アンコール・ワット

キーフレーズ

アンコール・ワット アンコール 王都 メートル クメール 寺院 カンポジア シヴァ 日本 ヴィシュヌ神 高さ 彫り テラス 中央 アンコール・トム 回廊 日本人町 日本人 建築 熱帯樹 アンコー ガルーダ イヨン ラテライト シャム インド 祗園 ジャヤ・ヴァルマン 遺跡 ラモン 建物 フロマージェ フランス 神々 阿修羅 現在 建て コール アンコ ワット しかし カーン 小部屋 ジャワ 二回 東南アジア クレアン 大蛇 一つ 人々 人間 リンガ 彫刻 仏教 メコン 意味 十三世紀 ヴィシュヌ 右近 スールヤ・ヴァルマン 落書 精舎 中心 南北 王朝 ハイヨン スラ・スラン 見る 森本 塔の ここに 城壁 仏像 考え 建立 巨人 山田長政 十一世紀 ル・ワット

目次ページ

トム建設者 , ジャヤ・ヴァルマン七世の像 アンコー / レ・ で大明 新 し北 を し ド つ に の ・つ ウ 第 て来 あ き フ第 で た て の し カ で も く いああ け〇 ダ た のる る神現都ヴ次 ヤ次 。も ス王 る て 四 カ ; 都 テ王 が 々 そ ア王 で 九 の ク ) ィ 都 の ま ) ル都 ル は で の の の座 ま さ あ 現 テ ヤ 心、 まれ っ在古所跡 う 王 を ン し 引 、ヴ朝 の 、王建 ヒ。 ア か た き 新、 、は フ。 が の須 か ア ト メ 、ヴ し 継 。王ラレ ム 囲 九者 ピ 弥 ノ と ア メ ァ 新 が 卓月 よ 壁 だ 山 ム 四 は ラ ル王 れ ア 」王 イ け り ン カ 四 の の ナ 卓月 マ 朝 た時 は 広 は か の ノ、 。代世ら さ引 殿 ハ ジ る カ の 宮面二代 確か に に征 ン ノ、 ま つ に 世 殿目 目 な 実 に不越 移 よ服 ク ) 0

いを , ゞ アンコール・トムの中一む寺院 , パイヨン期

ⅱ 0 から少し離れた南西よりのところに、 ' ハブオン寺院を建て、ここを王都の中心とした。また、東 の大人造湖が涸れ始めたので、西の大人造湖の大建築工事をなしとげた。 しかしこの第三大王都は、第二大王都の改変であって、抜本的なものではない。 第四次王都これが現在残っているアンコ 1 ル・トムで、ジャヤ・ヴァルマン七世 ( 一一八 ー一二一八 ? ) の建設。 王の即位前の戦乱で、王都は惨めに焼かれたり破壊されたりしていた。それまでは軽建築が多 かったから、焼失・破壊を免かれ得なかったのである。新王は、旧王都を整備し、石による難攻 不落の王都と、絶対不燃焼の寺院を計画し、建設した。しかし戦災後の財政逼迫のため、王都の 面積を思いきって縮小した。新王都の中心に、・ハイヨン廟が見事に建立された。 アンコール・トム ( 大 ) というが、実際は過去の王都より縮小されている。その結果、新王都 の城壁外に、追い出されてしまった寺院も、いくつかある。しかしながら、石材を惜しみなく使 って再建された新王都は、その豪華さと美観において、まさしくトム ( 大 ) であった。 この第四次王都アンコール・トムは、一辺三キロの・正四角形都市である。周囲にラテライト ( 紅土 ) の城壁をめぐらせ、五つの門をもつ。正方形の中心に ' ハイヨン廟がそびえている。クメ 1 ル寺院は、かならず寺院の外囲をもっているが、・ハイヨンにはそれがない。王都の城壁そのも ひっーく