アジャイル新聞 第3号

キーフレーズ

アジャイル アジャイル開発 ジャパン 日本 サテライト トヨタ セッション 開発 Agile Japan 実行委員 リーン 参加者 基調講演 アジャイルジャパン 思い 2018 開催 株式会社 スポンサー イベント 名古屋 AgiIe 企業 監査 スタートアップ 自分 エンジニア 勉強会 バックログ コミュニティ ネットワーキング Room 和田憲明 apan お願い プラクティス システム開発 東京電力ホールディングス株式会社 事例 参加 共有 考え 向い 欧米 取り組み アジャイ 公式サイト テーマ しよう 株式会社野村総合研究所 新聞 展示 組織 製品 感じ 現場 仕事 注意事項 酒井崇男 ジャイル JapanTaxi ファシリテーション ウォーターフォール チーム 考え方 実践 会場 価値 経験 方々 思っ 代表取締役社長 TSUBAKI マインドセット トヨタ生産方式 フィードバック スクラム 可能性 ャイル 開発者 保護者 コミュ COSMOS SAKURA プロジェクト クロージング 今村 紹介 設計 社内 理解 勉強 生産

目次ページ

ー 0 年目を連をました 2018 年 7 月 19 日 ( 木 ) アジャイル新聞 シン・アジャイル これまでのアジャイルジャパンについて、タイトルロゴ / テーマと実行委員長による感想でふりかえりましよう ! 体験しよう ! 考えよう ! 行動しよう ! ーー広がる一一つながる - 一動き出す - ー Agile Japan 2011 AgiIe Japan 2010 [ 日本のアジャイルはここにある ] 日本のアジャイルはここにある一 アジャイルジャパン、初開催 ! 震災直後の開催、仙台とネット中継で結んで 野中郁次郎先生の登壇 日本とアジャイルを結びたい。活気溢れるイベントにしたい。 2 年目には知識創造企業で有名な、野中郁 なんといっても、 Linda Rising のキーノート、「 FearIess この 2 点で、イベントがはじまりました。日本 ( ジャパン ) も 次郎先生に登壇をお願いしました。海外か Change 」が印象的でした。震災後でまだ余震の不安がある 大きなテーマだったので、 TP S ( トヨタ生産方式 ) をアジャ らはオルタナテイプ・アジャイルとして注 中、彼女だけが「行くよ」と言ってくれました。講演後に何 イルと同列に扱い、海外キーノーターの Mary P 叩 pendieck には 目を浴びていた KANBAN 手法の AIa Ⅱ 人かが泣いて彼女を訪れたのを記憶しています。仙台と中継 TPS の話を、国内キーノーターの黒岩さんにはアジャイルの Shaloway を迎え、野中先生とのパネルディ でつながってサテライト紹介ができたのも会場の参加者に強 話をお願いしました。カルチャーをクロスで扱うことで、日本 スカッションも行いました。会場に日本国 い体験を与えたことでしよう。もう一人のキーノーター當仲 の現場のエンジニアや管理職にも訴求したかったのです。また、 内の現場から集めた、「見える化」の実物 寛哲さんも、 UNIX shell programming を用いたアジャイル セッションはワークショップ形式と事例を中心とし、 1 つの大 を展示したのも思い出深い。クロージング な開発手法と人間味のある顧客との関係づくりを話して頂き、 きな会場で場所を分けて 6 つ並行させました。双方向の会話が を岡島幸男さんに仕切ってもらい、全体の 大いに盛り上がりました。クロージングは、ワールドカフェ まとめを会場全員で共有したのもよい試み で起こる、これまでにない形のイベントの先駆けにな でした。日本ではまだ知られていない手法で、会場全体の共 ったのではないか、と思っています。 ( 平鍋 ) でした。 ( 平鍋 ) 有体験を得ることができました。 ( 平鍋 ) 0 n90 ををこす 今こそ語り合おう、アジャイルの ABC AgiIe Japan 2012 明日を変える カラがつながる 大阪をメイン会場に全国 1 0 都市開催 ! 禅とアジャイル 公募・産直セッションで全国の事例発表が集結 ともに創ろう、日本のアジャイル ! をテーマに、日本の アジャイルジャパンの熱気を全国の人に伝えたい。 いまでは恒例になりましたが、この年から公募・産直 の想いを実現すべく、メイン会場を大阪に、 1 0 都市 各種サービス開発や各種産業で開発に携わっているみな セッションにチャレンジしました。 ' こまでは実行委 ( 札幌、仙台、東京、富山、長野、名古屋、島根、愛 さんの事例テーマを中心にティスカッションを行いまし 員メンバーが全国のアジャイル開発の事例情報を収集 媛、福岡、沖縄 ) でサテライト開催。日本全国のアジ た。基調講演では、禅僧でもあり世界各地の日本庭園デ して講演依頼するケースが多かったのですが、この年 ャイル開発者約 7 0 0 名が集まるイベントとなりまし ザイナーとしてご活躍される枡野俊明さんに「柔軟心 から発表事例の一般公募を行いました。実際に公募し た。キーノートには「アジャイルサムライ」著者の ( にゆうなんしん ) と庭園テザインにおけるユーサーエ てみると、大変興味深いセッションが公募枠の 5 倍以 Jonathan Rasmusson 氏をお招きし、アジャイルリーダ クスペリエンス」というお話をいただきました。庭園デ 上集まり、選考に大変悩みました。 ( 選ばれなかった ンノブについてお話いただきました。大阪のメイン 方が、サテライトでの発表や翌年にチャレンジいただ ザインにおいても、庭園に訪れる方の視点、周辺の状況 会場の参加者 3 0 0 名の約半数は電機メーカーなどの に応じて、デザインを変えていく。ソフトウェアやもの けた方も多く、みなさんの行動力に励まされまし 大手企業から参加いただいたのも印象的でした。日本 づくり全般に共通する考え方がありました。参加者のみ た ! ) 公募セッションはいすれも実践的で独自の工夫 の産業を支えるエンジニアのみなさんが、「日本のア なさんも新しい視点で、ものづくりに対する考え方・姿 も多く、アジャイルジャパンで得られる情報・ノウハ 勢について多くの気づきを得る良い機会になったのでは ジャイル」について語り合う新しい場をつくれたので ウがより幅広くなった機会でもありました。 ( 西河 ) はないかと思います。 ( 西河 ) ないかと思います。 ( 西河 ) (Q)Agile 」 apan Agile 」 apan2016 あなたとつくるアジャイル 小冊子「アジャイルの魂」発刊 ペア発表限定での事例公募 7 トラック ! モププロ行動展示 日本の普通の企業でもアジャイルへの関心が高まって アジャイルの実践が広がってきました。現場では、役 それぞれのアジャイルにそれぞれの想いあり。その思 きました。しかし、これまでの長い期間に渡って企業 割の異なる人達による協調だけでなく対立も増えてき いを、講演者 / 参加者に「シン」という漢字で表して を支えてきたウォーターフォール実践により定着した ました。お互いの思いを明らかにすることで、良い取 もらいました。公募セッションを大幅に増やし、過去 「計画を重視する文化」が阻害要因となり、なかなか 組みになることを信じ、ペア発表という形態を取りま 最高の 7 トラック構成でお届けしました。さらには展 一歩目を踏み出せないと感じました。そこで、アジャ した。また、昨年に引き続き、これまで日本を支えて 示工リアでの Mob Programming 行動展示会もあり、基 イルの基本姿勢である「失敗から学ぶ」ことを伝えた きたプロフェッショナル団体をお招きし、アジャイル 調講演者の Joshua も加わって、みなさん楽しそうでし く、このテーマに決めました。強烈なメッセージを発 の検討状況を共有していただきました。私は参加者の た。本イベント後に各地で開催されるサテライトでは、 信してくださった横塚氏の基調講演、日本の S I 企業 方々と会話し、これまでウォーターフォール・オンリ 8 つの企業内サテライトが実施されました。これまで から経営層の方々をお招きしたパネルディスカッショ ーだった人々が、いよいよアジャイルに取り組むため 各地域のコミュニティが支えてきたアジャイルの輪が、 ンは大いに盛り上がりました。手渡しできるメディア の準備や試行を始めたことを実感しました。 ( 和田 ) ついに企業の中にまで浸透してきました。 ( 和田 ) として「アジャイルの魂」を発刊しました。 ( 和田 ) AgiIe Japan 2009 次世代のリーグーをつくる 6 ? 7 会ロ本アイ・ビー - ・エム物式会社 籍本社 ″集まろう、そしてひろげよう″ 2014 2013 " ともに創ろう、日本のアジャイル " AgiIe Japan 2013 5 / 24 glle を第る 日本アイ・ヒー・エム株式会社 第物本社 “失敗から学ぶアジャイル、成功につなげるアジャイル ' ・ ~ アジャイルでつくるミライ ~ Agile Japan はここまでの道のりの中で、有志が集いコミュニティを形成し様々な試みや経験談を共有し ながら拡大してきました。また近年ではその拡大の方向は、システム開発技術者だけではなく現場を執り しきるマネージャ層やシステム開発を生業としない企業へも向かうことにより、 AgileJapan らしさとい うものもつくられてきました。今回 AgiIeJapan2018 ではここまでの過程を踏まえ、技術者やコミュニテ イとビジネスの融合、そしてそれを促進するために多くの対話を生み出す場としていきたいと思います。 そしてその対話を通してお互いのことをもっと知ると共に、何故我々はアジャイルになりたいのか、われ われの WHY 、つまり大義や信念は何なのかを確認しあい、これからの更なる発展の原動力を生み出して いく機会を作る場としていきたいと思います。 ( 今村 ) Agile 」 apan 2018 OATC 2018 ユ 19 Thu.

アジャイルジャパンは 2018 年 7 月 19 日 ( 木 ) アジャイル新聞 ( 5 ) 2010 年 お決まりのポーズ ! アジャイル新聞初のカラー印刷なので、カラフルな素材を集めました。 アジャイルジャパン公式サイトに掲載されている、時を超えた 2 枚の写真を ご紹介します。左半分の人が「 A 」を、右半分の人が「 J 」をポーズして、 全体で、、 A g i 1 e J a p a Ⅱ”を表現しています。 ュニティとの連携も盛んです。 さまざまな現場の知見が相互作用し、アジャイル開発はさらに上のステージ ・に進みつつあると感じています。 アジャイル開発成功の鍵は、この 2 つの強みを存分に活かしていくことだと 思うのですが、実はそのためのヒントをコンパクトにまとめた小冊子がありま アジャイル開発者達の物語 本紙「アジャイル新聞」の発起人である和田憲明さんが 3 年に渡って計 3 回 「アジャイルの魂」 刊行した「アジャイルの魂」という小冊子です。編集担当者 ( 私 ) としては毎 年ギリギリのスケジュールで、もうちょっと早く進めていただけないものかと 思ったものですが、今この原稿を書くに当たって、締め切り前日の夜まで引っ 張ってしまいました。脳内進捗は 9 割なのですが、原稿を書くって本当に大変 です ! 今までキッチリ原稿を仕上げてくださった著者の方々を心から尊敬いた します。 回 ! 回 最後になりますが、アジャイルの魂はまだ在庫があります。 もちろん電子版もあります。今後のあなたのアジャイルライフ を、より一層充実させるお供としてぜひご活用ください ! manaslink shop ■野口隆史 (Takafumi Noguchi) EM ZERO やアジャイルの魂の編集担当者。実はアジャイルジャパン初期の実行 委員もしていました。最近はロードバイクやイキカタにはまっていて、懸田剛 2015 年版 2016 年版 2017 年版 さんとのイキカタ部活動 ( ※ ) や、ガオリューさん達との大人の部室活動を気 ままに続けています。時間があるときは Zwift をしています。 小冊子「アジャイルの魂」発行人から アジャイルジャパンも今年で 1 0 年目、アジャイル開発はすっかり市民権を 「アジャイルプラクティスメトロマップ」 得たように思います。 1 0 年前を思い返すとアジャイルはまだマイノリティで、 ちょっと怪しい香りもする開発手法でした。アジャイルという「邪」を連想さ Agile Alliance が作成したものを実行委員会で翻訳しました。オモテ面は地下鉄の せる言葉の響きもさることながら、私も含め一風変わった人がアジャイル業界 路線図を模したプラクティス相関図 ( 下記 ) 、ウラ面は各プラクティスの簡単な には多かったように思います。和田憲明さんや今村博明さんのようなちゃんと 説明です。 Agile Japan 2016 の参加者に、印刷物として配布しました。カラフルで した方がアジャイルジャパンのフロントマンになっている今は隔世の感があり すね ! 「アジャイル初心者向けセミナー」ページ ( ※ ) からダウンロードできま ます。 すので、ぜひご活用ください。 当時のソフトウェア業界は問題は多々あれど S I 全盛期で、多重下請け構造 元資料 : シ / gu ・・騨・可 bw ・ y ・用 の中で部分的に ( ときにはコッソリと ) アジャイル開発を取り入れていくケー 00 れ e の Ready の見積もり相対プランニング スがほとんどでした。 . 今でこそスタートアップや DevOps などアジャイルが真 かんばん定定第ポイント見積もりポーカーバックログ ROI Given ・ Fe ョ加 2- When- 価を発揮する場面が増えてきましたが、ほんの 1 0 年前はアジャイルかウォー Reason Then BDD ターフォールかという神学論争 ( ? ) をしていたのです。「日本は特殊だか ら」「うちは特殊だから」という、もっともなようなそうでもないような話も たびたび耳にしました。 スクラム・ スト - リ - マッビング そんな中で日本の開発現場にあった強みは、そもそもアジャイル開発の起源 スクラム ストーリー分第 3 つの質問 が日本にあったことです。アジャイルの考えを掘り下げていくと、実は先輩が 第なユ 持続可能な 0 カレンター イテレーラョンへシティリリーススリー 昔違った名前で実践していたことだったり、元々企業文化として存在していた サイン次 プログラミングアップミーティング ものだったりしたのです。 0 チーんレーム アジャイルという言葉をきっかけに、日本のものづくりの強みが再発見され、 プロジェクト 最近では日本独自のアジャイルが生まれつつあるように感じています。 定期的なファシリ ふりかえりテーション そしてもう 1 つの強みが、アクテイプなコミュニティの存在です。アジャイ ルジャパンも 1 つのコミュニテイだと思いますし、ほかにも会社や業種を超え た横断的なコミュニティが数多く存在します。東京だけでなく、地方にも個性 的なコミュニティが存在し、アジャイルジャパンサテライトの運営母体になっ ていたりもします。 TOC やファシリテーションなど、アジャイル以外のコミ アジャイルには 知第と気が拠要だ . 日本のアヨャイルの 「今」をしる子 あなたとつ ( るアヨャイル リートタイム バックログ ベルソナ 継続的 デブロイ ATDD 受け入れ テスト モック TDD ユニット 簡化の掲針テスト 探素的 素阜い テスト 設計セッション タスクポート ュビキタス言第 シンプルリファクタ 設計リング 続的 共同所有イ、 レーション 3 つの C 自動ビルト タイム木ックス INVEST バージョン チーム反復的なインクリメンタル 開発 開発 ・ 2013 ・加 15 A 0 をし物 t ⅵし則′′Ⅳ、 - : A 0 加 16 実行・員会 ユーサどリディ デスト 21 ー V11

アジャイルジャ。ハン・実行委員のコラム ( 遠藤独 ) いた人達が、私から学んで いるのですね。 もともと和を重んじる日本人の美徳とアジャイル 何が起きているのか、と アジャイルの源流と課題 昨今、や雑誌からもめ思い出してみました。アジ実現欲求 ) を例に挙げると自向上に繋がると考えました。 いうと結構大きな問題。 「アジャイル行政」「アジャヤイルの適用目的の 1 っとし己実現に向かって絶えず成長チームの生産性を重要視すれ は E--Ar-n の工場で見られる 990 年代 Womack ・ Jones はじめに ( 実呂から ) 氏 イル人事」などアジャイルとて顧客満足度向上 (0 ) やする前には色々な欲求を満たば、相互に助け合う風土醸成 に始まり Liker ・ Ward ・ 欧米でアジャイルやリー 男サーバントリーダーなの が必要不可欠ですよね ! 、うキーワードでソフトウェ価値最大化ということは一一一口うす必要があるようです。 ンの補正に取り組み始めた 崇だ・・」と若干無理じゃなま一・ M 。「 = などによるし いの ? と突っ込みたくなる「トヨタ研究」が実は最初ア開発以外の適用も耳にするまでもありません。但し、そずばりアジャイルな組織で日本企業の基本理念、経営 日本人がいます。「トヨタ のですが、彼はトヨタを引から大きなところで間違っようになってきました。このれを実現するには、社員満足社員の満足度を向上させるた理念、考え方をみても、「チ の強さの秘密」「タレント 日本のアジャイル業界のき合いに出しては、自説をていたのですね。ボタンのような同じ志を持つ、さまざ度も重要な要因になめのアプローチとして「個人ームワーク」 . に類似するキー の時代」などの著作で知ら ワードが入っている会社が多 れる酒井崇男さんです。ス一皆さんも「リーン」という権威づけ、説得力を持たせ掛け違いが最近まで続いてまな業種・業界の方との繋がります。言い方を変えればビの能力」以上に「チームワー クラム開発者のサザーラン ~ 言葉は馴染みがあるでしょています。実は米国ではトいました。リーン生産とりの機会、事例発表の場としジネス価値を提供し続けるにク」に注目する必要があるのく存在します。もともと日本 ドの巴。には酒井さ了つ。「リーン生産」はトヨヨタ流は「絶対正義」とさは事実上同じです。してアジャイルジャパンも拡がは、社員の欲求も継続的に維ではないでしようか。すなわ人の美徳として和を重んじる ってもらいたいです ! 持できる環境作りが重要です。ち「和の力」の貢献度合も人所があり、アジャイルの拡が んの著作が参考文献として ~ タ生産方式。まれています。こういう話をかし、最重要な製品開発が さて今回は、その中でも適マズローの欲求 5 段階説事評価などでしつかりキャッりと一緒に、更なる社員満足 登場します。リーンという一た、そのリーン生産やトヨすると日本人だけが「 ? 」違いました。と 言葉を考案したメンバーの ( タ製品開発の断片をもとにとなるわけですがアジャイは全く別物で大きな補正用の拡がりに加え「チームワ ( 生理的欲求、安全的欲求、チアップしフィードバックす度向上の施策も必要になって ルジャパン 2018 のセッが必要。で、量産と製品開ーク」の重要性を、復習も含社会的欲求、尊厳欲求、自己る考え方が、モチベーションくるのではないでしようか。 ダン・ジョーンズやフラン ( 派生した「リーン開発」 スで著名なマイケル・バレ ( なる分野もありションに参加された皆さん発リーンの筋違いの議論・ はじめ多くのリーン・アジ ( ます。これらはアジャイルは、欧米諸氏の心理的背景解釈・誤解が、いわばミン仕組みを彼らは知りません。 ャイルの指導者達が酒井さ ( のもとになったり、同じこがざっくり分かったのではチになって、そのままアジお客さんはソフト自体を買 ャイルにも継承されてしまっているわけではなくて、 んの本で勉強中。彼らが学一とを言っていたりとかなりないでしようか。 体験価値を買っていますよ 新んでいるのはトヨタ製品開一影響を与えています。最近書籍を執筆してから、欧っています。 パリの会議で、既に他界ね。タスクの効率化では ~ リーンというと「リーン・米のリーン開発会議に呼ば ル発です。リー 「解」には近づきません。 イン・アジャイルのもとにな ~ スタートアップ」や r リーれて基調講演をしています。した Ward の仲間だった でな ャったのは、ではなく一ン・キャンバス」のことだ英語版「 The 。「。 ( ま三 nd Kennedy さんと議論をしてリーン・スタートアップの 、つまりトヨタ生産一と思う人もいて個人的には the success of Toyo 」が世界いました。彼によると、私リーンも実は派生。 ア イ 方式。洒井さんが詳しく紹一驚いているのですが、こので発売され業界の人達に広の本が出るまで結局欧米人成果はどうなのでしようね。 のす 介するまでは、欧米では主 ~ リーンももちろん元を辿るく読まれています。今春行はの仕組みを誰も知全面採用したはその後 われた LPPDE Paris では、 らなかった。トヨタを真似どうなりましたか ? そもそ 査制度やトヨタの製品開発とトヨタ流なのですね。 たよ しるい は正しく理解されてはいま ( アジャイルはリーン思想私がオープニング基調講演て [email protected]とか主査とかいう役もリーン・アジャイルは手 まあさ せんでした。ササーランド ( から歴史的には大きな影響と欧米の大企業向けにトヨ職を作ってみたが実際には、段・発展途上。ソフトを作 しがだ 氏によると、 0 はトヨタ一を受けています。 Kanban はタ製品開発 (e ) ワー全くまと外れなことが行わる目的を考えて、エ数商売 にろく ) ② から製品価値創造で稼ぐ仕 の主査派生。しかしそもそ ~ の管理の話がクショップを担当しました。れていたわけです。 ラい合 もが欧米では知られ ~ 入っています。スクラム開私は欧米のリーン業界の人は大きく問題はな組みを学んで下さい。その レイなし上 ていなかった。それでなん一発者のサザーランドの著作達とはほほ全員面識がありいです。しかしとしヒントはではなく筋面 のい話尾 ってとン だか少し無理な部分や、あ ~ を英語で読むと内容はトヨます。リーンという言葉をて欧米で知られているもの的にはの方です。日 4 っ々イ いまいな部分があったわけ ~ タ本だと言っても良いほど作った womack ・ Jones はじは wa 「 d 一派によるものも本の方々もではなく特硼 をい方ザ 子くのテ によるものにの役割・ * です。わたしたちが学んで ~ です。論拠に困ると「なぜめリーン生産の人達、リー 様手く いるアジャイルの源流に遡 ~ ならトヨタはこうしているン開発を作った人達。皆さも不毛です。スクラムは機能とその周りの仕組みを の上近 0 会、お・ ってみましよう。 - から」「プロダクトオーナんが読まれている教科書のの一部と Ward の今後正しく知っていただく 朝ずひ絵ロロロ たらぜ 木 ( アジャイルジャパン実行 ~ ーはトヨタの主査に着想を著者達と大半面識がありま断片をミンチにしています。と良いですよ。 一得た」「スクラムマスターす。その大御所と呼ばれて最重要な「何を作るか」の 田委員関満徳 ) 用関 ? 6 活もか 1 度 ( 現在のチーフェンジ一一など、さまざまな制約条件方式 (E•-AT) とは異なり、という効果がある。酒井氏 【用語解説】 をにす 、、ドるま 4 7 トヨタ響開発 (&A*A) ア制度 ) にもとづく新製品を満たした上で、売れる製製品開発部門が売れる商品の書籍によれば、トヨタは、 一いし 1 開発。特徴は、顧客ニーズ、品を開発することを目標とを市場に投入するという課価値と利益のほとんどをト ボてを・ クしス題 1953 年に長谷川龍雄氏市場競合性、市場品質問題、している点にある。運転資題に対して、人や組織の問ヨタ製品開発で生み出して スをイ咄① によって発案された主査制技術動向、社内外開発能力金を最小化するトヨタ生産題を独自の職制で解決するいるとのことである。 ノタ会バ アジャイルジャパン 2018 スピーカー酒井崇男氏寄稿 べらべらべーら ・ペペべらべーら べらべら べらべらペーら べらべーら べペべらべーら ④ 、 01 ・ 01