悍 第3号 特集暴力燦燦

キーフレーズ

暴力 民主主義 中国 日本 資本主義 私たち 文革 戦争 労働者 事件 政治的 ドイツ ソシュール 講義ノート 日本社会 政治 革命 ロスジェネ ナチス 国家 存在 朝鮮戦争 市田 講義 人間 社会 北朝鮮 意味 langue 運動 関係 アメリカ 言語学 問題 毛沢東 批判 右衛門 新左翼 可能性 歴史 世界 コンスタンタン 現在 自分 est 長原 思う 民衆 言葉 闘争 人々 弁護士事務所 時代 労働運動 社会主義 日本人 自由 自ら 大衆 主義 共同体 ラング 現実 一つ 生き 主体 共産党 国民 考え アナキズム que 時間 組織 temps 人工衛星 表現 歴史的 新しい戦争 資料 当時 北京 小熊 一般 行動 ーーー 東京 ソ連 差別 考える しかし 必要

目次ページ

的な営為もまたあり、小生などが 〈六八年の深い運動が向かってを開きかっ守る手段として政治を 一言うのはおこがましいが、彼の熾 いたのは、政治そのものおよび資発明する義務のことを言う。目的 烈な探求には目を瞠らせられるど本主義そのものに対してである。 と手段のこの区別は、ありうべき ころではない。二〇〇五年の原書管理的な民主主義にこそその運動「空間」の分配同様、所与のもの 刊行後、もう訳出されたのかと驚の激しさは対峙していたのであではない。問題はこうした空間を きを禁じえなかった大西雅一郎氏 り、さらにそれよりも前に、そこ見出すことであり、さらには、そ 訳の『脱閉域キリスト教の脱構で芽生えていたのは民主主義の真れらをどうして見出そうとさえし ないのかを考え出すことである。 築』 DécIosion (Déconstruction 理への問いである。 この政治は整序された目的とは明 ch を引ミ , 一 ) ( 現代企画室 ) が示民主主義の真理とは次のとおり す方向性もそのような意味で注目であるーーー古代人にとってのあり瞭に区別して捉えられなければな される。 しょ - フ」は一起い、 民主主義はわけてらない たとえ社会的正義が、 二〇〇八年の東京ブックフェアも政治的形態ではないというこありうべきあらゆる目的に必要な でこの小ぶりな著作 ( 全部で六三 と。それはなんら政治的形態では手段と明瞭に異なっているとして なく、あるいは少なくともますも ページほどである ) を目にした 時、「民主主義の真理」 という愚って政治的形態ではない。 直な書名に目を瞠ったことが、こ まず第一に「民主主義」とは、 なお、原文でイタリックの箇所 の翻訳の契機になった。しかし、 その真理がいかなる組織者的ない には傍点を付し、大文字の箇所は ナンシーの具体的思考を拙訳がど しは統治者的審級の下にも包摂さ「」で括った。原文の《》や〈〉 れほど伝えているかと、忸怩たるれえないが、「自ら」を賭け危険はそのまま踏襲した。また、短い 思いにも駆られる。大方のご叱正 にさらす限りにおいて「人間」を補足的訳注は〔〕で表した。原注 を請う次第である。 全的に巻き込む意味で一つの政体は①、 @: : : で、訳注は * 1 、 最後に、原書の裏表紙にある惹の名前である。この前者の意味で * 2 : : : で該当の左頁下に人れ 句を掲げておく。不得要領な「解は、偶然的・暫定的にしか政治的 題」よりも、ナンシーの間いの真名辞は使われていない。 摯さを何がしか伺うよすがとなる 次いで、「民主主義」は、整除 された目的としてではなく、さま と思われるからである。 ざまな空間を発明するために空間 204

第二号 ゞ匱じられても、何ひとっ知 日干すべてカ幸 二〇〇八年一〇月判一一〇八頁本体一四〇〇円 + 税 ISBN978 、 4 、 8344 、 0 一 02 ー 8 創刊第一号特。 128 豊島重之 刀 * 世界革命 * 展・ ・唐十郎 一九六八年の頃の風・ ・津村喬 反逆にはやつばり道理がある・ ・・佐伯隆幸 x 経秀実 x 鵜飼哲 x 米谷匡史 特集討議・「 1968 」という切断と連続・ ・ : 青柳宏幸 「大学解体」に関する若干の考察・ マルプロ的な余りにマルプロ的な 壮大なテーマに「楽しく」挑み続けることは可能か ? ( 「、ルチチ = ードのプ。ジ , クト ) ・ : ・ふとらのぶゆき なんと正しいことをしたのだろう ! ・石川義正 「地の果て至上の時』あるいは「路地」の残りの者たち ・千坂恭一一 一九 ~ ハ八年の戦争と可能性アナキズム、ナショナリズム、ファシズムと世界革命戦争・ : : クリスティン・ロス、内野儀訳 同意は何を消去したか ? 年 5 月を今、考えるために・ : 二〇〇九年四月判一一三一一頁本体一四〇〇円 + 税 ISBN978 ー 4 ー 8344 ー 0 一 04 ー 2 かさぶた ・ = 撮影・陳又維 + 曹疏影 + 永田修平文・桜井大造 変幻痂殻城 ( 2 。。 7 年 ) ・ 写真構成 : : 撮影・黒川音治郎文・桜井大造 ャポニア歌仔戯阿転生 ( 2 。。 8 年 ) 小野俊彦 「プレカリアート」に工作を・ ・深見史 「リプの生き残り」を自称し続ける 。。芸術・権力・革命 ・崔真碩 野戦之月海筆子になる「阿転生」その後・ ・仲里効 死者たちの交差に萌えるもの : 野戦之月海筆子写真・岸孝太 + 宮本泰成 ャポニア歌仔戯阿転生二〇〇八年東京公演台本 : ・太田直里 排除される者の表現長居公園テント村から・ 鈴本一誌 移動論「氾濫するイメージ反芸術以後の印刷メディアと美術一 960 を 70 い」展 : ・赤崎正一 ベルリンー大阪 / 世界の記憶を紡ぎつづける「塩田千春精神の呼吸」展・ ・荒井真一 「小東亜共栄軒圏』日記 架空座談会サプカル蟻地獄から脱出し、ゼロ年代のカウンターカルチャーを構築するために・ ・経秀実 万国博覧会と癌 (cancer) 大阪から愛知への芸術 = 資本主義の変容 : 異議申し立ての可能性を考える・ ・長原豊・港千尋・内野儀・鴻英良 共同討議芸術 / 権力 / 革命 ペペ長谷川 りえな 花咲政之輔 時代

講義ノートは講義の録音なのか ソシュール一般言語学講義原資料の研究ど翻訳 圭い評相原奈津江・秋津伶訳 ミール・コンスタンタンによ 一般一一一口語学第三回講義工 『フェルディナン・ド・ソシュール パルク、初版第一刷二〇〇三年二月一三日、初版第二刷二〇〇三年四月一七日 ) る講義記録』 ( エディット・ 小松英輔編、相原奈津江・秋津伶訳 一般言語学第三回講義〈増補改訂版〉コンスタンタン 『フェルデ . イナン・ド・ソシュール パルク、二〇〇九年三月六日 ) による講義記録 + ソシュールの自筆講義メモ』 ( エディット・ フェルディナン・ド・ソシュール著、影浦峡・田中久美子訳 『ソシュール一般一言語学講義コンスタンタンのノート』 ( 東京大学出版会、二〇〇七年三月二七日 ) 四日までの期間である。インドⅡヨーロッパ諸語の比較歴 フェルティナン・ド・ソシュールと一般 = = ロ語学講義 史一言語学を学び、ライブツイヒで学位を得た後、パリに移 、高等研究院やパリ言語学会を研究拠点と フェルディナン・ド・ソシューレ ノ ( 一八五七ー一九一三 ) ノオカ一八九一 はジュネーヴ大学で一九〇七年から一九一一年にかけてしてフランスで高い評価を得たソシューレご。。、 年にはジュネーヴ大学に戻り、インドⅡヨーロッパ諸語の 「一般言語学 (linguistique géné「 ale) , と題する講義を行った。 第一回は一九〇七年一月一六日から七月三一日まで、第一一比較歴史一一一口語学講座を担当して、一九一一年までサンスク リ , ッ , 「ロ、。 キリシア、ラテン、アングロサクソン、 回は一九〇八年一一月五日から一九〇九年六月二四日ま で、第三回は一九一〇年一〇月二八日から一九一一年七月古高地ドイツ語などの講義を行っている。一般一一一口語学講座 家辺勝文 書評 206