ノンデザイナーのための名詞デザイン

キーフレーズ

名刺 デザイン フォント 文字 アイコン 印刷 スペース 優先順位 XXX 揃える レイアウト Development mitsuba 印刷会社 Design グルーピング しよう XXXXXXXXXXX Prototyping hogehoge 写真 場合 ニング カラー テンプレート domain Medium Meishi 印象 名前 情報 カーニング フルカラー 配置 データ 表現技法 http .com レイヤー CMYK 英語表記 英文 制作 Visual Studio 伝える 重要性 サイズ 文字列 注意点 高品質 雰囲気 for and コチラ インクジェットプリンタ 自分 筆者 思っ 画像 加工 ゴシック 気に入っ イラスト オススメ Helvetica コーポレートカラー Designer SOFTWARE 多く メールアドレス Twitter Chochin MEISIII STENCIL フリーフォント エネルギッシュ Windows http:// Seminor writing uslness ケース 見える ページ ルール ガイド エリア チラシ 箔押し 游ゴシック体 小塚ゴシック Sakuma ENGINE fbname エンボス加工 Printi

目次ページ

D e v 0 p e 「 / D e 5 i g n e 蜜 W E B 葉 h い p 優 ・ m ー t 5 u b a C 0 m h I て p / ' C m i S u b a C 0 m f a k e @ ( - m は s u b a ( 0 m 情報の重要性と表現技法 もう少し、素敵と思われる工夫をしていきましよう。 情報の重要性に応じて見せ方を変えるだけで名刺っぽく見えるようになってきました。 フォントウェイトを軽くして下部よりもフォントサイズを 1 p t 小さくしてみました 上記の例では、名前のフォントサイズを大きく、下部の情報は名前より色を薄く、肩書は 類、グルーピングが同じ表現を適応する目安と考えてよいでしよう。 先ページで、優先順位とグルーピングを行いました。この優先順位が表現を適応する種 る、文字間を空ける / 詰める、改行する、などが挙げられます。 そのための表現技法も様々で、例えば文字を大きくする、フォントを変える、色を適用す 名刺に掲載する内容が決まれば、次はどう見せていくかが重要です。

Twitter WEB MAIL ⑩ 図 @mitsuba—yu http: 〃 [domain] http: 〃 c-mitsuba.com [---]@[domain] [email protected] 情報を代替、単純化する うとよいでしよう。 いくつかのパターンを試してみて、デザインに合うバターンや気に入ったパターンを使 T w i t t e 「、 W e b ページ、メールアドレスと察することができます。 上記の例の様にアイコンやタイトルを省略しても、文字列のルールからそれらが また、名刺に掲載する情報の多くは意外とアイコンがなくても伝わることが多いです。 ンは小さく印刷すると潰れてしまうこともあリ、注意が必要です。 ジにはフリーで公開されているものも多く、名刺に取リ入れやすいです。しかし、アイコ 効率的に伝えることができます。また、アイコンを自作できなくても、海外の W e b ペー 文字列はアイコンにできる場合があります。正しくアイコンを使用すれば、情報を素早く、

名刺のデザイン 游ゴシック体 Medium 名刺のデザイン 游明朝体 Medium 名刺のデザイフ Meishi Design Chochin Regular 」 K コラッワ L 名刺のデザイン 小塚ゴシック P ℃ EL 名刺のデザイン 小塚明朝 Pro EL 名刺のデザイン 小 S2GP 海 7 オント Meishi Design Helvetica ReguIar 名刺のデザイ 名刺のデザイン ヒラギノ明朝 Pr ( ) M3 名刺子ザイン S2G つきフォント M + 2pthin eS18n MEISIII 第 S } N ・一 i i ー ) i 北 フォント STENCIL 疆 やすいでしよう。 んなに多くても 3 つまで、できることなら 2 つに絞ったほうが、まとまりよい名刺になり 1 つの名刺に対して、フォントの種類はど 色々なフォントを試してみてください。また、 の C h 0 c h i n のような英文フォントが相性が良いです。内容やフォントサイズに応じて 「ハネ」のない H e lv e t i ( a のような英文フォントと相性が良く、明朝体にはセリフ体 みましよう。注意点として、ゴシックな日本語フォントには、サンセリフ体と呼ばれる あリます。高品質なフリーフォントも多く公開されているので、気に入った物を探して フォントといったものから、筆記体、 S t e n c Ⅱのようにロゴに使えそうなものなどが 英文フォントに限ればよリ種類が豊富になリます。 H e lv e t i ( a のような、 T H E 英文 繊細な雰囲気に、」 K ゴシックであればやさしい雰囲気になリます。 明朝体を使えば少しお硬いしつかリした雰囲気に、ゴシックでも細い M + などであれば フォントは名刺の空気感であリ、利用できるフォントの数は選択肢の数です。