銀の十字架とドラキュリアIV

キーフレーズ

緋水 ルシュラ 希璃 ドッペルゲンガー 吸血鬼 玲奈 芽依 体育祭 透子 委員長 自分 ドラキュリア 言っ ミラルカ 紅城 一人 アンカー センパイ 生徒会 人間 マジで アンタ しよう 二人 学校 確か 相手 リレー アイツ 言葉 十字架 部屋 ウエレフィカ ワーウルフ 存在 ファンタジア文庫 視線 入っ 教室 真祖 脅迫状 クラス 聞い 男子生徒 全員 女性 アタシ 知ら 幽霊 考え ーーー わかっ 確認 表情 全て ある意味 ダンピール 少女 感じ 冷蔵庫 基本的 制服姿 そして 今日 問題 言え 捜魔 テント 本体 意味 世羅 短距離走 言う 言い 完全 身内 ファーガス きゅうけつき

目次ページ

むなもとの 緋水の両手が、おそるおそる : : : ルシュラの胸元に伸びる。 ちぶさ ポョン、と張りのある乳房に緋水の手が触れる。 だいたん やわ そのまま大胆に : : : 指を柔らかな肉に喰い込ませる。 「なっ・ 一気にルシュラの顔が真っ赤に染まる。 が、緋水は気づかず、息を呑んだまま、じっとルシュラの胸を見つめている。 かんしよく よっきゅうふまん 「り、リアルな感触 : : : え、ここまで再現 ? 俺は相当欲求不満だったのか : しんちょう 嶼重にルシュラの胸を揉みしだきつつ、自身の深層心理に思いを馳せる緋水。 おもむ 何だかんだで手を離そうとはせず、次の段階に赴こうとしている。 「こ、これはその : : : アレですかね、もう : : : 好きにしちゃっていい感じ卩」 いいかげん、手を離せ " 「 : : : なワケあるかー わめ ルシュラは大声で喚き、緋水の両手を胸から引き離す。 幸い、すぐに手は離れたものの、その拍子にシャツのボタンが弾け飛び、プルンと白い 柔肉の全てを曝け出した。 おお 下着をつけていないため、胸を覆うものは何もない。 あらわになった乳房を、緋水は目を丸くしてじっと見つめている。 さら も の ひょうし

「見るなアアアアアアアアアアアアアアアアアアア ルシュラは緋水の目を覆うのではなく、抱きつくことで胸を隠す。 が、ある意味逆効果、生々しい感触は、確実に緋水に伝わる。 「あ、これはこれで : : : え、何、俺誘われてんの」 だま 「うるさい、黙れ " 】もういい、さっさと血を吸って出ていく 大きく口を開けるルシュラ。 きら そこに煌めく白い牙に、緋水の顔が歪む。 「それ : : : お前、まさか吸血鬼か 「今さら何を言っている卩いいから、黙れ ! 」 せんたんはだ 唇が首筋に近づき、牙の先端が肌に喰い込む。 おび 緋水の顔に、今まで見たことのないような、怯えの表情が浮かぶ。 「お、おいやめろ : : : 何すんだよ卩」 「黙れ " 】 そのまま剛力で緋水を押さえつけ、ルシュラは緋水の首筋に、牙を突き立てた。 ご・つりき さそ ゆが