SFマガジン 1984年7月臨時増刊号

キーフレーズ

ローダン テケナー アルコン アトラン 惑星 ドラグ テラナー モック 中島 アルサ クレスト クソー メートル フリー ダールトン ラーナ グッキー 自分 アンティ スペシャリスト 太陽系 考え ハガード ポット フラル ケノン 宇宙 ペリー 知っ ティフ モッカル 銀河 帝国 宇宙船 情報局 エネルギー 執政官 星人 地球 グライダー 思考 スクリーン アンテナ 秘密 銀河系 アコン ソラー トランスフォーム ガゼル 思っ 時間 生物 できる 発見 アラス 人間 ・フラル 知性 恒星 必要 ドーム 危険 シリーズ シェール ロケット 種族 ミュータント ロナルド しよう マーシャル シンクレア 装置 イメージ キロメートル 言っ トーラ しかし きみの 光年 巨人 イルナ 二人 着陸 ジョアン 知ら 武器 ここに なかっ

目次ページ

0 0 ル ~ ル 目次・ SF マガジン 7 月臨時増刊号 ペリー・ロータン読本 ペリー・ロータン・シリーズ外伝第 1 巻 金森誠也訳 K ・ H ・シェール アトラン・シリーズ第 1 巻 @銀河シンジケート 松谷健ニ訳 クラーク・ダールトン ⑨モックの惑星 本文カット : 米田裕 本文イラストレーション : 依光隆 / 天野喜孝 / 横山宏 / 佐藤道明 / 米田裕 表紙・ 2 色ページレイアウト : マッセルカンバニ 表紙・扉・目次イラストレーション : 依光隆 ・ローダン既刊リスト 朝読者のおたより PÅRT2 @読者のおたより PART 1 ローダン・ファン・クラブ PART 2 ①ローダン・ファン・クラブ PART 1

t ⅱ me 「 geistreichen AIIe hier ungenann- :arbeiter , ssen. 「、第 lg von zyklus 〇 schh ;tellun* )uren Rom- )eglnn die E33 dlungs ラ ähnt bt und 、物 ア今尹ト 江 E 日思 E 諞ル ERNST VLCEK N れ 1000 0 第第 80 de ′ Erbe d ・を Univ•tsumS grö 、大シ 雑宇リ 誌宙ー のをズ = 形継第 でぐ あ者巻 がの買 : 当 第前タ 四半ー でドス あイト 。版画磊 釉。 d 町ゞ Die 9 ′ OSS ・ WELTRAUM—SERIE on K. H. SGheer und Clark Darlton ローダン・シリーズが遂に百巻を達成し た ! まずは、この長大なシリーズのささやかで偉大 なひと区切りである。そこでこの機会に、シリーズ成 立の経緯と仕組みについて触れてみることにしたい。 この未曾有のシリ ーズは、いったいどのような状況 のもとに生まれることになったのか ? すべてはラ。フ ラントに漂着し、神秘体験をしたクラーク・ダールト ンから始まる。 第二次大戦後、ようやく″食べること以外に関心 が移ろうとしていたころ、ダールトンはソ連のカラガ ンダ収容所 ( 《スターダストⅡ》によって全減させら れた、あのカラガンダ第二十三戦闘航空団の基地 ) か ら引きあげてきて、米軍の通訳をしていた。勤務のか たわら、米軍のペー ーバックを読みふけるうちに、 再びファンとしての血が騒ぎはじめたダールトン a••n は、翻訳のアンソロジーを企画する。そして、 ベル書房の原稿審査係 ( ドイツの出版社では、この係 Unternehmen STARDUST ?M イ 0 阯 h 物 0 な s't 2.- S 用Ⅲれ 0 石 05 de れ宿 e n ざ 0 ′ G 訒地・ PA8f れ地わ日″ e 0 旧 " 卩材市 0 4 0 朝Ⅲ et. ロ - タンシリ - ズ誕生物語 藤田卓造 ASP MEN 114 ' ÅTVAÉN

ten ist, erlebt man in sol hen Augenblik- tung von sicher ken. Hinzu kommt die i ' メ , 、 , ten von Exposés in Ro 「 = ' 、、、 ten Freunde ur Leserbriefen ausgedrü haltung zu diesem J "k einge: komme weiter unten Zusammenhang mit einmal zurück). Bi 「 man es nicht allen W に u n S 」 ns ges 、 nsere 0 . ntliche ianse-Z ℃ 7 (zwel , nicht lumsband PERRY R 翡 THE 良脈第 A. 田 R 「 T : MAN & UNIVERSE PERRY RHODAN が出版についての全権限を握っている ) クルト・ ンハルトに企画をもちこんだ。以来、。 タ . ールトンは翻 訳ものを中心にした本を出して生計をたてていた。 一方、ポート乗りの・・シェールは、戦後、 フランクフルトバンドのメンパーとして、米軍将校ク ラブでクラリネットとテナーサックスを演奏するかた わら、休みになると満員電車に揺られて出版社を回 り、爆撃の傷あとも生々しい部屋で原稿の売り込みに 精を出すという生活を送っていた。そうするうちに、 一九五一年に懸賞小説に当選し、以来シェールはロー ダンを書き始める十年後までに、ほ・ほ百冊の小説を出 版することになる。 ドイツ育 このダールトンとシェールの二人が、 ての親クルト・ ベルンハルトからミュンヘンのメーヴ イヒ社に呼ばれたのは、一九六一年のことだった。こ こで二人は、一人の主人公を中心として、あらゆる の領域を含み、近未来から遠未来へと続く、少なく とも五十冊は出版できるシリー ズを提案される。 二人はすぐさま検討にとりかかり、基本事項を決定し こ 0. 特定の″プロット作家″があらすじを考え、それに 従って複数の作家からなる″作家チーム″が物語を書 きつぐというシリ ーズの執筆方式が考案されたのもこ のときだった。もっとも、それまでにもドイツにはメ ドレー式のシリーズはいくつもあったのだが、各 作家が自分勝手に書くために収拾がっかなくなり、空 中分解、打ち切りを繰り返していた。″プロット作 、引一家。と " 作家チー、。というアイデアはその反省から 初代″プロット作家のシェールは月着陸を一九七 一年と予測し ( 実際は一九六九年 ) 、その日を忘れな いように自分の誕生日である六月十九日 ( 太陽系帝国 の祝日でもある ) に月ロケットを出発させることにし 国 の邦 騎訳 士と 前っ 半く Gerard drew farth ⅵ sight at the de& う vffaybe and shout for h ー Perhap Gerard turned ぐ十 d and ー . This is when D 「 . ち一生れ began needn't be afra of me, a weak voice, wheez—g like an Stages Of emphysema. He was 、ハ ) に心 g s Ⅱ . As soon as he recovereu the attack he Ⅱ : "I need your help now, M 「 . Lobson. would kindly assist me ⅲ getting out Of seat?"