ノーゲーム・ノーライフ 3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)

キーフレーズ

ジプリール ーーー 東部連合 いづな ステフ ゲーム クラミー フィー 自分 エルフ ワービースト 記憶 イマニティ 言葉 フリューゲル マスター 全て 巫女 出来 人類 エルキア 世界 盟約 言う ジプリ エルヴン・ガルド 人種 少女 跳弾 出来る 言っ 二人 一つ 魔法 空の記憶 要求 イカサマ 様子 相手 負け 可能性 そして 弾丸 チート ゲーマー ーー 続ける 存在 ルール 不可能 答える ドラちゃん 確認 意図 一人 獣耳 勝負 状況 確か 大丈夫 視線 意味 榎宮 ゲーム内 身体能力 誘導 理解 限界 通り アッシェンテ 大陸 思っ 思考 無数 異世界 いのの 最後 攻撃 おんな イクシード コイントス 消え 笑っ 言わ 問題

目次ページ

236 「次は : : : 負けねえぞ、です : : : 」 ■■■ せいじゃく スクリーンに映し出される光景に、フロアを包むのはただ、静寂。 つぶや 観衆からは、声すら上がらす、ただステフだけが呟いた。 「ありえないですわ : : : 」 反応速度、身体能力、五感すら圧倒的に勝る相手に、一対一の読み合いで、勝つなど。 いづなの性格を読み、ヘッドショットを狙ってくることを予想。 責任やプレッシャーに抑え付けられたその下の、マグマのような負けす嫌いを読み。 わざわざ弾丸を迎撃してから、二発目で狙ってくることを予想。 故に、二発目を発射する瞬間ーー・一一発目の弾丸を : : : 不可避の弾丸を撃つ。 そら それは以前、空が演説の中で語った、その証明。 はんすう クラミ 1 が、空から受け取った記憶の中の言葉を、反芻する。 イマニティ 「ーー人類種の、学習と経験から生じる『未来予知』にすら到達しうる知恵 : : : ね」 きびす そう呟いてクラミー、踵を返してフロアから立ち去って行く。 《あれえ、クラミ 1 、 もういいのですかあ ? 》

( もう、十分必要なものは見せて貰ったわ。あとはーーー空達の仕事よ ) 人類は信じない、だがその可能性は信じる : : : 面白いじゃない。 「いいわ。信じてみようじゃない」 黒いべールを脱ぎ捨てて、顔を露出させたクラミーが笑う。 「フィ 1 、空に記憶を改竄して貰ったら、すぐに帰国するわよーーーやることは多いわ」 カメラよーし、容量確認よーし、湯気よーし。 「 : : : 確認。健全と判断するに十分な量の湯気と認識 : : : よしつ」 そして今日も今日とて、空は背中を向け、言う。 「よーっしや、皆の者、苦しゅうないぞ入ってたもう」 法 導「 : : : なんで風呂入らなきゃいけねえ、です。 「マスターがク新しく仲間になったら意思疎通の儀式をクと定められたからでございます。 章 マスターが光あれと申せば光あり、それは名誉をもって従うことなのでございます , 第 「それよりシロ、なんか今日はノリ気ですわね、お風呂嫌い克服したんですの ? 」 しっぽ : いづなたん、の : : : 尻尾、洗う・ : : ・の : : : わくわく」 もら

238 : 風 : 白桃与そ 私どおそ . 風 にふク の源う : 呂 三呂 が やれ フがは 書 ドはだ終ち 音髪郷 の 、及カ い 言乍ー よ嫌かををう急 フ ど い わ 、ばメ か て欺 ちつ んら洗求が な フ と っ し 、判う お 孝文 め茆 やかじた同 フ鍛と い の ら 意 で 断 スすと ま 射 り 団ん し よ イ ま : す ァ とも で角 に姿 の つ す聖騙ね 絶 フも良も ル鍛は 力、 る 、典さ ぶ対で え見 5 し タ ら カゞ い マでれ かそその プ い た レ スする息 ンた自す な ののだ に P よ い洗残えと の方 を・ ズ時制 タ C し、 よがす がわ滓し空 ぶま 心、 の の 達 ソ . る 。れは ァ 曇ノ、 し いよ約やは て確 ッ もや プ り の レ 観 と り 束力 リ 対チは ルこ、 察 る 出 で策リ や見 聖 を 守 、却 白来 計 日 、撮振る 己 算 。み、旦 影り で下 がる つ る にく : す ん成向と の ま で い でな功き能 づだ ざ 書が約 なカ しがしたわ か上ぅ のら た入 いず た れ手ま ま 破 尻しし と 配る と す た 尾ぽて 置場 い る し、 し、 所、 言男 な つ つ 近 葉で か実欲 よ をす 文ら績望 てつ 将 立故は で て 来 存よ す ク辷そ つ ニ匸 . ら り 場 る に 典 な 死所 は と 角座 と な な 田 はる か の な場 る で つ ・つ い所 た の つま は 確 で 一三ロ