アジャイル新聞 第2号

キーフレーズ

アジャイル アジャイル開発 日本 開発 ソフトウェア 実行委員 システム開発 必要 ウォーターフォール チーム 参加者 開発者 ジャイル アジャ プーム 回答 公式サイト 関連リンク オフショア プロジェクトマネジメント 考え 不安 経営者 技術者 システム カンバン 金融機関 企業価値 誤解 トヨタ生産方式 FinTech モチベーション お客様 認知度 情報システム プロジェクト バーンダウン みうらじゅん 変化 企業 業務 経験 時間 グローバル 開発チーム 理解 実践 機能 作る 推進 できる ガイド 意思決定 ジェクト 一人一人 インタビュー ドキュメント デジタルトランスフォーメーション 始め 書籍 事例 価値 担当 社内 特徴 部門 AgiIe 道案内 ャイル 方法論 アメリ ACP 生まれ リーン 重要性 合わせ やり方 主体的 スキル 効率的 東京都 考え方 ツール ジネス ファミリーコンピュータ 新聞 経営 企画 向け 情報 ご覧

目次ページ

ジ < ( 著者インタビュー・ 1 面から続く ) 編集後記 一卩 姿 き 【】なぜ、が発刊したのか ? べ 8 る は法人正会員含め主に日本の、る 考文献」に記載されているも三十年前にナムコから発売 ( 独立行政法人情報処理 ) からアジャイルに関する新ドキュメント「— よ 製造、エンジニアリング建設業の会社の関わあ ( のからの抜粋であり、アジャされた「ファミリーテニス」 頁 + ( アジャイル銀 ) 」が公開された ( ※ ) 。「アジャイル」は、第四次産 りが多く、そのソフトウェア開発が伴うプロ 7 イル開発のすすめ方を学ぶきというテレビゲームがある。 あ 業現するために必要なアプローチでありながら、アジャイル開発そのものに関 7 ジェクトへの遡及のために今回出版した。 ファミリーコンピュータ用の つかけとして作成した。 する的確な理解が十分普及していないという問から、アジャイル開発のべースに これらは、読者からのフィ対戦スポーツゲームで、十字 カが提唱する、プロジ = クトとプログラ あるマインドセットや原アジャイル開多ロセスやチームの薑、および開発者の ムによって価値を創造する 2 の考え方と義 ードバックや今後のトレンドキーとボタンのみで操作 定 開学ぶべきスキルについて説明している ( 公式サイトより引用 ) 。 アジャイル開発は共通性がある ( 図参照 ) 。 や最新の技術要素等に合わせする、極めてシンプルなゲー を 引本ドキュメントはにてにある「十一一の原則」を、こ「アジャイル開発のすすめ方」ながら、継続的に改善していムだ。しかし、奇跡的なチュ 工 【】どんな構成か ? ャ約一年間議論してようやく完れから日本でアジャイルを実 く予定である。 ーニングが施されており、恐 ジる アジャイル開発の①生まれた背景②概要ロす ジ成にこぎつけた。筆者はメン践する方々の行動指針とし、 アジャイル開発の知識・理国 ( 経済産業省 ) の所管でろしく奧が深く、当時やりこ ③採用する上での留意点、リスク回避方法 とバーの一人として参加した。様々なケースで求められる状解が断片的で、すすめ方がよあるからこのような文んだ人も多い。私は今でも対 」実 る マ後への展望 ( 大規模システム開発への適牟り、 方第四次産業革命に資するた況判断のガイドとして役立てくわからず、なかなか始めら書が発行されたので、お客様戦相手を探しては時々遊んで 姿え 用など ) ⑤事例紹介 (> サービス構築、作 めのアジャイル人材育成の指てもらうことを目的とした。れなかったり、始めたが苦労や自社内でアジャイル開発をいる。私はこのゲームを通し の考 自治体への導入など ) から構成されている。 まの標として何か作れないかとい四つの価値が日本でどうしてしている人たちも多いのでは説明する道具 ( ツール ) として「魅力的なソフトウェアと まうからの打診から始ま誤解されてしまっているのかないか ? という観点から作成てもご活用いただきたい。例は何か」を初めて真剣に考え ギ、ンム 【】どのような人に読んで欲しいか ? グ あった。アジャイル版スキル標を説明し、十二の原則を直感した。アジャイル開発をあまえば、これまで頑張 0 て理路た記憶がある。 この本はまさしく「道案内」であって、初 準のようなものが作りたいと的なキーワードで読み替えり体系的に学んだことがない整然と説明しても中々耳を傾アジャイル開発への注目が 図 心者にも分かり易くした。もっと深く知りた いうところから入ったが、常 ( 図を参照 ) 、各キーワード人向けに、一例としてスクラけていただけないような場合年々高まっている。様々な分 聞王 ければ豊富な文献により、より詳細へ、より 到達レベル に状況に合わせて変化を受け毎に基本的な考え方と行動規ムをベースとした簡易解説書などに、理屈では無く権威の野で魅力的なソフトウェアが 深く、アジャイルの世界へと導いてくれる。 入れて、よりよいやり方を模範の例を示した。 にした。その内容はほほ「参方面からつついてみるツール求められている証拠だ。三十 を また、開発者だけでなく、経営者やプロジェ 索し続けるアジャイルにおい として使ってみてはどうか ? 年前のソフトウェアとは異な イ 割 クトマネジャーの方に読んでいただきアジャ ャ ( お国もこう言ってますよっり、今のソフトウェアはイン ては、単に必要スキルを並べ 分 こ ジ↑イルの本質を解ってもらいたい。 ることにメンバー全員が価値 てささやくだけでも効果的でターネットと常時接続し、ビ ア 求 を 以下① 5 ⑨が我々が纏めたアジャイル開発の を見出せないでいた。それよ る は ? ) ジネスの行方を大きく左右す よ の て ズ 特徴である ( 表参照 ) 。 る りも、なぜ欧米はおろかイン 整よまた、アジャイルに対してる基幹システムになった。変 探 化ま 覧 ド、中国、スリランカなどの を 中途半端な理解までしか進ん化に迅速に追随できないとビ ク 認定い収 よ 工 週方 【】経営者はどのように読めばよいか ? アジアの中でもアジャイルの か毎 で でいない方や初めてキチンとジネスが市場から取り残され 確固なに き な を ま まず日本にアジャイルを遡及し、企業価値とはし内 普及が日本に於いて遅れてい 方 と学ほうとしている方に向けたてしまう。そのような重要な 生 客間定 も を ス を上げていくためには経営者が今以上に よ るのだろうということから議 勤みスタータードキュメントとしソフトウ = アだからこそ、常 顧期固期 の ペ 術価 の重要性・革新性を理解する必要がある。そるで発は発 ノ 論を積み重ね、次の一一種類の則 6 てもコンパクトにまとまってに改修 ( チューニング ) でき モ 、捗定 ダ の裏付けとして第 1 、 2 章を読んでいただきすア開目開 文書を作ることとした。 言いるので、キックオフ用の参なければならない。 よ 自 よ ム 発工 ( 項型話 たい。世界の企業価値ランキングトップ 5 は、開ウス発復対るす 宣考資料や、社内啓蒙の資料な以前、製造業で長年活躍し にトク開反接すに 「アジャイルソフトウェア開あ 開ど、意識合わせのツールとした技術者がアジャイル開発の 年前と顔ぶれが代わり、アップル、グーグ 的フツがの直理限 アても是非活用していただきた話を聞いた時の言葉が忘れら ル、マイクロソフト、フェイスブック、アマ先ソボるつの管用小発宣言の読みと蒡」 工 ゾンの企業である。企業価値を拡大する優くムす 1 間ト活最 ( 渡会健 ) れない。「ソフトウェアはい 後 る ウ ら動イ定 ( 一ツのを き 0 ためには必須である。事業の変化と技術 ト いなあ。出荷直前まで改修で か、タ固割バケ度成全ての基礎となる「アジャ背 で し フ きるのだから」。 を 話 ス の進化によりアジャイル開発が必須にな「て能発 = を分ンチ高作イルソフトウ = ア開発宣言」の お ソ 更 対 いくことを正しく認識していただきたい。 か を知らない、あるいは中身の る 変 ン方昔の技術者はもちろん、 し期期機ム業ルト 接 向 直 高返発発の一作一ン意味をよく知らない人がとて イ ら 聞行バみ周りの業界からも、俊敏に改 も 日 抜 め の繰開開象チのツメ 間標 ャ ム 新告発ャし 【】他の特徴は ? も多いため、読みとき方を伝 目 修できる今のソフトウェア業 度間型型対、て化ュ レ求見週 ル予日ジ楽 ジ の信チ 国内事例 4 つを含む 5 つの事例を紹介して要期復復発客べ動キえる文書が必要ではないか ? 足質 イ号 9 ルの界は、うらやましくてしかた 発ア イ満本を掲開 ャ 3 1 イ 8 いる。アジャイルの特徴の共通視点で分析す重短反反開顧す自ド という観点から作成した。 の物 ないに違いない。俊敏さと品 も ジ第月ャ 1 年糸ることにより、より実践的に学ぶことができ 質を兼ね備えたアジャイル開 ア 7 ジ 0 「アジャイルソフトウ = ア開 ) ノ顧成全人顧図 る。 ア 2 発を実践しない理由はない。 表【本書がまとめたアジャイル発宣言」を実践者共通のマイア・・・・・・ ンドセットと提え、その背後 ( 編集長・和田憲明 ) 開発の特徴 ( 23 頁より ) アジャイル開発 時間