ノーゲーム・ノーライフ 6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです (MF文庫J)

キーフレーズ

シュヴィ ーーー ェクスマキナ コロン フリューゲル オールド リク イワン 人間 自分 ゲーム ドワーフ エルフ 世界 全て アズリール アルトシュ ジプリール 言っ 言葉 アイン 唯一神 幽霊 一つ いづな デウス 情報 スーニアスター 出来 ーー 種族 集落 機械 続ける 神霊 思考 アーカ・シ・アンセ 少年 少女 意味 解析 アヴァント ワービースト 言う 精霊 ファークライ 一人 二人 苦笑 可能性 アレイ ファンタズマ お姉ちゃん 存在 そして 思っ 理解 答え 問う 理由 最後 通り 連結 ドラゴニア 知っ 答える ヴィーク 黒灰 チェス 出来る 笑み 告げ 不可能 事実 魔法 最強 大戦 殺し ルール プリューファ 可能 感情 クラスタ 視線

目次ページ

298 本当は、わかっている。 その言葉の意味を汲めないような、浅い付き合いじゃ、ない かそく 自分が言い出したこととはいえーーーそれでもク家族ツなのだ。 浅い付き合いなどではーーー断じてない だけど、でも、だからこそーーー一一一一口えない だって、リクは・ リクがコロンから視線を外し、遠くーー部屋のテープル、その空席に目を向ける。 目を細め、ここではない何処かを見つめて、祈るように零す。 「 : : : なあ神さま。もしおまえが俺の妄想じゃなく、本当に居るなら」 「 : : : ゲ 1 ムで戦争を無くそうとした、救いがたいアホがいたの覚えといてくれるか むごん そしてなおも無言のコロンに向き直って、 : コロー、不・ドー一フ : 顔を伏せたままのコロンに、リクはーー荷を背負って、 「姉さん : : : 今まで、ありがとうな。そんで 部屋を出て、最後の言葉を遺す 「人間を、ク次みを、ク後〃を : : : 任せる。姉さんなら、俺は信じられる」 ク行くなクの一言が : ・ : リクとシュヴィよ

299 第五章夢惚 ■・■ なみた 涙に顔を崩して、コロンは這うようにテープルに移動した。 ゆいごん そして リクの『遺言』通りに、コマを置いて、零す。 「 : : : チェック : : : メイト : : だね。リク : : : 」 そでぬぐ 涙を袖で拭って、コロンは立ち上がった。 託されたもの : : : やるべきことは多いのだ、と。 ひま 泣いている暇など、もうないのだ、と。 むだ リク達が作ったものを無駄にしない為にも まずリクとシュヴィ : ・『幽霊』達がこの世に存在した、その全ての根拠。 まきもの 記録やメモ、巻物の全てをーーー燃やさなければならない。 リクが、シュヴィが、人間という種族が あんやく まっしよう 暗躍した記録の全て、その一切を遺さす抹消する。 今後の世界でも変わらずーー気にもされない じゃくしゃ 一取るに足らぬ弱者だと思わせておく為に。 ク次クの為に。そしてク後クの為に。 きざ みお 三人の名前が刻まれた青い石を見下ろして、コロンは零す。 ふたり 「ねえリク、シュヴィ : : : 二人は本当に凄いんだよ : : : わかってる ? 」 いっさい ため

300 確かにリクが設定したこの『ゲーム』。 シュヴィ、リ クが死んだ時点で控えめに見ても引き分けだ。 目的は達成したが、『ゲーム』には負けたわけなのだから。 ふたり 「でも、お姉ちゃんはやつばり思うんだ : : : 二人は、信じられないほど凄いよ」 神々に、世界に挑んで。 ただの一度も悟られることなく。 こんせき いっさい その痕跡さえ一切残すことなく。 わず 永遠に続いた大戦をーー、僅か二年で終わらせて。 記億にも記録にも遺らず、伝説にすらなれない。 つむ ク次の人々の為に。 決してうたわれることのない神話を紡いだ : それが敗北か ? コロンにはどうしてもそう思えない これが偉業、大勝利でなくて、なんだというのか 「・・・・ : でも、おかしいよね : ・・ : ど、つしてかなあ : いまさら 今更ながら思うーーーもしかしたら。 これこそが、 リクがずっと感じていた気持ちなのかな、と。 くや 「 : : : なんで、こんなにも悔しいの : : : かな : だから。 もう泣かないと決めた かみがみ ため すご