英雄都市のバカども (2) ~女神と漢たちの祭り~ (ファンタジア文庫)

キーフレーズ

モルト サシャ リツツ ピーちゃん クラツツ 何でも屋 ヌヴォー リキュール ジュクセン 自警団 祭り 魔獣 長柄 ピンガ オリービー 女体 女神 自分 言っ アルコ 言葉 女性 持っ グレーン 安美 この街 エビーザ ペット 仕事 思っ 英雄都市 ガーナ そして そんな 一人 語り部 全て 二人 さすり しよう 一つ 辺り 言わ 確か 大浴場 地下 感じ 見る 入っ 違う アパート グラス 上げ 神殿 見え 行く 少年 視線 パンツ 占い師 魔導士 ホール 聞こえ トラップ チョココ カウンター 人々 アサウラ 大通り ファンタジア文庫 少女 通り 触手 ジュニバー 下水道 変態 最後 今日

目次ページ

正直言うと、もう、当てがなかった。 あねごはだ クラツツは無理だとわかってはいたが、姐御肌のガーナであれば、「仕方ないねーの一 じゅんぼ ( 言と共に、この純朴な少年の切なる願いをさらっと嫌悪感を抱く間もなく叶えてくれると 思っていたのだが : プロは相手にできない。痴漢等の相手に迷惑をかける手段はもってのほか。女性に好か れて自然とそ、ついう関係になる流れは絶望的 : 意外とこの依頼、難易度が高い。 今になってモルトはようやく気が付いた。 : まさか、もう打ち止めとか言いませんよね ? 」 「さあ、モルトさん、次の手を。 えがお モルトは曖昧な笑顔を浮かべて、歩き出す。 まるで次の目的地があるようにしてはいたが : : : 無論、当てなどなかった。 あふ ど乳を揉む。何と夢溢れる行為だろうか。しかし、現実に叶えようとするには何とも難易 たやす カ 度が高いことでもある。世の中にはいとも容易く多数の女性の胸を揉めるイケメンなる の ・まはろし 市幻の種族もいるらしいが、そうでない者にとってこれほどのハードルは他にない。 英それが目つきがクソ悪い生真面目変態小僧となれば、難易度はさらに跳ね上がる。 : よくよく考えてみれば女性の乳を両手が望 モルトは必死に頭を働かせてみるのだが : むままに思う存分に揉み尽くせる知り合いの当てや場所があるのならば、自分が毎日通っ

22 逆 本 で す ど で て ェ特 モ 持 い な モ カゞ そ、 ヌ つ し、 だ ヴ ち に る ら れ、る ル ル パ ば こ備乳 ト 上 そ 五 オ ト が、は ノヾ りえ 揉 の 本 げ ン あ い に ン の 耳設 だ み 親 、チ の ( よ つ やて に の で指指左 フ 夢剣人 、イ可 い と 偽の ろ の先手何揉 リ を を 物ウ あ や つ つ ピ 託を る 卓をは は も ら と ん そ っ し オ で 。抜独片 で指後 誤 な し ン ガ代 魔ま 皿 い を ろ す と し そ し な し、 巧をか ぎ 折 イヒか ク ) 尢 る に 用 は ン か る し つ グ も る 頁ロロ 円 た 乳間 み ら か し で は な、な 工 運 生 た パん 房 に ア で ど ア 動 き を り ン ツ と は物覆つ て を 、プ か お で つ だ と も か楽 し く っ 依 確 の の い 乳ち み ば い 地 し 実 よ 尽 頼 て る ろ ヌ 出 っ く を ん に っ の い い . 男・さ つ 果 で 乳 た ヴ し 断 に し が の 激 て見 い頭 オ ・つ 職 っ 世 で ま る を た し ゆ を 人 な 界 わ転 く は り っ た で た気 振ふ な 感完一 な 延 が動 で け ら 触 石更 び り き で す い り い が のくし、 返 て と は イ し や の る る 行 い 揉 パ か た っ オし ノヾ な メ 。列 気 く て る る み ン ン の を 見 を が じ で焼 目 だ で る み や ね な れ ろ 日 彼 な て し る が い も は な ら ら て と も 両 か ら 訪 日 手 は き圭う 右 を る い錬梵 手 月匈 け で し、 を っ あ は 兀と や の積 そ ろ だ ま ん さ は の つ

おつばい、おつばい、ああおつばい・ : 。モルトは必死になって、おつばいの可能性を さぐ 探った。そりやおつばいは無限の可能性を秘めていると言っても、 しいだろ、つ。横乳、下乳、 まほ・つ 谷間 : : : 少し顔を出すだけで世界に幸せをもたらす魔法のアイテム。いプが現れようも おおさわ のなら天変地異ばりの大騒ぎだ。 そんなことを考えながら歩いていると、背後から「 : : : おつばいだ」とヌヴォーの声が 上がる。モルトが、 何のこっちゃ ? と振り返ってみれば、ヌヴォーは乳揉み体勢のまま、 くぎづ 街の大通り『アルコ・ホール』に立っ女性に目が釘付けとなっていた。 彼女はアルコ・ホール三番街にある花屋の店主、オリービーだった。 だれ あこが けが リキュールの男なら誰もが憧れる穢れ無き女性、オリービーさん。相変わらす噂に たが あまいろ やわ ほほえ 違わぬ素晴らしいものをお持ちだ。亜麻色の長い髪も、柔らかな微笑みで接客する姿も、 2 ーも 纏う雰囲気や香り : : : それら全てが人を笑顔にさせる力を持つ。だが、やはり見所はその カ 胸か : ゆったりとしたセーターを着ているものの、それだけでは隠しきれないだけの の あた ほうぎよくほか 市大きなそれは、神が大地に与えた宝玉に他ならない。また、太っているわけでもないのに、 英全身のどこをとっても柔らかそうなのも実にそそる。揉みたい。乳だけではなく、その全 だ めく 身を抱き締めたい。できることなら、その温もりや肌をより一層感じるために全裸で飛び かお かみ ぜんら 、つわさ