SFマガジン 1985年5月号

キーフレーズ

チャールズ タール 純一 人間 メンデル 自分 定価 マーセラ 情報センター The アラン シューター 見え 感じ 私たち カーティス システム 貴江 アメリカ 世界 部屋 作品 テレメータ 司政官 考え 存在 作家 宇宙 ネットワーク 精神科医 小説 日本 早川書房 思っ 年代 現実 長篇 グッド 思う 未来 すべて 洋介 二人 アスカリ 人形 ジェフ しよう 長さ ヘルスケア 言っ シリーズ クール 子供たち イギリス アダムス the 人々 可能性 ペッド ファン ティル 諷刺 ククアナ 意識 知ら ェイゲル 時間 時代 r's 思い 問題 ドロシー ロケット ケーキ そして ーーー ジョン 入っ 仕事 なかっ できる 知性 一人 三人 グイン・サーガ 川又千秋 センター

目次ページ

そこで彼は、会場正面に顔を向けた。 あのステッ。フを踏めといわれれば、踏めないことはない。 人々の会話のさまたげにならない程度に音量を下げていた楽団 ロイゼ・マイヤーヌが踊ろうというのなら、踊ってもいい気分で 3 が、にわかに大きく、短いが派手なメロディを奏でたのだ。 あった。 ・、 0 「ダンスの第二部になります」 ・刀 ェイゲルが、ちょっと小首を傾けて彼に告げ、ロイジャ夫妻のほ ロイゼ・マイヤーヌはああそうかというようにひとり頷くと、 うへと歩んでゆく。 ったのであった。 人々が、動きだしていた。 「そうでしたわね。司政官様は、ヒルップでお踊りになるのではご はじま「たのは、テンボの速い、はねあがるような調子の曲であざいません ? わたし、ヒルップも、上手ではないけど、大丈夫で すのよ」 次から次へと、何組もが中央のフロアへ出て、踊りだす。 ( 以下次号 ) 彼の近くの人たちも、そうであった。 ト・ハネット・ロ 見ているうちに、エイゲルがニステーヤと組み、 イジャがニサイアと組んで、中央へ出て行くのだ。 「いかが ? 」 ロイゼ・マイヤースが、彼にささやいた。 曲のリズムは、彼には馴れたものであった。メロディは知らない けれども、数年前によく踊ったリズムである。彼は流行のヒルップ というステッゾで踊るのが得意だったのだ。 しかし、ここの人々の踊りかたは違っていた。ずっと前からある リズムの、これよりスローテンボの曲のステップの変型なのだ。か たちとしては基本的だが、彼の目には、正直いって、多少田舎つば い感じなのであった。 「デスタート、ご存じ ? 」 ロイゼ・マイヤーヌがたずねる。 「デスタートというのですか ? 」 彼は、反問した。

SF 太陽強奪沢〃加 / を立〃 イアン・ウォーレス lan Wa ″ ace SØNNER ー米村秀雄 原題通りにいけば『太陽強姦』としたい 、本職は心理学者である ( 今は引退してけていた。そんなとき老朽衛星の回収を行 ところだが、内容からするとこうせざるをいるが ) 。彼にはシリーズものが一一つあなっていたシャトルが、宇宙空間を飛び回 えない。偶然エドモンド・ハミルトンにもり、そこそこに人気がある。ひとつは超能るエイに似た生物を偶然捕獲した。その生 ーマンを主人公に時空を駆物はすぐに死んでしまったが、調べてみる 同じメイトルの作品があるが、これは原題力をもっスーパ が The ミ、 S 、き、こだから、まあ順け回る〈クロイド〉シリーズ、もうひとっとそれは精巧な探査用ロ・ホットだったので 当なところだろう。ニドマンド・クーパー は女宇宙探偵を主人公にしたミステリものある。そしてさらに大変な発見。宇宙が膨 張していってるのではなく、わが太陽系全 に「太陽目殺』というタイトルの作品があの〈クロ 1 ディン・セントサイア〉シリー って、これはまたこれですごいタイトルなズ。そしてこの二つのシリーズはわずかな体が縮小していきつつあるのだ ! 同じころ遙か遠くのアンドロメダ星雲に のだが、原題は Fool's であっ関連をもって、ウオレスが創造しつつある あるドーン星では、その星の王女の愛を褒 て、実際には訳題のつけかたがすごかった未来史の一部に包含されるのだ。 賞として、王女の博物館展示用に、貴族の わけだ。本書の場合 ダークがある星をとってくるように命令さ は、ちょうどスター ジョンの「コスミッ れた。その星とは、実はわが人類の太陽だ ったのである ! ク・レイ・フ』と同 たまたま精神を遊離させることのできる 様、原題がすごいの 超能力者がそのことを察知し、すわ一大事 である。こんな仰々 と考えた五人の科学者グル 1 ・フがそれを阻 しいタイトルをつけ られると、思わず覗 止せんと、核弾頭ミサイルをもって太陽近 いてみたくなるもの 傍に向う。しかしこちらが太陽の近くまで 行くのに一か月以上かかるのに対し、相手 ィアン・ウォーレ は二十六日しかかからないのだ ( このへん スの名はほとんど知 の理論がおもしろいのだが、長くなるので られてないと思うが、界のデビュ 1 は とはいえ、どうやら本書はその範疇には割愛、ヒントをいえば時間が関係する ) 。 もうかなり古い。六〇年代後半に登場した含まれないらしい単発ものである。ウオレしかし科学者たちの奮闘もむなしく、太陽 作家であり、以後もコンスタントに作品をスは、ヴァンヴォートの再来といわれるよ系全体がプラズマ・エネルギーの網をかけ 発表しており、現在十数冊の著作がある。 うに、超能力者と時空を扱った壮大な物語られ、盗まれてしまう : ・ ただ長篇型の作家であるため、短篇はほとが好みであり、本書もその例にもれない、 三〇年代のを読むような破天荒その ものの物語である。アメリカのペイリーと んど発表しておらす、また今の発表媒体がとてつもないアイデアを提出している。 ドウ・ブックスに限られているので、もう時は二〇世紀の末、人類はようやく大気いうところだろうか。最近ではこういう話 ひとっ知名度があがらないのだろう。ィア圏をこえた段階 ( 要は今とたいして変わらを読むとなぜか安心を覚えてしまう。な・せ ン・ウ , ーレスの名はペンネームであり、 ない ) にあり、太陽エネルギーを有効に使なんだろうなあ ? 本名はジョン・・・フリッチャードと、 うためのエネルギー衛星の構想に着手しか 3

娘の部屋 滾カったおもちゃの小部屋、その中に見たものは・・・・・見悟が描く異色ホラー 岬兄悟イラストーン米田裕 3 2