IS<インフィニット・ストラトス>8 (オーバーラップ文庫)

キーフレーズ

一夏 ラウラ シャルロット セシリア 千冬 アイエス シャル 学園 言っ 織斑一夏 弓弦イズル 専用機 クロエ 世界 ご主人様 真耶 無さん 全員 ヒカル いちか ーーー システム 先生 CHOCO 特殊部隊 大丈夫 思っ 山田 隊長 ナノマシン セシリア・オルコット 名前 自分 候補生 部屋 五人 今日 ワールド アーマー がんばれ スコール インフィニット・ストラトス ランス マドカ 入っ 聞こえ データ 電脳 生徒会長 オーバーラップ文庫 操縦者 開い シャワー 下着 立っ 後ろ ルーム しよう しかし 見え 相手 オープン コーヒー 篠ノ之束 向かっ 編集部 lllust 少女 廊下 聞い ダイプ 言わ 見る 視線 笑み 言う 言葉 考え ation ペイント弾

目次ページ

生身は攻撃するな。射撃武器はペイント弾だが、当たるとそれなりには痛いぞ」 千冬がばんばんと手を叩いて仕切る。それからすぐに響いた「はじめ ! 」の声と同時に、 ラウラは脚部ランドローラーを使って未だに操縦に手こずる一夏に間合いを詰めた。 「げつ」 「ふつ。遅い ! 」 反撃のヘろへろパンチを回転運動でかわし、懐へ潜り込む。 そして腰を落としての足払いを放った。 「ぐえ ! 」 一夏が転倒したところに、素早く用サブマシンガンをセミオートで三発撃ち込ん で、すぐに離脱。次の目標であるセシリアへと向かう。 「もらった ! 」 「わたくしはそう簡単にはやられませんわよ ! 」 サブマシンガンを構えてフルオート連射をするセシリアだったが、その照準はまったく 合っていなかった。 リコイル なんという反動ですの : 通常、は射撃・格闘を問わず反動を自動で相殺するリアクテイプ・コントロー

ラーとオートバランサーが搭載されている。しかし、 QO()n にはそんな便利な機能はない ので、それはつまり、すべての行動と反動を生身で制御しなくてはならないということだっ 「ああもう ! 火薬銃というだけでも扱いにくいのにー 最初こそ戸惑ったものの、セシリアは国家代表候補生である。当然、生身での戦闘訓練 も軍で受けているため、段々と反動制御に慣れが出てきた。 しかし、ラウラはその上を行っている。完全にセシリアが銃器を使いこなす前に、ジグ ザグ走行でセシリアへと接近した。 「速いですわね ! けれど、この距離なら逆に外しませんわー ま 「甘いな」 さっき一夏に見せた円運動回避とは違う、一直線の特攻。弾丸は左腕の物理シールドで な 奇受けて、そのままセシリアに向かっていった。 ど れ 話「ふつ : 第身構えたセシリア、その肩部アーマーを慣性のまま突き進んだラウラが掌で叩く。 「きゃあっ」 てのひら

ハランスを崩し、背中から地面に倒れるセシリア。 はその重量の関係上、倒れるとなかなか起き上がれない。 もちろん、そのための背部起立アームは装備されているが、いかんせん遅すぎる。 体を起こす前に、セシリアはラウラのペイント弾連射を浴びた。 「これで二機ー 「ふふん、隙だらけよ ! 」 ラウラの側面から、ランドローラー出力全開の鈴が突っ込む。 「うりゃあー 思い切り突き出した外骨格アームの正拳突き。 しかし、ラウラはその攻撃を受け流すように身をひねってかわす。 「あれ ? そうなると、加速慣性を相殺できない鈴はつまずいてすっ転んだ。 どがしゃんごがん ! と、のつびきならない音が響く。 「これで残りは : ・・ : 」 ラウラが見つめる先には、箒とシャルロットが並んで立っている。 「どちらからだ ? 」 すき せいけんづ