夏目漱石全集 14

キーフレーズ

and the The 文学 And with that 文学的 was his 意識 her for 材料 情緒 she 推移 場合 イギリス him 読者 are like 漱石 文学者 内容 not the c but them all one which more But 自然 they ing 自己 趣味 will 見る have from 関係 あるひ chap 有する Act 知る 詩人 説明 必要 感情 科学者 連想 至る and a 人物 英文学 this their 作家 then 編中 事実 至っ 目的 Keats 多き 文芸 調和 両者 する 暗示 when 表現 しかれ 性質 had Tennyson 価値 there 述べ thou 結果 with t you 具体的

目次ページ

文学論 同時代人の批評 文学論評 作品論小説の方法と「文学論」 注釈 目次 四 8 登張竹風四 8 吉田精一四一四 加賀乙彦四二四 吉田精一四三四

文学論