリングは重要でう議論からスタートしたコクラウド活用やアジャイル ミュ一一ティです。月一回の開発を適用する企業が増え開催時期 : 4 月下旬を予定 (www.agilejapan.org/ の一 ノー〉幹宣言では、「個人と対話」、化されていれば、要件に直ある。アジャイル開発は、 証 「変化への対応」といった接関係ないと思われる部分細かい単位の要件を開発しセミナーを中心に活動しててきています。各社とも取開催内容 : 金融情報システ番下にある「過去のアジャ 第学価値を中心に述べているし、も常にテストされるので、ていくため、アーキテクチいます。アジャイル開発の組み始めたからこその悩みムセンター様、セプン銀行イルジャパン」の『アジャ 品アジャイルソフトウェアの仮にデグレードがあってもャ設計が崩れやすい。例えビジネスへの活用 ( 活性が色々とあるのではないで様によるご講演と、参加者イル新聞関連リンク集』を イとレ でのティスカッションを予クリックしてご覧ください。 主ノ十二の原則でも、「日々一検出可能だ。しかし、テスば、ある要件を開発したと化 ) を推進するという立場しようか ? アジャイルジャパン実行定しています。 緒に働く」、「意欲に満ちト自動化が進んでいないと、ころ、コードを書いた後に、の方は是非ご参加ください。 セス 、、 ~ た人々」、「自己組織的な手作業でテストせざるを得そのコードの一部は共通化 ( 実行委員長藤井拓 ) 委員会では、事例紹介や情対象者 : 金融系企業の方、新聞を手に取り会話を 報交換できる場を設けて、金融システムを開発してい 土チーム」といったソーシャないため、影響範囲以外は設計すべきだと気が付き、 3 月セミナー アジャイル新聞第 1 号を ロル的な表現が多いためであ特別な理由がない限りテス次のイテレーションでリフ〈とき〉 3 月 28 日 ( 水 ) 各社での課題解決に繋がれる企業の方 ニフろうと推測する。確かに、 トしないはすである。したアクタリングしたという事 19 時 521 時〈ところ〉はと思い、サプイベントを募集開始 : 3 月下旬予定最後までお読みいただきあ ノ りがとうございました。デ 品川インターシティ棟 1 企画いたしました。 品アジャイル開発では、コミがって、テスト自動化率が例は、珍しいことではない。 →工 ジタル時代の今だからこそ ュニケーションに支えられ低ければ、テグレード検出リファクタリングは、テス 2 階鬮オージス総研会議室 ス 「紙」というアナログなメ 工セた暗黙知の多用、顧客と開は期待できない。しかもテト自動化が前提である。自〈講演〉エンタープライズ レ ティアにもこだわりました。 一フ寄〕〈発チ , 、 0 信頼関係 0 醸成 , ト自動化」、技術」〈 ~ 動化されテ , トをリ , ' ' ) ' ~ イら ' , ~ イ ~ 各プロフェッショナル団体に イ 昨年まで小冊子「アジャイ クタリング前に準備し、リエンタープライズ〈 ( 川口おけるアジャイルの検討状況 工 ルの魂」をアジャイルジャ ノウを開発しない工夫などが重画面系のテストを想定してファクタリング後に同じテ恭伸様楽天株式会社 ) ジ 要で、それらなしではアジいただければわかると思う。ストを実施して外部仕様が〈詳細・申込〉公式サイトアジャイルジャパンでは、て公式サイトからパン開催時に発行し、職場 フ ア ソャイル開発は成功しない。 単純にテスト自動化すると、変わっていないことを確認参照 ( ※ ) 2015 年と 2016 年に公開中 ( ※ ) 。また、 20 での回し読みと会話をお勧 式 様々なプロフェッショナル 18 年度からはソフトウェめしました。今年は新しく 上しかし、これらのソーシャ画面のテサインを少し変更するのである。リファクタ 設 ル系プラクティスだけでは、しただけでも、自動化したリングしなければ、見通し【関西圏】 電 団体からアジャイルの検討ア品質管理研究会に「アジ「新聞」という形にして、 ネ》開発するソフトウェアの品テストプログラムの修正がの悪いコードになってしまマスクラム道関西 状況を発表していただいた。ャイルと品質」コースが発より多くの方々が気軽に手 質確保は難しい。アジャイ必要になってしまう。テス に取って読んでもらえるよ い、以降の開発でテグレー 自身の現場をより良くしその中から「品質 / テス足する ( ※ ) 。 一つにしました。 アジャイル開発のプラクル開発の品質確保では、技トプログラムの修正を無修ドを発生させる危険性が高たい。でもどうやれば良いト」に関する情報の一部を いまこそアジャイルにつ ティスで、みなさんが最初術系プラクティスの採用と正か最小限に留めるにはどくなってしまう。品質確保のか分からない。仲間を探ご紹介する。その他の団体◆ 2016 年の発表から に思い浮かべるものは何だその適用レベルが直接的にうするか。こういう細かいを念頭に置くと、アジャイしたい。楽しく議論したい。の資料については公式サイ いて皆で考え、取り組み始 技術的解決を積み重ねてい ろうか。、朝会、タ影響する。 ル開発にとって、リファクそんな方にお勧めのコミュト ( ※ ) をご覧いただきた 3 (--•の主催団体でめるチャンスです。この新 スクポード : ・。長年、ソフ例えは、テスト自動化とかないと、テスト自動化率タリングは必須のプラクテニティです ( ※ ) 。 あるソフトウェアテスト技聞が、周りの方々とアジャ 年に数回、「 イスなのである。 いう技術系プラクティスををあげることができない。 トウェア品質保証に携わっ 術振興協会 ( ) イルについて会話するきっ から「テストの人はアジャカーイー 、ナ乍りこなれば幸いです。 てきた経験から考えると、考えてみよう。テスト自動なお、ウォーターフォール テスト自動化とリファク」や、◆ 2015 年の発表から アジャイル開発でソフトウ化はほとんどの開発チームモテルの場合は、テスト自タリング以外にも、ペアプスクラムに関連する事柄を イルに共感できる ? できな次号もご期待ください。 ェア品質を確保するには、 が取り組むだろうが、問題動化はアジャイル開発ほどログラミング、 0—、集合少しだけ深く考える「スク 日本科学技術連盟「ソフい ? 」と題して取り組みを ( 実行委員和田憲明 ) 水採用するプラクティスが大はその自動化率である。ア切実な間題にならない。多レビューなどは同様に品質ラムナイト」を開催していトウェア品質保証部長の発表いただいた。テスト技 きなカギとなると思う。しジャイル開発で怖いのはテくの場合、各テストは一回へ大きな影響を及ほす。ぜます。その他、気軽に議論会」から「流行りのアジャ術者資格認定事業 7 かも、特に品質と関係するグレードである。テグレー実施するだけなので、最悪ひ技術系プラクティスの適や悩み相談が出来るようにイル、品質保証部門は何すからは、 Agile 新告定】トト 月のは、テスト自動化、。 ヘアドとは、修正の影響で既存でも手作業で乗り切ること用と効果について、関心を隔週でオープンジャムを開るの ? 」と題して取組みを Teste 「 Extension syllabus 引号行一エメ 年プログラミング、リファク機能が仕様通り動作しなくができてしまうからである。持って取り組んでいただき催していますので、興味あ発表いただいた。その研究の日本語翻訳版がまもなく 【ロネ る方は是非ご参加下さい 成果は第六期レポートとしリリース予定 ( ※ ) 。 タリングなどの技術系プラなることだ。アジャイル開次に、リファクタリングたい。 ジ第明ブマ ア クティスだ。 ( 代表森田和則 ) 発は、要件を細かく分割しを考えてみよう。リファク